夫の酷すぎる主婦湿疹を改善させた3つの習慣

全国の主婦の皆さん。日々寒くなる今日この頃。そろそろ手が辛い時期がきますね。

かなり多くの主婦の皆さんが悩んでいるであろう『主婦湿疹』
 
実は我が家でも2年前くらいまで大きな問題でした。
 
わたしじゃなくて夫の問題なんですがね…(^^;)
 
以前『アトピーの夫が太鼓判!お手頃価格のおススメ風呂用浄水器』の中でも触れましたが、うちの夫はアトピー体質です。今はだいぶ良くなりましたが、10年ほど前に成人アトピーを発症して大変な思いをしました。
アトピーの夫が愛用!お手頃価格のおススメ風呂用浄水器
彼は体調が悪くなったり、季節の変わり目で自律神経が乱れたりすると如実に皮膚に症状がでます。秋になり乾燥が始まったために、現在絶賛粉ふきいも状態です。
 
そんな夫とわたしは家事を分担制でやっています。基本的にはわたしが家事全般を行っているのですが、お風呂掃除担当とお弁当箱&水筒洗い担当は夫。
 
わずか?これだけの水仕事で、以前は手の湿疹がヤバくて、バッキバキのパッカパカでした。
 
その凄まじさは痛々しいほどで、湿疹でかゆいだけでなく体液(浸出液)まで出る。更に酷くなりすぎて皮が厚くなり、指を曲げるとパカっと皮膚が裂けて、もう大変です。
 
夏はまだマシなんですが、冬は酷いったらありゃしない。冬の間は手が亀の甲羅のごとく硬く割れておりました。
 
ところが!!
 
この手湿疹、わたしがナチュラルな暮らしに目覚めてからあっという間になくなりました。びっくり。
 
生活の自然派化は取り立てて彼の手のためにしたわけではなくて、単に身体にいい暮らしをしただけ。
 
結果、それが手にも良かったみたいです。
 
折角こうしてブログを書いているのですから、今日は主婦湿疹改善に繋がったと思われる生活の変化を3つほど公開させていただこうかと思います。
 

家中の洗剤という洗剤を純石けんに変えた

 

一番影響が大きいだろうと想像しているのがこれ。間違いないです。

家中の洗剤を全て純石けんに変えたことです。
 
洗剤っていうのは、食器洗剤だけではありません。
 
  • シャンプー
  • 洗濯洗剤
  • 手洗い用のハンドソープ
  • 身体を洗うボディソープ
  • 歯磨き
  • トイレ用洗剤
  • 風呂洗い用洗剤
などを全て純石けんに変えました。
 

以前書いた『ナチュラル断捨離)シャンプーは危険!だから石鹸シャンプー&湯シャンに変えたが苦戦中』でも似たような話をした気がしますが、シャンプーやボディーソープ、洗濯洗剤などの合成洗剤には皮膚刺激や発ガン性などがある化学物質が含まれているものも少なくありません

ナチュラル断捨離)シャンプーは危険!だから石鹸シャンプー&湯シャンに変えたが苦戦
昔も食器用洗剤だけ変えたことはあったんですが、刺激物質だらけのハンドソープで手を洗ったり、いろいろ入っているシャンプーをつけて手で髪を洗っていたから、それでは何の意味もなかったんですね。
 

ナチュラルな暮らしに目覚めた2年前の秋、思い切って全ての合成洗剤を家から排除しました。

出来れば石けんは純石けんを

石けんの中には石けん以外の成分を含むものも沢山あります。これは注意して欲しい!
 
化粧石けんや化学合成香料入り石けんなどの添加物が入っていないものを選ぶようにした方がベターです。
 
よく『無添加と書いてあればいいの?』なんて友達に聞かれたりしますが、無添加の文字には注意。
 
無添加というのはなにかを添加してなければ何でも書けるので、実際無添加と書かれていたとていろんなものが添加されているケースが多いです。
 
めちゃくちゃ皮膚や身体に悪い成分使っていても『防腐剤』だけが入っていないだけでデカデカと『無添加』って書いてあるシャンプーとかもあります。
 

無添加って書いてあるとか、ベビー用だとか、敏感肌用だとかというのはただの広告的な謳い文句ってだけの場合も多いです。だから刺激がないとは限りません。

うちの夫も名前だけの無添加石けんを使うとあっという間に手が荒れます。彼の肌はものすごい正直。

無添加ワードに誤魔化されることなく、本物の無添加石鹸を選ぶ必要があります。

 
必ず裏書きをみて成分表示を確認し、きちんと『石けん素地』のみからできているものを選ぶようにするといいかと思います。
 

 

これはうちで使っているシャボン玉せっけんの裏書きです。

成分が石けん素地のみ!ハイパーシンプル。

 

ミヨシ石けん公式サイト:無添加ほんとうの話1

 

手や顔、身体に塗る保湿剤やクリームなども見直ししてみて

 

 

美容を謳っている化粧品やハンドクリームなどには、実は皮膚刺激のある成分が含まれているものが多々あります。

一流メーカーの商品やオーガニック系でブランドのもの、医薬品にも含まれているのでびっくり。時々お店で『えー?』と叫んじゃったり。
 
化粧品会社からしたら『毒性の検査がされた皮膚刺激の少ないものを使っていますから!』と言いたいでしょう。
 
けど、健康なマウスの皮膚に塗って『わずかに皮膚が赤くなったマウスが数匹いた程度だから刺激が少ないよ!』という結論=手湿疹のような皮膚疾患のある人がぬっても刺激ない!と思ってしまうのはちょっと違う気がする
 
かなり多くのクスリやクリームの基材に使われている『ワセリン』にだって反応して痒くなる人がいるくらいですし。(うちの家族は全員これ)
 
更に、『発ガン性が認められたけど皮膚に塗っても刺激は殆どないからオッケー!』なんて成分なんかも多々ハンドクリームなんかに含まれていますが、それってどうなのと?
 
幾ら有効成分がたっぷり含まれていても、肌を傷めたり、発ガン性があったりする成分がそれ以上に入っていたら何の意味もないんじゃないかな?と思うのです。
 
便利な合成化学物質が増えた世の中だからこそ大事なのは、何がどれだけ入っているかという『足し算の考え』ではなく、どれだけ有害なものが入っていないかという引き算の考え』だと思うんです。
 
 
化粧水やクリーム類などの基礎化粧品を一切辞めて、一切何にも家に置かなくしました。
 
どうしても保湿が欲しい時は植物性のグリセリンをミネラルウォーターに溶いた化粧水を作るか、オーガニックホホバオイルにオーガニックアロマオイルを混ぜたものをつけるかのどちらかだけ。正直これらもほぼ使わず。
 
殆ど何もしていないにも関わらず、乾燥マックスの冬でも夫の主婦湿疹は再発しないので、昔一生懸命にに塗っていた合成クリームが役に立っていなかったことだけは確か
 
先に書いた合成洗剤の排除とか、なるべく無添加の保湿剤に切り替えるとか、そういう『要らないものを減らす行動』の方が、肌に効果があると言われる成分を塗るよりずっと効果があったというのが我が家の経験談です。
 
正直わたしのやり方はかなり極端で、一般的な価値観からするとトンデモ的に見える暮らしぶりです。ちゃんと認識してます(笑)
 
いきなり全てを排除することは極端な話ですが、普段自分の使っているものがどんな成分からできていて、それはどんな目的のために使われているのかをちょっと考えることは今日から出来ることです。
 
そして、これからお金を払って買うその化粧品やクリームは、果たしてお金を払い使う価値が本当にあるのか?を一歩引いた目で考えるだけでも全然違うと思います。
 

良いと言われる市販の商品を試してもなかなか良くならない!という方は、ぜひ一度刺激を減らす『引き算の肌ケア』を試してみて欲しいです。

手湿疹が辛い時は食洗機

 

食洗機を導入したのは手湿疹のへの負担を減らしてくれた大きな要因と思います。

台所での水仕事の量が減れば、物理的に皮膚への刺激も減りますよね。
 
うちはたまたま四年半前に人から食洗機のお古を頂いたんです。
 

食洗機ってキレイに洗えなそうだし…とずっと嫌煙していたんです。
ところがどっこい!ものすごく綺麗になる~!油汚れとかは手洗いよりもずっとピカピカに!!こりゃいい!と大喜びで使うようになりました。

夫もお弁当や水筒を洗う機会がが減り、比例して手への負担が減りました。

この頃はまだ普通に合成洗剤を使っていた頃なんですが、食洗機を使い始めたことで夫の湿疹はだいぶ改善が見られました。
 
完全になくなったわけではなくて、湿疹の範囲が狭くなった感じ。
 
彼の手を毎日まじまじ見て研究していたわたしの個人的な感想なんですが、一度出来てしまった湿疹には食洗機が一番だと思います。
 
一方、これまでに書いてきた『合成洗剤の除去』や『保湿&化粧品の見直し』は主婦湿疹を発生させないことに効果がある感じ。
 
一度湿疹ができてしまうと、例え石けんや低刺激の保湿をしたとしても治癒にはそれなりに時間がかかります。(石けんだってお湯だって、荒れた肌には刺激になるもんね)
 
酷い主婦湿疹の状態を一気に改善させるのは、刺激になる『水仕事をしない』が一番の対応策
 

ですので、湿疹が酷い時は食洗機は本当におススメです。

まとめ

話は夫から少しそれるのですが、わたしの親友も去年主婦湿疹に悩まされていました。
 
病院に行ってステロイドをもらい塗れば一時的に治るものの、辞めればすぐに元どおりといういたちごっこを二、三ヶ月続けていたみたいです。
 
彼女はうちのパパがアトピーだということを思い出して、わたしに何か良い方法はないか?と相談してきました。
 
彼女は『シャンプーは辞めたくないし、洗濯も普通の洗剤じゃないとできない…』と言っていたので、せめて食器用洗剤と手を洗うハンドソープ、身体を洗うボディソープだけでも完全な無添加の石けんに変えるように勧めました。
 
すると、一か月経過しないうちに手は元どおりに!
 
普段、何気なく使って暮らしているものから想像以上に刺激を受けてるんだなということが、彼女のケースからよくわかりました。
 
よくよく考えると、現代人は人類史上最も”清潔や保湿”を求めてますよね。
 
その分、食器洗剤、ハンドソープ、シャンプー、掃除用品、化粧品、消毒液など、びっくりするほど手は洗剤や化学的な刺激物に触れているってわけです。
 
その度に刺激のあるものに触れていれば、皮膚のバリアは低下していくのもうなずけます。うんうん。
 
自分の皮膚に触れるもののいくつかを刺激の少ないものに変えていく、無害なものに変えていくだけでも蓄積すれば大きな変化になるはずです。
 

生活を総とっかえしなくっても、できることするだけで十分身体は治癒して行くことは絶対可能だと思います。

手肌に優しい暮らしは身体にも優しいはずなので、手のためにしたことが想像もしないような良い健康変化をもたらす可能性だってあります。(うちの場合は逆だったけれど)

 

つらーい手湿疹・主婦湿疹に苦しむ方が一人でも減りますように!!!

というわけで、短いですが我が家の主婦湿疹体験談でした。

 

6 COMMENTS

まさよ

はじめまして。
主婦湿疹で検索してたどり着きました。
主婦湿疹は3~4年になります。
親友さんはシャンプーも換えられたのでしょうか?
わたしは食洗機使用、シャンプーは石鹸系のもでもダメ。ボディソープも無添加でしたが、純石けんではなかったので昨日から換えました。
掃除の時は綿手袋+ゴム手袋をしてるので、素手で洗剤をさわるのはお風呂だけになります。
もう何をやっても…で途方にくれています。
親友さんのシャンプーが気になったのでコメントさせていただきました。m(._.*)m

返信する
JADE

まさよさん
コメントありがとうございます。
長い間主婦湿疹に悩まれているとのことで…さぞかしお辛いのでは?と思います。
親友はシャンプーは変えていませんでした。
彼女はあまり真面目性格ではない(いい方がわるいですが)ため、シャンプーはごく一般的なものを使っていました。
この記事では書かなかった主婦湿疹に悩んでいる友達は、塗っていたクリーム(ステロイド)を辞め、手に触れるものを純石鹸のみに変えた所すっと良くなったと言っていました。
まさよさんほど長く主婦湿疹に悩まされている子達ではなかったので、石けん製品等に変えただけでぐっとよくなったのだと思います。
逆にうちの夫は洗剤一つ変わるだけですぐにジュクジュクに逆戻りです。
彼の場合は元がアトピー体質なので、アトピーっぽさが再燃してくると(免疫力が落ちてくると)石けんでもダメな時はあります。(そういう時は石けんすらつかわない)
皮膚症状として出ていても、実は身体の奥深くとつながっているんだな…と強く感じさせられます。
恐らくわたしがブログで紹介したことはすべてやられていて、それでもなかなか改善せずにいられるんだろうと思います。
何も助けになることが言えずに本当に申し訳ないです。

返信する
まさよ

お返事ありがとうございます。うれしいです。
右手のみの主婦湿疹ですが、検索して良いと書かれてたものは試しては元通りもしくは悪化。

カウブランドの無添加シャンプーは頭皮があれてだめで普通の石鹸シャンプーは軋みに耐えられないのでシャンプーは今のままでいこうと思います。
arauの無添加ボディソープを使っていましたが、手の乾燥がハンパなかったけど、純石けんはそこまで酷くならなかったので期待大です。
こちらのブログで純石けんを知れてよかったです。

返信する
JADE

まさよさん
カウブランドのシャンプーはわたしもダメです。石鹸シャンプーはかなり難しいので、手が元気な時でないと厳しいと思います。石鹸も洗浄力は高いので、油分がかなり失われるはずです。
純石鹸も原料が何かでかなり使い心地が違ってきます。アラウはおそらく植物性の安い油脂を使っているはず(おそらく)なので、結構洗い上がりが乾燥するはずです。文中に紹介したシャボン玉石鹸の固形商品は、成分中に確か牛脂?が入っていて、洗い上がりがアラウ等に比べるとしっとりと仕上がると思います。
純石鹸も結構原料によってかなり保湿具合が変わるので、色々チェックしてみてください^_^
余談ですが、今日たまたま知り合いと電話をしていたら、10年間治らなかった足首の湿疹が乳酸菌による保湿等を行ったらぐっと良くなったという話を聞きました。患部をヨーグルトの上澄みでパックしたり、乳酸菌配合の入浴剤を入れたお風呂に根気よく入ってたそうです^_^
常在菌のバランスの悪さが湿疹に繋がるという理屈を考えれば理にかなってるなぁと思いました。
必ずきくという保証はないので、話半分くらいで聞いて貰えたらと思いながらも、たまたまのタイミングだったので余談してしまいました。
わたしも18の時から肩に湿疹を20年近く抱えていましたが、去年本気で完治させて笑 今は辛さ知らずです。どんな長い湿疹でも必ず良くなるキッカケはあると思うので、どうか諦めず良くなられてください(^^)

返信する
まさよ

お返事ありがとうございます。
昨日から保湿してないですが痒みなくなりました!
カサカサごわごわ落屑、それから見た目エグいのは慣れてるんで^^;
乳酸菌、カルピスのサプリを試したことがあるんですがいまいちで。。。
入浴剤も乳酸菌入りのがあるんですね!
そして20年来の湿疹が治ったんですね!すごい!!原因解明されたんですか?
私事ですが、主婦湿疹は閉経からの更年期によるもの?と疑ってて
エストロゲン増やしたら治るかな~とか  
今は純石けんと脱保湿で様子みてみます。なにもケアしなくていいって楽ちん♪
いろいろ塗っててもすぐかわいて落屑だらけになってたし
いろいろありがとうございました^^

JADE

少しでもいい変化の兆しが見えたということでよかったです。
わたしの場合元々は受験のストレスと接触性皮膚炎だったんですけど、そこからずーっと掻いて掻いて我慢できなかったために20年湿疹が存在し続けていました。
やったこととしてはとにかく掻かないように…というか、掻けないようにして、かゆく辛いのを3週間全く掻かないで(かけないようにして)すごしただけでした。
更年期で痒みが出る方沢山おられるとはわたしもわずかばかり存じ上げています。
ホルモンて本当に厄介ですよね~~~(涙)
純石鹸と脱保湿で少し変化があればと思います。
とにかく良くなられてストレスフリーになられること、わたしも切に願っております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください