〈格安ディズニー〉低予算のディズニー旅行でもめいいっぱい優雅に過ごす裏技!

あぁ、ディズニーリゾート。わたしの天国ディズニーリゾート。愛しいミニーちゃんが住むディズニーリゾート。

行きたい…行きたい…毎日でも行きたい…
 
でも、お金かかるんだよ〜〜ディズニー〜〜!
 
っとまぁ、変な導入からこんにちは!今日も全力でディズニーが大好きなJADEです。
 
毎日でも行きたいディズニーリゾートですが、わたしのような遠方在住の人はなかなかしょっちゅうは行けないですよね。くすんくすん。
 
わたしは東北在住。子供と二人で1泊2日のディズニー旅行に行くと、どんなに節約しても一回の遠征に8万円はかかります。
 
この前ディズニーランドに行った時に、年パス保持のベテランさんとたまたまお話したんですが、『一回のディズニーで八万!?年パス買えるじゃん!』って言われましたよ。本当だよ…。
 
てかね、この8万円だって、色々我慢しての費用ですよ。
 
お土産は吟味に吟味を重ねて一人5000円までだし(この前のわたしのお土産はジェラトーニのコスチューム一個で終わった…しょぼーん)、快適とは縁遠い高速バスに4時間半揺られて往復だし…
 
そんな貧乏旅行で年に二、三回くらい、必死に節約を重ねながらディズニーリゾートに行っております。
 
でも、こんな貧乏旅行なんですけど、貧乏旅行なりに工夫するだけで全然優雅さが違うんですよ。本当に。
 
工夫しないで行くと『こんなに最小限のことしかできなかったのに8万使った!』という旅行になるけど、ちょっと工夫するだけで『こんなに遊んで色々やったのに8万で済んだ』って旅行になるんです。
 
ってことで、JADE流『低予算ディズニー旅行をお得に優雅に過ごす裏技』をご紹介します。

その①  日取りは閑散期を選ぶべし!

 
兎にも角にも時期選びが重要です。
 
『低予算で充実&優雅に』を実現するなら、間違いなく閑散期を選ぶべきです。
 
一月二月は閑散期(かんさんき)と呼ばれる比較的ディズニーパークが空いている時期です。(但し、閑散期でも土曜日や連休の中日は混むのでお気をつけください)
 
特におすすめしたいのは一月の二週目日曜日夜や平日
 
以前書いた『いつが空いてるの?ディズニーランドがガラガラだった閑散日に遭遇した話』内でも書きましたが、一月のお正月明けはかなりガラガラです。
この日を狙って行くと、ワンデーパスなら相当、スターライトやアフター6でもかなり乗れます。満足度半端ないです
 
けち臭いこと言いますが、混雑日に3つか4つしかアトラクションに乗れなくても、閑散期に15個アトラクションに乗っても、チケット代は同じです。待ち時間少なく楽に過ごせますしね。
 
また、この時期はホテルも空室がいっぱいでお安く泊まれます
 
わたしの実体験ですが、お正月明けにディズニーパークに遊びに行き、ディズニーオフィシャルホテルの『東京ベイ舞浜ホテル  クラブリゾート』に宿泊しました。
 
当日はパークはさることながら、ホテルも閑散期。一泊8000円くらいで予約した最安値のお部屋だったにも関わらず、空きがあるからと無料でハイクラスフロアのパーク側にアップグレードしてもらえました。
 
部屋からは工事中の美女と野獣エリアやスペースマウンテンが見えて子供も大喜び!
 
この時期はディズニー周辺ホテルもかなり値段がお安くなります。
 
人気のイベント時期に比べて10000円以上、いや、もっと安い時は20,000円以上安いんです。同じお部屋なのに。
 
この差は大きいですよね!予算内で選べるホテルのランクが全然違ってきます
 
どうせ同じ一万円払うなら、ハイクラスのホテルに泊まりたくありません?
 
ちなみに、閑散期はディズニーホテルですら、当日に底値に近い金額で放出されたりします。閑散期のアンバサダーホテルが当日じゃらんで30000円(税別)切る値段で載っている時もあります。
 

閑散期は普段泊まれないディズニーホテルにお得に泊まれるチャンスでもあるわけです。

 

その② 足は早く、寝床は遅く予約しよう

宿や交通手段はディズニー旅行をする上で重要な要素ですが、バスや新幹線、ホテルなどは予約が必要です。
 

これらの予約作業は同時期にまとめて行うのはNG!最もストレスなく、お得にディズニー旅行するには予約タイミングを選ぶ必要があります

交通の予約は早く行うべき

出来る限り早く予約した方が良いのは交通機関です。
 
自家用車なら話は別ですが、公共の乗り物で行く場合は間違いなく早く予約した方が良いです。残席次第では家族が離れ離れに座る羽目になったりしますしね。
 
また、高速バスや飛行機は早割を設定している会社もあります。最大半額になる席もあるので、行く日が決まったら迷わず移動手段だけは確保しておくべし。
 
わたしは大概高速バスを利用するのですが、いつも乗っている高速バスでは予約開始日から5日前まで運賃が半額になる『早割座席』を設定しています。数に限りがあるので早めに埋まってしまいますが、これをうまく利用すると交通費が半額になるんです。
 
子供と二人料金で往復5000円以上の節約になります。ご飯一回、いや、うまく行けば二回は食べれる金額です。大きいですよね。
 
バスや新幹線、飛行機などは、安い値段で予約したから座席がショボいとかいうことはありませんよね。正規料金で乗ったから早く到着するわけでもない。
 
早めに予約したから損することは殆ど無いので、とにかく交通機関だけは早めに抑えるべし。これ鉄則です。

ホテルは空き状況をみてギリギリまで待って良いとこに泊まるのがお得

旅の醍醐味の1つはホテルの宿泊。ここはケチりすぎてはいけません。
 
安いカプセルホテルに泊まって、コンビニのおにぎりやカップラーメンだけ食べていれば、旅費はもっともっと安く済みますが、それじゃ侘しい思い出だけが残る…。
 
せっかくの旅行なので、出すところには出す!ようにする。これはわたし流格安旅行の満足度を上げるコツです。
 

ちなみにわたしは、ディズニー旅行に行く時は必ず『オフィシャルホテル』『パートナーホテル』のどれかに泊まります。

参考 東京リゾート公式ページ ホテル一覧東京ディズニーリゾート
というのは、閉園ギリギリまで遊んでホテルに戻るので、アクセスが良好なことを第一条件にしているからです。ヘトヘトになって遊んで、そこから遥か遠い道のりを経てホテルに戻ったら、完全にぐったり。子連れディズニー旅行では移動も大きなストレスなので。
 
プラス!これらのホテルに泊まると優雅な気分になるんですね。子供も大喜びなので思い出づくりにもなります!
 
というわけで、これから説明するホテル予約の話はオフィシャルホテルやパートナーホテル、ディズニー周辺ホテルに限った話になってきますので、その前提でお読みいただければと思います。
 

さて、本題のホテルの予約時期ですが、かなりの混雑日に行く場合は早めに予約しなくてはなりません。混雑日とは、三連休やクリスマス、お正月、キャラクターの誕生日など。

これらを除く殆どの日は 宿泊日当日の予約がオススメです。

実はホテルは意外と直前が一番安いです。
 
日や時期によって違ってきますが、オフィシャルホテル、パートナーホテル、周辺のディズニー旅行客向けホテルは当日どんどん値下げされます
 
じゃらん楽天トラベルなんかでは、当日の午後から夕方頃になるとかなり安く放出されます。
 
近隣の非オフィシャルホテルは、更に値下げ幅が大きいところが多いです。
 
前日より当日、当日午前より当日夕方と、宿泊直前になるほど値下がりする傾向にあります。(曜日や時期によってこの限りではない日もありますが。)
 
ですので、数日前にチェックして、予約したいホテルの空き状況がかなり余裕ありそうな雰囲気の時は、宿泊当日の夕方くらいまで予約しないで見送るのも手だと思います。
 

わたしは混雑時期に行く場合を除いては、いつも当日の午後から夕方に予約します。

やり方としてはこんな感じ↓

じゃらん楽天トラベルで、前もっていくつかホテルやお部屋の目星をつけておく。
 
空室の数を見ながらギリギリまで粘って、余裕がある時は当日の昼以降に予約します。

もし、観察中にどんどん空室残数が少なくなるような時は早めに予約します。

でも、過去に当日より前に予約したのは元旦だけです。それでも、前日の夜10時ごろに予約して最安値でした。(それ以上下がらなかった)

大型連休や三連休、特別なイベント日など、ホテルが満室になるような日は事前の予約が絶対に必須&お得ですが、この記事でおすすめしている閑散期などは直前ギリギリまで粘るのが絶対おすすめ!
 
ちなみに、この記事を書いているのはハロウィンシーズン真っ只中の金曜日の夕方です。金曜日といえばホテルの宿泊代は高めの金額設定の日。
 
それでも今現在、オフィシャルホテルが二人で12000円台程度と大変リーズナブルに価格設定されていますし、パートナーホテルも11000円台からあります。(じゃらん調べ)
 
繰り返しになりますが、お目当てのホテルに空きが結構ある日は、ギリギリまで予約を取らずに行くほうがお得です。
 
但し!車でディズニーに行かれる方はホテルの駐車場を確保することが第一条件になります。宿泊予定のホテルにどの程度駐車場の空きがあるのかを念のため事前確認しておきましょう。
 
宿泊者分の駐車場は確保してくれるとか、まだまだ駐車場に余裕があるようなら値下がりするのを待つようにするのが良いかと思います。
 
過去に車での旅行でも3回ほど当日予約宿泊をしてオフィシャルホテルに泊まりましたが、問題なく駐車できたのでオフィシャルホテルに限っては駐車場に余裕がある印象です。
 
ただ、これはあくまでも経験談なので、ホテルに事前に確認を取ることを強くオススメします。

その③ 計画的で節度ある持ち込みをする

身の回りの所持品は計画的に用意する

皆さんもご存知かと思う当たり前のことなんですが、雨具やシート、帽子にモバイルバッテリーなど身の回りの持ち物は出来る限りディズニー旅行の前に揃えておくに限ります
 
寒暖差に対応できるような格好をしていくのは,勿論言うまでもありません。
 
どれもこれもパーク内で購入すると法外なお金を払う羽目になりますし、広いパークの中で取り扱っているお店を探して買い歩くのは時間のロスだからです。
 
特にスマホ用の充電ツール(ケーブルやモバイルバッテリーなど)は必須
 
ディズニー行くと写真撮りまくったり、ビデオ撮ったり、ショーの抽選に応募したり、アトラクションの待ち時間を調べたりととにかくスマホを使う使う!バッテリーが通常の二倍速くらいで減ります。
 
この前行った時にバッテリーが無くなり、慌てて簡易の電池式充電器を買おうと思ったら、何と3000円越え!買えるわけないじゃんYO!
 
ノー携帯で過ごす羽目になり、恐ろしく行動効率下がりました(泣)写真も撮れなくなったし…
 
くだらないことでお金と時間をロスしないためにも、持ち物はきちんと事前に”夢の国の外で”用意しておきましょう。
 

この辺をしっかりしておくのとしておかないのでは、旅の充実感が後々結構違ってきますよ。

食べ物の持ち込みは気を遣いながら節度を持って

ディズニーパーク内ではお弁当や缶、瓶、アルコールの持ち込みは禁止されています。
 

一方、お菓子や飲み物はグレーということで、推奨されてはいないものの黙認されています。

詳しいことは下記のサイト様でとてもわかりやすく説明してくださっています。

参考 【ディズニーへの持ち込み】おにぎりや水筒・ペットボトルは持ち込みOK?飲食物ダメ?CASTLE

というわけで、わたしはお茶やおやつなどは事前に購入し、常識の範囲内で持ち込んでいます。

それは食にこだわりがあり、あまり市販されているものを食べない生活をしているからでもありますが、やっぱりディズニーで買うと高いから。
 

特に飲み物は現実世界(笑)で買って行くべきです。夏は脱水症状になっちゃうし、喉が乾くたびにディズニー価格の飲み物を買っていたら、家族三人で一体幾らに?

あと、飲み物を探して歩き回るのも体力と時間を使うからです。

ただ、いかにも『持ち込んでます!』みたいに目立つのも嫌なので、なるべくパーク内にも売っているような飲み物(爽健美茶やいろはす、アクエリアスなど)を持ち込んだり、ポケットからさっと出して口に入れられるものを持ち込みます。
 

これはあくまで、推奨されているわけではないので、配慮しながら常識の範囲内で行いましょう

その④ 夜のパークはどんな過ごし方をしたいかで選ぶ

格安ディズニー旅行初日にスターライトパスやアフター6で入園する人も多いと思います。
 
記事内でおススメする”閑散期”はディズニーランドとシーの入場者数に結構差がある時期です。
 
ディズニーシーは閑散期でも安定して混んでいるのに比べて、ディズニーランドはだいぶ空いています
 
特に夜の空き方は全然違っていて、ディズニーランドはわりとガラガラです。一方のシーは夜も結構混んでいます。
 
乗り物にいっぱい乗りたいアクティブ派はランドに行った方が得策かと思います。沢山乗れて満足感が得られます。
 
夜景やムードを楽しみながら、ゆるりとショッピングしたりちょこっと乗り物に乗りたい優雅派はシーに行かれる方がいいですね。
 
ディズニーに行くと結構『混んでた…』とか『全然乗れなかった…』なんてネガティブな思い出が残ったりするのですが、1日のうちの数時間でも快適に目的通り過ごせると、残る思い出の充実感が全然変わってきます
 

どのパークにいつ行くかをうまく工夫して、満足度を上げていきましょう。

その⑤ 時間に余裕がある時はパーク外で昼食を

日中のそれなりに混雑したパークでは、ごはんを食べるのも一苦労。
 
しかも、こう言ってはなんですが…ディズニーパークで手軽に食べれる軽食類って、なんとも高いのにそんなに美味しくはない…(怒られそうですが)。
 
パーク内のちゃんとしたレストランは事前予約が必要な上に、お値段がちょっと高いよね…。
 
予算が限られた格安旅行では、パーク内での食事クオリティは諦めなくてはなりません。
 
でも、おいしい食事って結構大事じゃないですか?特に大人にとっては、美味しいものって旅の結構なウエイトを締めませんか?
 
パークで提供される冷凍食品のピザや大量生産のハンバーガーだけが胃袋の中を締めると、結構侘しい気持ちになってくるし、吹き出物できたり口の中荒れるし…
 
格安旅行で食事の満足度を求める人は、一度外に出て下界で食事を摂ることをオススメします
 
当たり前ですが一歩外に出ると、食事のコストパフォーマンスがぐっと上がります!
 
個人的にお昼ごはんを外で食べるのがベターだと思っています。
 
昼間は夜よりパーク内が混雑し、待ち時間や食べ物屋さんの行列もマックスです。この時間と体力の消耗を考えると、パーク外に出てゆったり食事した方がストレスがずっと少ない。
 
逆に夜はパークも空いて、アトラクション攻略にはうってつけの時間帯。パーク外まで出てごはんを食べて戻るのは時間が勿体無い!
 
こんなわけで、お昼はゆっくり外に出て、優雅にランチタイムを楽しむようにしています。
 
ディズニー近隣といえばイクスピアリなんかはアクセスが便利です。イクスピアリも若干お高めのお店が軒を連ねていますが、ディズニーリゾートよりはずっとお安く、美味しいものが頂けます。
 
個人的に美味しかったなぁ〜と思うのはピッタゼロゼロ築地玉寿司さんです。
 
◼︎ピッタゼロゼロ
ピッタゼロゼロさんは、本格的なピザやパスタのセットがお手頃価格で頂けます。ランチセットは本当にお得なので是非一度ご賞味あれ!


キャプチャー画像引用元
https://www.ikspiari.com/gourmet/shops/2358/

 
◼︎築地玉寿司
築地玉寿司さんも、とてもネタが新鮮で美味しかった!
本格的なお寿司なのでちょっとお値段張る気もしますが、ディズニーリゾート内で同じものを食べようもんなら何倍もしますので、十分お得かと思います。


キャプチャー画像引用元
https://www.ikspiari.com/gourmet/shops/2414/

 

◼︎chawan(チャワン)
また、舞浜駅に隣接されたホテルドリームゲード内にあるchawanもおススメです。
ここは最近出来たばかりですが、手頃な価格で定食メニューなどが頂けるので、早くも人気店になっています。

キャプチャー画像引用元https://www.skylark.co.jp/chawan/index.html
◼︎サイゼリア
同じくホテルドリームゲート内の一階に新しく出来たサイゼリアもおススメです。
サイゼリアがお手頃価格で豊富なメニューを提供していることは、皆さんもご存知かと思います。

キャプチャー画像引用元https://www.saizeriya.co.jp/

他にもお手頃価格で美味しいご飯が頂ける場所は、イクスピアリ内やディズニーパーク周辺に沢山あります。

まとめ

際限なく使いたいだけディズニー旅行で予算を組めたら、どんなに幸せなんだろうか?といつもいつもいつもいつもいっっっっも夢見ております。
 
が、現実は甘くない…。宝くじは当たらないし、空から大金は降ってこない(涙)
 
どうしても限りのある予算の中でディズニー旅行に行かなければならないのは仕方ないですよね…。
 
でも、せっかく遊びに行くのにケチケチしながら『お金がお金が』って気にしながら過ごしたくない…。かといって、予算オーバーして後日帳尻合わせに泣くのも嫌ですよね。
 
どうせなら限りある予算の中でも、思う存分できる最大限楽しみたい。これは、工夫次第で十分可能です。
 
ここにご紹介した以外にも細かい節約術や裏技はインターネットを探せばいっぱい転がっていると思います。
 
工夫に工夫を重ねて、ぜひぜひ自分だけの優雅でお得なディズニー旅行を楽しんできてください!!!
 
わたしも研究をつづけていきま~す!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください