アトピーの夫が愛用!お手頃価格のおススメ風呂用浄水器

突然ですが、うちの夫はアトピーです。

正確にはアトピーだったと言ったら正しいのかも?です。
 
今も体質は残るものの、食事を変えたり、住環境整えたら、だいぶ良くなりました。
 
それでも日照の少ない冬や、乾燥の季節、花粉の季節はあちこちボリボリ。
 
掻くわ掻くわで、首や肘の内側、まぶた付近がボロボロになります。
 
そんな夫はお風呂に入るといつも『塩素でピリピリする』って言っていたんですよ。
 
なかなか金銭的に余裕が無くて(オーガニック貧乏なもので)、最近までお風呂の蛇口に浄水器を設置しておりませんでした。
夫がアトピーを発症した15年前にお風呂用の浄水器を探したのですが、その頃は種類も少なくて、初期投資やランニングコストが結構かかるな~と思って先延ばしにしてたんです。
やらなきゃやらなきゃとは思いつつ、その後も飲み水や食べ物にウエイトを置いてしまい、お風呂の水はどうしても手付かずで…
 
ところがどっこい、今年の夏前に久しぶりにAmazonでお風呂用塩素除去浄水器を見たら、今はお手頃なお値段から導入できるよさそうな商品が沢山!

これくらいなら買えるし維持できると思ったので、や〜っと購入してお風呂の蛇口とシャワーに取り付けました。

結構安いのに、しっかり塩素が除去できる。

更にコスパも大変良いので、これは買って良かったなーと大満足!

というわけで、是非記事にしたいな〜と思いキーボードを叩いています。

 

水道中の塩素は知らない間に身体に害を与えている

アトピーの人に限らず肌が弱い人は、お風呂の塩素で肌が痒くなったりヒリヒリした経験あるかと思います。
 
塩素は皮膚刺激を起こすほか、喘息やガンなどの原因になるとも言われています。
 
塩素の毒性はとても高く、かつては化学兵器にも使われていたほど。
 
日本の水道水は世界的に見てもかなり群を抜いて塩素含有量が多いんだとか。
 
雑菌が多くて水道水を生で飲むことが出来ない国などもあるので、そう言った意味だけで見れば日本の水道水は安全とも言えます。
 
でも、その分有害な塩素による害や皮膚刺激は受けるわけです。
 
わたしも少し前に知ったのですが、実は水道水に含まれる塩素は飲んだり浴びたりするだけが問題というわけではないそうです。
 
近年アメリカでは『水道水中の塩素が気化することで引き起こす健康被害』を懸念する声が多く挙がっています。
 
塩素が気化する温度は25度と大変低く、湯船にお湯を溜めたりシャワーを使うだけで、大量の塩素が気化して浴室内に充満すると言われています。これを私たちは呼吸から存分に吸い込んでるというわけですね。
 
たった15分のシャワーや入浴は、1リットルの水道水を飲むのと同じくらいの塩素を吸収すると多くの専門家が警告しています。
 
知らず知らずに呼吸や皮膚、粘膜などから触れた塩素による刺激を受け、全くそうとは分からずに不快な症状に苦しんでいる可能性もあるのです。
 
げー、、ですよね。げー。。

我が家が導入した三菱ケミカル・クリンスイの『バスでピュアピュア』と『浄水シャワー』

亜硫酸カルシウムの酸化還元反応を利用した浄水器


写真暗すぎ!!!!でごめんなさい。こちらが塩素除去機能の付いているお風呂用浄水器『バスでピュアピュア』『浄水シャワー』です。

Amazonで二つ合わせて5000円ちょっと、プラス替え用のフィルターを二つ買っても6500円くらいで揃えることができましたね。本当に安い…。

それこそ、15年前に調べた時は『お風呂のお水貯めるだけで月に万単位かよ~』と思った記憶があるので、技術の進歩ってありがたいな~と思いますね。

このシャワーとピュアピュアは亜硫酸カルシウムという物質からできたフィルターを搭載しています。

亜硫酸カルシウムは水に溶けにくい石灰石を加工した物質。亜硫酸カルシウムに毒性があるかも気になるところですが、ヨーロッパでは食品添加物としてつかわれるような安全性の高い?(食品添加物だからといって安全だとは限らないけど)ものということで、特に有害性を訴えるような記述は現段階では見つかりませんでした。

亜硫酸カルシウムが浄水を行うと、水分中にわずかな石膏(硫酸カルシウム)が含まれるようになるそうです。この石膏自体は自然の温泉などにも含まれている成分ようなので、そこまで神経質に考えなくても大丈夫かな?と思っています。(とりあえず超敏感肌の夫は問題なし)

この辺については以下の参考サイトに詳しく掲載されていますので、より深くお知りになりたい方はあわせてご覧ください。

亜硫酸カルシウムから出来た浄水器のメリットは以下のような感じ。

・取り付けても水量が殆ど変わらない(除去速度が速い)
少ない量で多くの塩素を取り除ける為、フィルターが小さくシャワーヘッドが重くゴツくならない。
まずまずフィルターが長持ち
・浄水器内でのトリハロメタン生成リスクが従来の活性炭フィルターより低い

一方デメリットはというと

・塩素以外の有害物質は取り除けない
・活性炭性のフィルターよりは寿命が短い
浄水を行うことでごくごく僅かに水の硬度が上がる可能性も無きにしも非ず(極めて低いそうですが)

などになります。

水道水の中に含まれる有害物質は塩素だけではありません。他にも重金属や有害な化学物質が沢山含まれています。

わたし自身この商品を検討していた時に『塩素だけ除去できてもね~』という気持ちが無くはなかったんです。が、初期投資のお手ごろさに負けました。

というのも、浄水器というのは結構不衛生になりやすい。フィルターなんて濡れっぱなしで乾かないじゃないですか?活性炭とか案外カビが生えたりするもんなんです。(経験アリ)

活性炭入りのシャワーや浄水器は満足のいくレベルの商品を買おうとすると、わたしが購入した”バスでピュアピュア”や”浄水シャワー”に比べて結構初期投資が割高なんです。(シャワーだけで7000円overとか)

使ってみて『この商品構造的に不衛生だからやだな~』とか思っても、捨てるには惜しすぎる金額だなと思ったんですね。

その点、我が家が購入した二点は初期投資が少なく済んだので、万一『これやだな…』と思っても諦められるかなと。

実際使ってみたら塩素がちゃんと除去できているのははっきりわかるし、構造もシンプルで手入れしやすいのでしばらくは使い続ける予定です。

コスト面の話

初期投資の話は先述の繰り返しになりますが、Amazonで購入するとシャワー本体とピュアピュア本体(各フィルター一個付き)は5000円ちょっとで済みます。(2018/10現在)

フィルターカートリッジ自体は8000ℓまで使用できるそうで、交換のめあすは1-2ヶ月程度

うちは風呂釜が小さいので一回のお湯はりは120ℓ程度なんですね。それを二日に一回交換する(貧乏人発言)為、単純計算すると四ヶ月くらいもちます。

シャワーはもっと交換時期が早いかな…?って感じですが、それでも水量を抑えているので(貧乏人発言再び)三ヶ月くらいは問題なく使っています。

別売りのフィルターカートリッジは二個セットで買うのがお得で、二個セットだと一つあたり729円で購入できます。(Amazon調べ 2018/10現在)

ちなみに、個人的にこの『バスでピュアピュア』と『浄水シャワー』はセットで使うのがおすすめです

その理由はフィルターが同じだから!

わざわざお風呂の水張り用、シャワー用と分けて購入しなくていい手軽さが好きです。ずぼらなのですよ…わたし。

大体2ヶ月に1セット交換用フィルターを買っておけば、あ!フィルター!と煩わされることなく使い続けられます。

あと一点!コストの話ばかりして申し訳ないのですが、購入はAmazonで買うのが多分ダントツで安いです。楽天なんかでも探しましたが、全然値段が違いました。

アトピー夫もお気に入り

さて、お金の話ばっかりして肝心の話をすっかり忘れそうになっていましたが、夫のアトピーはこの浄水器を導入してどうか?を最後に書かせていただきますね。

まず塩素特有のピリピリ感が無いと言っています。いつも入れたてのお風呂に入ったりすると『あー、ピリピリする』と言っていましたが、塩素濃度が一番濃くなるであろう夕方の一番風呂に入っても塩素がちゃんと除去されていると感じるみたいです。

これまで、塩素が抜けるようにとなるべく前日に水を張ったりして対策していましたが、外出して帰ってきた日に『あ!!!お風呂!!溜めるの忘れてた!!!!』なんてことがあったり。

あと、我が家は極寒の東北地方なので、溜め水を沸かすと冬は45分くらいかかるんです、お風呂沸くまでに…。蛇口ひねればお湯が出てすぐに暖かいお風呂になるのに、塩素を抜くためにわざわざ前日から冷たい水を張って、バカみたいに一時間近くお風呂が沸くのを待つ(勿論その分光熱費もかかる)のが煩わしいなと常々思っていたんです。

そういうストレスがなくなってわたしも安心だし、夫もホッとしているようです。

皮膚の状態は時期や体調によって変わるので、『この商品使ったから良くなったよ!』とは言えないです。

ただ、塩素による皮膚刺激はなくなったのは確かです。お風呂に入る負担が減りました。

少なからず、塩素たっぷりのシャワーよりはずっと安心ですし、この商品を使ったから悪化した!なんてことはありません。

というわけで、とりあえずしばらくはこのシャワー&浄水器は使い続けていく予定です。

まとめ

体質改善というのは小さいことの積み重ねなので、お風呂の水一つだけ変えたらそれで症状が劇的に改善する!というわけではありません。
 
でも、小さな積み重ねのうちの大きな一つの要素にはなると思います。
 
とにかくうちの夫はこのシャワー&浄水器のお陰で、お風呂が憂鬱ではなくなったようです。(温まると痒くなるのは変えられないんだけれど)
 
アトピーの患者さんは本当に辛い。そして、それを見ている家族も本当に辛い。うちも本当にひどい時は『何か一個でも楽になれるのなら!』と思いながら、日夜試行錯誤してきました。
 
ここに書いたことはあくまで我が家の感想であり、すべての人に当てはまるとは言えませんが、ご紹介したシャワーと浄水器は経済的な負担もそんなになくて、わりと効果がしっかり体感できるものかと思いますので、肌の症状にお悩みの方はよければ試してみてください。
 
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください