いつが空いてる時期なの?ディズニーランドがガラガラだった閑散日に遭遇した話

 

夢が叶う国、東京ディズニーランド。2016年に十数年ぶりに訪れて以来、完全にどハマりしたJADEです。

東北在住なのでそう頻繁にはいけないJADE。それでも年に三回~四回くらい行っているのですが、いつも如何せん混んでいますね…

正月の三が日になど行ったものならば、”正月はこたつでみかん”という日本人は絶滅してしまったのか?ってくらいの人人人。アトラクションはもちろんトイレすら大行列で、何をするのもものすごく時間と体力を使うという。

いつもは大概ものすごく混んでいるディズニーランドですが、わたくし偶然にも恐ろしく空いている日・時間帯に遭遇したことがあります

何であんなに空いていたのか?と分析してみましたら、実は色々な条件が重なり空いていたのであろうという結論が導きだされました

というわけで、今回は体験記と共にガラガラだった日・時間がいかなる時だったのかをご紹介させていただこうと思います。

ガラガラの時に行ってみたい!という方は参考にして頂ければ幸いです。

ビックリするぐらいガラッガラだった2018/1/8の夜の様子

 
忘れもしない2018年1月8日 月曜日(祝)の夜。
 
小雨が降る中、夜七時頃駆け込みでインパ(ディズニーランドに入場すること)しました。
 
ワールドバザールに立ち並ぶお土産品のお店周辺では全く気づきませんでしたが、トゥモローランドにある”トゥモローランドテラス”で食事を摂ろうとしましたところ、店内に誰もいない…
 
夜七時といえば夕飯時なのに、広い店内見渡してもキャストさんと私たち以外誰もいないのです。
 
七時半、食事を終えてアトラクションに乗り始めました。
 
スターツアーズ待ち時間ゼロ、フィルハーマジック お客さん10人くらいしか居ないという。この辺はよくあることなのでびっくりはしないので、これくらいではガラガラとは言いませんよね。
 
私がびっくりしたのは、普段ならファストパス発券ですら並ぶ”プーさんのハニーハント”が五分待ちを通り越して、乗り場に誰もいないという状態でした。
 
この写真はガラガラの日では無い別日の写真です。
 

誰も乗っていないハニーポットがぐるぐると走り回る中で、私と息子だけがポツンとツボに乗っかり、プーさんの世界を旅するというのは…、楽しいというより…なんか怖いし虚しい。←贅沢な。

いつも開園直後にファストパスを取りにダッシュする”モンスターズ・インク”のアトラクションも、人っ子一人居なかった…。きゃははは~と笑うブー。盛り上がるに盛り上がれない私と息子。

アトラクションってちょっと混んでるほうがテンションが上がるんだな…。」と実感する親子。周りの人が盛り上がっている様子を感じながら、つられてキャーキャーいうのが楽しいんですね。

その後、大人気の”スペースマウンテン”にも乗りましたが、勿論待ち時間など無く。
あっという間に乗り場にたどり着きましたとも。心構えする間もなく乗り込み、暗闇の世界を猛スピードで駆け回りました。

”バズライトイヤーのアストロブラスター”は三回連続乗車。入って→乗って→降りるをくり返すまでに歩いていないのは、ポットに乗っている時だけ。

シンデレラ城前の広場を歩いている人も4人か5人です。もしかして閉園時間過ぎてるのか!?と焦ったもののまだまだ余裕有り。iPhoneの充電が切れてしまい写真が撮れなかったのが悔やまれて仕方ない…。

息子が大好きな”ウエスタンシューティングギャラリー”なんて荒くれ者がごとく銃ぶっぱなし放題です。

結局、夕食後の7時半から閉園までの二時間半に遊んだアトラクションは

  1. スターツアーズ
  2. フィルハーマジック
  3. ハニーハント
  4. スペースマウンテン
  5. モンスターズインク
  6. アストロブラスター
  7. アストロブラスター
  8. アストロブラスター
  9. スターツアーズ
  10. ウエスタンシューティングギャラリー
6アトラクション、計10回でした。夜七時半スタートなので、当然ファストパス発券も完全に終わっております。全てスタンバイのみ
 

150分で10回というのはひとつ辺り15分ということになります。(移動含めて)驚異の数!ディズニーシーのトイストーリーマニアひとつ乗るのに150分以上並んだこともあるというのに。

ディズニーランドに行かれたことがある方ならお分かりいただけるかと思いますが、これらのアトラクションはいつでもガラガラなアトラクションではないのです。収容数の多いスターツアーズとフィルハーマジックを除く他のアトラクションは、基本待ち時間がすごく長い花形さんばかり。(シューティングギャラリーは微妙なところですが)

だからこそ、乗り場に誰も居ないのは衝撃過ぎる光景でした。

キャストさんも『多分ディズニーで一番空いている状態ですね。』と太鼓判をおされていらっしゃいました。そうでしょうとも。

余談ですが、私過去にも随分空いている日に遭遇したことがあります。2016年の10月17日、雨がザーザーに降っていた月曜日で、ディズニーハロウィン真っ只中の月曜日

この日もかなり空いている日で、人気のパレード”ハピネス・イズ・ヒア”を見る列が二列くらいしかなく。(沿道に並ぶ人の列が二列)パレード10分前でも余裕で最前列がゲットできるほどでした。

しかし、今年1月8日の空きっぷりは比にならないレベルで。

たった2時間半の滞在なのに、普通の日の何倍も遊んで帰ってこれました。(普段要領悪いだけかもしれませんが)

チケット代の元取れた感がハンパなかったです。

なぜこの日の夜はこんなに空いていたのか?

冬休みが終わって3学期が始まる(始まったばかり)の時期だった

 

カレンダーをご覧になっていただくと想像が出来やすいかと思いますが、ちょうどこの日はお正月休み明けすぐに訪れた三連休最終日の夜でした。

学校・幼稚園・保育園にもよりますが、丁度三学期が始まる(始まったばかり)休み明けの時期です。うちの子の学校も三学期が前の週の金曜日(1月5日)から始まり、一日行ってすぐに三連休になりました。

 
長い冬休みが明けてすぐの三連休最終日三連休出かけた人々が、疲れを家で癒し、また翌週に備えようとする時間帯だったのが理由の一つにあるのではないでしょうか。
 
まして、冬休みが終わったばかりの三連休、学校によっては翌日が始業式というところもあるはず。
 
わざわざ冬休み明けすぐの三連休明け早々に、学校や幼稚園を休み(!?)ディズニー旅行に行こうという心理になる人は少ないのかと思われます。

お正月休みが明けたばかりで有給を取る人が少ない?

 
 
 
再度カレンダー貼り付けますが、この日は年末から始まったお休みが終わったばかりのタイミング。お正月、ゆっくりのんびり癒しの時間を過ごした人、ここぞとばかりに出かけてきた人、それぞれの過ごし方があったかと思います。
 

長期の休みでリフレッシュして、気持ち新たに仕事を頑張ろう!と気合を入れる時期。人によっては翌日から仕事始めの人も少なくはないはずです。

すべての企業に当てはまるとは言えませんが、少なくともうちの夫の会社は間違いなく仕事始めの日に会社を休むのはたいへん気まずい。そうでなくても、社会人というのは責任がある立場上なかなか休みが取れない。関係先が一気に動き出す仕事始めの時期は、普段より尚更休みが取りにくいわけです。

というわけで、翌日9日は時期的に休めない人が多く、前日の夜であったこの日は異様に人が少なかったのでは?と思います。

これが、長期休みが終わったばかりでない時期のだったら、土日と有給を利用して旅行に来ている人がもっと多かったはずです。

長期休みと三連休が重なった大型の連休の最終日の夜だったのが、逆に普段よりも空く理由であったのだと分析しております。

お正月イベントが終わり、次のイベントが始まる前の何もない時期だった

 

 

ガラガラだった8日は、5日までのお正月特別イベントが終わったばかりでした。

翌週11日から、東京ディズニーランドでは”アナとエルサのフローズンファンタジー”が、東京ディズニーシーでは”ピクサープレイタイム”が始まります

イベントより前から販売される限定グッズも、翌日9日からの先行販売。

つまり、本当にイベント要素がな~んにもない時期だったのです。

年パス保持者の方は別として、そうでない方は『せっかく行くなら次のイベントが始まってから行きたい』と思うのが通常の心理ですよね。

オリエンタルランドさんに問い合わせしてみた

 
ディズニーランドを運営するオリエンタルランドさんの問い合わせ窓口にも確認してみました。(こんなことで問い合わせして申し訳ないです。)
 
丁寧なオペレーターの方も
  • 一月二月は一年の中で最も空いている時期
  • お正月明けの数日は、例年比較的待ち時間少なくアトラクションが乗れる傾向

とおっしゃっていました。希少な情報をありがとうございます。

但しこちらはディズニーランドに限るとのことで、ディズニーシーはこの時期でもそれなりに混雑しているようです。

まとめ

 
ディズニーランドがガラガラに空いているタイミングでパークを訪れたい方は、
  • 大型の休み+連休が終わったばかりの新学期・仕事始めのタイミング
  • 最もディズニーランドが空いている1月2月の閑散期
  • イベントとイベントの間で何もない日(限定グッズすら販売されていない)
の条件が揃った日を選ぶと良いかと思います。
 
正直、イベントがなく閑散としているパークはさみしい気もします。しかし、普段待ち時間が長くて諦めるようなアトラクションにガンガン乗れる!のは、やっぱり気分がいいものです。
 
嘘のように空いているパークを一度味わってしまうと、混雑している時にわざわざ行く気になれなくなります。良いのか悪いのか?
 

ちょっとした貸切気分を味わえる閑散日、是非皆さんも足を運んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください