〈体験談〉RYT200ヨガ・インストラクター養成では何を得られるか?

こんにちは。ちょこっとヨガインストラクターのJADEです。

数年前に全米ヨガアライアンス200時間認定ヨガ講師(RYT200)の養成コース(TT )を卒業しました。
 
体調の問題や家庭の事情もあり、今はインストラクターとしてフルタイムでは活動していませんが、たまに知人やそのお友達などにちょこっとレッスンしています。
 
今日のテーマは『<体験談>RYT200ヨガ・インストラクター養成では何を得られるのか?』
 
実はこの記事を書こうと思ったきっかけは、『ヨガTT (ティーチャーズトレーニング)』関連の検索ワードでこのブログに来てくださっている人がいるのを知ったから。
 
せっかく来てくださったのに、全く情報がなくてごめんなさい‼︎ってことで、こうして投稿することにしました。
 
多分、RYT200が気になっておられる方はある程度前知識がおありかと思いますが、決して気軽にトライできる金額の養成コースではないですよね。
 
提供している企業によって幅はあるけれど、どんなに安くても30万前後はします。また、養成講座の基本料金だけでなく、交通費もかかるし、場合によってはテキスト代も別途という所も。
 
気になるから行きたい!で簡単に決断できるものではないんです。
 
それだけのお金を払って行く理由や価値があるのか?と悩むものです。(少なくともわたしは丸一年悩んだ。)
 
きっと今TTに参加するか悩んでいる方は、一つでも多くの経験談が欲しいのではないかな?と。
 
というわけで、悩めるヨギーにとって僅かでも足しになれば!と思い、わたしの経験と感想を実直に書いていきますね。

こんな養成に参加したよ

<全米ヨガアライアンス認定講師(RYT200)養成コース>

わたしが参加したのはRYT200認定講師を育成するティーチャーズトレーニング(TT)です。

RYT200認定講師というのは”全米ヨガアライアンス”という財団が認定するヨガ講師のことです。

一定レベル以上の内容を学べる認定校で200時間トレーニングし、修了すると認定講師として登録できます。

世界的に見て最もポピュラーなヨガ資格?肩書き?です。

ヨガインストラクターというのは何の資格を取ったから名乗れるということはありません。誰でも『わたしはヨガインストラクターです。』といえば、その瞬間からヨガインストラクターになれます。

そのため、インストラクターのレベルにはかなりの差があると言われています。数回ヨガクラスに参加しただけの人、通信教育のビデオで勉強した人、インドでみっちり本場の修行をしてきた人、名乗ってしまえばどれも同じヨガインストラクターです。

RYT200認定講師というのはある程度の勉強をしてきたヨガ講師という証明になります。

大手のスタジオでインストラクターとして働きたい人にとっては、RYT200は有利になるかと思います。

RYTは全米ヨガアライアンスが認めるヨガスクールの専門コースを修了しなければ登録できませんが、日本でもいくつかのスクールでRYT200が取得できます

同じRYT200のTTでも、スクールごとにそれぞれ独自のスタイル・内容を提供しています。

<単科コースが充実したRYT200養成コースに参加>

わたしが参加したのは、全国各地で養成講座を開催している出張タイプの養成コース。

このスクールが展開する養成コースの特色は豊富な単科コースが含まれるというもの。

基本的なティーチングを学ぶベーシック科目の他に

  • 陰ヨガ
  • リストラティブヨガ
  • ヴィンヤサヨガ
  • ホットヨガ
  • マタニティヨガ
などの特化型のコースが含まれていました。
 
200時間全て履修すると、全米ヨガアライアンス認定講師に申請できる他、スクール独自の単科講師の証明書?みたいなのが頂けます。

 

子育て中かつ東北在住のJADE。東京開催の大手スクールTTや短期集中型の合宿スタイルTTは現実的に参加できません。そのため、半年以上の期間月に数回、車で1時間半かけて会場に通う形でアライアンス認定コースを受講しました。

養成は朝8時ごろからスタートして、夕方5時とか6時まで。月に2度から4度くらい開催されます。

かかった費用

当時の記憶が曖昧な為確実では無いのですが、大まかに挙げると費用はこんな感じでした。(現在金額改正されて当時の価格より値上げされているので確実な金額がわかりません。)

  • 基本の養成コース代(テキスト含む)…30万弱
  • 書籍購入代…5000円
  • 交通費…実費(ガソリン代とか駐車場代。大体一回に3000円位)
  • ウェア代(手持ちのウェアにダメ出しされたので購入。最終試験ではウェアも審査のポイントだった)…20000円くらい
  • ホテル宿泊代(最終試験の前日)…10000円
多分大手スクールのRYT200に通うよりは全然安いのでしょうが、それでもかなり大きなお金が必要でした。
 
この他にも、弁当作れなかった日の食事代や同期生との交際費などはかかりましたが、それは必須ではないので含みませんでした。

TTに参加した時のヨガレベル

  • ヨガ歴…三年
  • 頻度…毎日ヨガトレーニング
  • 通常参加していたクラス 中級コース
  • やっていたヨガの種類…ヴィンヤサスタイル、パワーヨガ
わたしはこんなもんでしたが、全く経験が無い人もいました。逆に、インストラクター経験がある人もいましたし、何十年もヨガされている方もいました。
 
年齢層、ヨガ歴などは本当にバラバラで、レベルも個々です。
 
スクールによっては、指定スクールで何年ヨガ歴が無いとNGというところもありますが、初心者でも大丈夫なところも沢山あります。
 
わたしが受けたTT は『三年前後の経験があるとなお良し』ということでしたが、未経験でも参加できました。
 
ちなみに、経験があった方が有利かということは気になるかと思いますが、正直あった方がいいかも?くらいです。
 
単純に経験者は実技の際に肉体的な負担が楽だし、それなりにポーズ名も知っているからです。
 
でも、逆に経験が足かせになることもありました。
 
これまで受けてきたヨガの流派とは異なる流派のヨガTT だったので、癖を治すのが大変でした。めっちゃ指摘された。
 
経験あるなしはそれほど重要でないです。
 
ただ、これまでヨガをしたことがなくて、健康目的とか美容目的とか、軽い気持ちで養成に入るのはおススメしません。
 
それなりに厳しいので、ヨガに対する熱い想いとか、なんらかの目的意識がないとついていくのが辛いのが正直です

大事なのはやる気ですね。

トレーニングに関する非っ常に実直な感想を言いますよ

まず第一に!
 
はっきり言って大変です。キツイ。色々な意味でキツイです。
  • 日常との両立には努力が必要
  • 連日のトレーニング参加は行き来が本当に大変
  • 実技はブートキャンプ並み
  • 宿題めっちゃ多い
  • 先生怖い、厳しい
  • 記憶することが膨大
  • 限られた時間の中で大量の情報をインプットされ、それを即座に実践に移すよう求められる
出鼻を挫くようなことを言って申し訳ないですが、多分生の本当の声が欲しいかと思いますので、オブラートに包まずに書きました。
 
まず、働きながらとか、子育てしながら通うのは結構大変です。
 
当日誰に子供を預けるか?
わたしが居ない日の次の日のパパのお弁当は?
週末ヨガTTがあるから、子供の運動着の洗濯はいつしよう?
とか、主婦のわたしは考えることややることが山積み。
 
まとまって数日家を空けるので、前日は夜遅くまでかなりの家事をこなします。そして、次の日は朝早く出かけてTTに参加。夜遅く帰宅して、また次の日朝早く行く。
 
同期生もみんな大変そうで、日々疲れてましたね。
 
そんな状態で、朝一実技1時間半位やります。レベル的には中〜上級者向けだとは思います。
 
少なくとも、わたしがこれまで受けたパワーヨガとかのクラスよりははるかに強度・テクニックがもとめられました。
 
アサナの難易度的には、ピンチャマユラーサナやエカパダカンビニヤアーサナくらいまでやったかな?
 
わたしのレベルが低かったからでしょうが、とにかく朝一でヘロヘロになり、翌日はがっつり筋肉痛。でも御構い無しでまたブートキャンプ的ヨガ。
 
卒業する頃にはみんな身体が変わっていました(爆)
 
インストラクター養成なんだから、当たり前なんでしょうが、肉体はそれなりに酷使します。
 
実技が終わると座学。座学はヨガの歴史や理論、シークエンスの組み方、解剖学、ビジネス学など様々です。
 
とにかく膨大な量の学びでした。
その日学んだことをすぐにティーチング練習に反映しなければならないし、突然抜き打ちテストしたりするので、うっかり寝たりできない。
というか、もう、眠くなれないくらい焦っていました。
 
昼12時になると、1時間の昼休憩。
 
皆がホッとして笑いあえる唯一の時間です。お喋りしたり、お菓子交換したり(小学生か?)して楽しかったです。
 
午後は午前中に学んだ座学を実践できる練習をします。
ペアを組んでティーチング練習したり、アライメント調整をしたり。
 
突発的に一人が前に出て、みんなの前でティーチングを披露させられたりもします。
 
で、大体みんな怒られます。とほほ
 
午前中さらっと言われたことを、すぐに吸収して反映させることの大変さといったら。
 
いつ自分が当てられるのかとビクビクしてました。
 
地獄のブートキャンプ週末(名前違う?)が終わったら、次の日TTまでに宿題をします。
 
大体ですが、講習一日につき一つのレポートが出ます。養成コースが三日間ある月は三つ、二つの月は二つ。
 
必ずしも次回までにやる必要はないのですが、毎回出していかないと溜まって大変なことになるので、頑張って毎回こなしていました。
 
ダダダーっと愚痴?いや、感想を書いてきましたね。まあ、でもこれらは養成に申し込んだ時点で大体想像していました。
 

インターネットで事前調査した時にも、『RYT200は遊び感覚ではとれない』とか『宿題大変』とかいう情報は沢山仕入れておりましたし。

アライアンス認定のヨガインストラクターの資格を取るのだから、大変なことは覚悟の上の参加です。

 
しかし、全く予想だにしていないことが一つだけおこりました。
 
それは、先生がものすごく厳しい&怖かったこと(笑)
 
正直多くの同期生が子鹿のように震え上がっておりました。ほほほほ
 
わたしもその一人。
 
いや、勝手な思い込みですけれどね…ヨガの先生ってみんなおおらかというか、悟ってるというか、器が広いというか…オーラや愛に溢れた方ばかり見てきたので…ギャップにだいぶ驚いた。
 

インストラクターを養成する責任・立場にあるのですから当然といったら当然なんですよ。当たり前。

自分のスクールの看板を背負って世に出ていく養成生なわけですから、どこに行っても恥ずかしくないレベルの技術を持ったインストラクターをスクールは育てようとします。

 
スタジオやクラスで味わうヨガの美しい要素だけではないので、これから受講される方は、それなりの覚悟を持って挑んで頂きたいと思います。

じゃないと、なれるまでの精神的苦痛が大変ですよ~。(経験談)



RYT200時間養成コースを通して得たもの

<ティーチングの技術>

独学では絶対に得られない高いレベルのティーチング技術を手に入れました。
 

卒業する為には一定レベルのティーチングが出来なくてはならないので、嫌でも教えられるようになります。

わたしは修了してからかなり時間が経ちましたし、しょっちゅう教えているわけではありませんが、それでも今クラスを一本しなさいといわれたら出来ると思います。

それくらい、ティーチングが身にしみ込みます

RYT200に一度参加した位では上級者クラスを教えることはできないですが、初心者〜中級者程度であれば、卒業した翌日から自分でクラスが開催できると思います

即戦力をつけたいなら、回り道をせずにRYT200を取得するのが良いというのが素直な感想です。

<ヨガに対する深い知識>

 
ヨガの歴史、理論、解剖学、ビジネスなど様々なことが学べます。
 
先述した通り単科の特化ヨガTTがカリキュラムの中で組まれていたので、オールジャンルのヨガが学べました。
 
ただ、単科のヨガは大体が一日から二日で終わりだったので、薄くしか学べません。
もし、卒業後に単科で学んだどれか一本でやっていこうと思ったら、他でもっとしっかり学ばなければと通用しないと思っています。
 

座学で学ぶことはヨガだけでなく、人生においても有益になることが多かったです

あの頃は特に迷いがあった時期だったので、座学で学ぶヨガの教えに幾度となく救われました。

<同期生への熱い友情>

TTはヨガを学びに行くところであって、お友達作る場所ではないのですが、同期生との熱いつながりはTTの最大の魅力といっても過言ではないです

ヨガという同じものを目指す仲間の中には、固い友情が芽生えます。

別に友達ができることは本来の目的ではありませんが、TTは厳しいので友情がないと多分乗り越えられないです

先にも言いましたが、結構ハードな指導をされます。皆慌てふためく小鹿でした。

もし一人だったら、多分私は卒業してません。友達と支え合いながらだからこそ卒業までたどり着けたました

そして、同期生とは今でも情報の交換をしあって、お互いに刺激を受けています。

卒業しても続く横のつながりになっています。これはインストラクターにはとても大切です。

RYT200認定講師になれたこともですが、友とめぐり合えたこともわたしにとっては財産になっています

<強くてしなやかな身体>

卒業するときには身体がかわります。それくらいハードなシークエンスをやります。

わたしは肩がごつくなりました。

最初はできなかったアサナができるようになったりもします。

RYT200認定コースを修了したその先

RYT200の認定講師になったらヨガの先生として成功するかというと、そうではありません。
 
実際同期で卒業した人たちの現在は様々です。
 
ある人はそれまでやっていた仕事を辞めて、インストラクター一本で生計を立てています。別の人はクラスを開くもなかなか収益にはつながっていないようです。
 
結局、RYT200は登竜門。その先は、ビジネスプランや人間としての魅力、その後のスキルアップなどで道は全然違ってきます。
 
常に自分を更新していくのは、ヨガインストラクターに限らずどの職種でも同じなんですけれど。
 

ある程度の事業として成功してインストラクターで食べていくためには、卒業後も学びや努力を続けていかねばならないのは当然のことですね。

まとめ)これからRYT200のTTに参加したいと思っている方へ

お世辞を全く抜きにした感想を書き連ねてまいりました。
 
多分『結構キツそうだな~、自分にできるかな?』と思って怖気づかせてしまった方もいるのかと思います。申し訳ない。
 
RYT200を卒業するのに一番必要なことは、ヨガ愛とか、目的意識とかなんらかの一本筋です。
 
単純にお金だって大金を使うわけです。そうまでして、世間で『怪しい~』とか言われているヨガの養成コースに通いたいと思うあなたは、間違いなくちゃんとした目的があると思います。
 
わたしはヨガの先生になりたかったし、ヨガが好きだから参加しました。最初は。
 
参加したらものすごいキツくてびっくりして、もうやめようかな?と何回も悩んだんですよ。でも、30万円ドブに捨てるのはもったいないからやだ…と。
 
そのうち友情を裏切れないから、ペア組んだ友達が一人になっちゃうから行く!に変わりました。
 
どれも立派な理由だと思っています。
 
なんでもいいので、自分が逃げ出せない理由を作れば大丈夫
 
頑張ってやり遂げたあとに得られる自信は、それまでの苦しさの何倍にもなって自分に戻ってきます!
 
養成は厳しいですが、人間としての財産になるような苦楽を与えてくれるのも事実です。
 
養成中は大嫌いで『今日は交通事故にでもあって休んでくれ!』と思っていた先生(!)も、今はわたしの恩師です。あの方がわたしに与えてくれたものは沢山あったと思っています。
 
そういう人生の学びは大人になってからなかなか得ることはできません。
 
大変だけど頑張って!応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください