真面目な人は損をする そんな人生から脱却したいアナタへ

 

真面目と言われ続けて20年。絶賛真面目記録更新中のアラフォーJADEです。こんにちは。

ここ何年もあるひとつの疑問を抱いていました。それは…

やっぱり、真面目=損する世の中なのか?ってこと。

真面目故に貧乏くじをひいたり…

 
他人から『真面目だからねー』と半ば馬鹿にされる様な目で見られたり…
 
『もっと緩く行かなきゃダメだよ~』なんて諭されたり…
 

真面目な人よ、そんな経験ありませんか?

 
努力は必ず報われるって言葉もあるくらいだし、頑張ってまっすぐ進んで行ったら幸せが待っていると信じて頑張ってんのに…
え?真面目に努力しても、なんか、、いいことなんていっこもなくね?!?と。
 
わたしマジで憤りを感じて生きています。ハイ。
 
いつか、このフラストレーションを大声で叫びたい!と思って過ごしてきたこと十数年間…
 
今日は、長年の心に溜まったモヤモヤを従えて、あれこれ語りたい!

 

ゆえに『真面目人間による、真面目人間の為の主張』を真面目に書き綴っていこうと思います。(真面目って何回言うんだよオレ)

真面目に生きろって学校で教えられたけど正解じゃないの?

 

物心着いた頃から真面目=良い、不真面目=悪いと教育された記憶があるんですが、あれはなんだったんでしょうか?

昔は一生懸命頑張っている人は褒められて、ちゃんとしていない人は親や先生から怒られましたよね?確か。
 
規律を守り、他人に思いやりを持ち、やるべきことをしっかりやる人間が正義だと信じ込んでその道を突き進んできたつもりです。
 
が!どういうわけか中学くらいから真面目をからかわれ大人になると真面目を馬鹿にされるようになりました。
 
なぜじゃ!?
 
中学や高校の頃は真面目なことを評価してくれる大人はそれなりにいましたが、大人になって人間の輪に加わるとなんでか『JADEちゃんは真面目だからね~』とか言いながらちょっと小馬鹿にした態度の扱いを受けることもしばしば。
 

ある頃から『真面目って正解じゃないのか?わたしはダメ人間なのか?』と真面目であることがコンプレックスになり始めました。

真面目は損する社会?努力は報われる?

 

元AKB48の高橋みなみちゃんも『努力は必ず報われる』と総選挙で言っていましたよね。

 
でも、三十数年生きてきましたが、真面目な努力家で良かった~と思った経験はぶっちゃけ個人的にあんまりないっす。
 
受験とか勉強とかそういうシーンの時には自分のために性格が役立ちますが、こと人間関係とかになると真面目というのはかーなり損します。
 
例えば、連帯責任を問われる時。自分は真面目に頑張っているのに他の人は喋って何もしないなんてことは日常茶飯事。結局時間が来てハイ終了。ノルマが終わらずに自分までもが怒られるなんて経験は、片手じゃ数え切れないです。
 
人に助けを求められて一生懸命手伝っているのに、わたしが困っているときは知らんぷりして皆帰っちゃうとか…。
 
真面目な人って結局都合いい人なだけじゃない?

多分、今までの人生で『真面目に努力して報われたパターン』が20%だとすると、残りの80%は『自分の真面目な性格を呪いたくなるような損した経験』です。
 
結構理不尽な勝率。とほほ。
 
だから、わたしの個人的な意見は真面目な人は損をするが正解だと思ってる
 
こういうことを感じながら生きている真面目人間はわたしだけじゃなくて、結構周りに居る多くの真面目な知人が同じことを言っています。
 
もしこの記事を読んでいるあなたが真面目な方なら、多少なりとも理解していただけるんじゃないかと…。同胞よ…

 

真面目な人は結局真面目を辞められない

 

自分含めこれまで関わってきた多くの真面目人間は、どれだけ歳をとっても根本は真面目のままです。

 
中学高校では地味だったのに…随分ド派手な見た目になったな~って知人も、中身は依然クソ真面目。
 
一生懸命真摯に生きていても損することが続いて、『もう真面目に生きるのやめよう』って思った経験ありませんか?
 
ほんで、真面目をやめようとする。いい加減になろうとする。
 
が、真面目人間は『いい加減になるために努力する』必要がある。
 
よし!頑張っていい加減な人間になろう!って気合入れて、不真面目を目指さなければならないんですよ。
 
適当になろうと必死になるって、もうその時点で真面目。(泣)
 
というのは、真面目な人は真面目な状態が本来の姿なので、手をぬこうとか気をぬこうとするとそれが努力とか忍耐になるパターンが多い。
 
『うまくやろうと思ったのに、また真面目な性格が出て傷ついちゃった』なんてことがしばしば。
 
楽になろうと不真面目を目指すのに、それがかえって自分を苦しめたりします。
 
多分、真逆の人からすると意味わからないですよね?
 
でも本当なんです。なんて悲しい性なんだ…。おんおん…

 

 

気楽に行きなよは真面目人間にはNGワード

 

気楽な人が真面目になるのに努力を必要とするのと同じで、真面目な人が気楽になろうとするのには努力が必要です。

 
よく『真面目だからね~。もうちょっと気楽に行ったほうがいいよ。というアドバイスする人がいますが、これは先述の理由で逆効果に働くことも少なくない
 
結構な確率で『それができないから辛いのよ…』と真面目な人を追い込むことになります。
 
もし部下や家族、自分の周りにいる人が悩んでいて、もう少し気を抜いたほうがいいんじゃないの?と思ってアドバイスをするのであれば、相手にとってうまくできない『気楽にいけよ』という言葉を投げかけるよりも、飲みに誘って楽しく過ごすとか、くだらないことを言って笑わすことのほうがずっと効果的です。
 
『真面目な人にとっては不真面目が一番高いハードル』だということを理解してあげてください。
 
そして、気楽にしろ!と言われるもそれが出来ないで悩んでる人よ。それは普通です。大丈夫。悩む必要なし!

真面目な人には長所がいっぱいあるんだよ

皆さんは真面目な人の良いところをあげてくださいと言われたら何と答えますか?

 
わたしが真面目な友達に対してどんな長所を感じるか?と問われたら
 
✔︎ 信頼できる
✔︎ 裏切らない
✔︎ ちゃんとギブアンドテイクができる
 
を真っ先に挙げると思います。
 
信頼できるとか、裏切らないは説明しなくてもわかるかと思いますが、三つ目の『ギブアンドテイクができる』っていうのはちょっと意味がわからないですかね。
 
単純にいうと、常識的な付き合いができるってことです。
 
例えば、貸したものはちゃんと返してくれるみたいな小さなことから、人の恩を忘れない義理堅さみたいなものまで。様々です。
 
最近の日本人が希薄になりがちなところを無くさず、大切にしているのは真面目な人の良いところだと思います。
 
だけど、真面目な人程その希少さに気づいていません。
 
真面目な人が持つ素晴らしい所は本人の認識度が低いのに、真面目だからこそ損した経験や傷ついた経験ばかりが本人の中で大きく膨れ上がって、自己の価値を見出せない傾向にあります。
 
しかし、もし皆さんが自分の伴侶や仲間、親友に『真面目な努力家』と『不真面目でいい加減な人』のどちらか一人だけ選べと言われたら、大方の人は真面目な人を選ぶんじゃないでしょうか?
 
真面目か不真面目、本来社会的道徳の観念から見たら正解はどっちですか?と問われたら、みんなが真面目を選ぶんでは?
 
やっぱりどんなに損したって真面目は長所なんです。
 
退屈だとか、融通が効かないとか、堅苦しいとか、ノリが悪いとか、散々言われたいことを言われ、貧乏くじ引きまくったって、ちゃんと真面目ならではの長所はあるってことを、周りもだけれど本人があえて理解して愛してやらないとならない。
 
じゃないと、損した経験ばっかり膨らんで、真面目な自分の性格に苦しむ羽目になりますから。

周りの人をじっくり観察してみよう

 

損をしすぎてもはや自分の性格を呪いたくなっている真面目な人は、自分の周りにいる真面目な人をよく観察してみましょう。

 
そして、真面目じゃない人もよく観察してみましょう。
 
はて、あなたはどちらの人に尊敬の念を抱きますか?
 
どちらの人に物事を相談したいですか?
 
何か困った時に、どちらの人に助けを求めますか?
 
日本社会や科学の発展に貢献しているのはどっちの人ですか?
 
そういう風に周りを見回してみた時に、自分に似た人と真逆の人、どちらの人間に属したいかをよく考えてみてほしい。
 
そうすれば、自然と自分の価値がわかると思います。
 

本当の自分に嘘をついて得するなら、真面目で損した方が楽

 

『あの人は自分より適当にやってるのに、世渡りが上手くて羨ましい』とか『適当に出来る人は気楽で羨ましい』と真面目さんなら一度は思ったことがあるはず。

 
損しない不真面目な人みたいになりたくて、そんな人を目指しちゃったり。
 
が!聞いてもいいか!?真面目リアン達よ!
 
君は適当に物事をやり過ごして、ぐっすり眠れますか?気になって気になって仕方ないんじゃないか?
 
他人に仕事や責任をなすりつけて知らん顔して、その夜はうまい飯が食えるか?いやいや、罪悪感で食欲も失せるんじゃないかい?
 
自分のやるべきことを人任せにして、手柄だけ横取りできるか?そんなことしたらバチ当たりそうで怖くないか?
 
そうなんですよ。
 
結局、真面目な人間が損することや傷つくことを恐れて不真面目に振舞っても、本質の真面目さがそれを良しとはしてくれないんですよ。
 
腐っても真面目は真面目。
 
真不面目にして損しない&傷つかないようにしようとしても落ち着かないのなら、損してでも自分らしく真面目でいた方がずっと生きやすいって訳なんです。
 
かくいうわたしも最近までこのことに気づかなくて、なんでも『まぁいっかー』と適当に物事を終わらせることができる気楽な人になろうと努力してました。
 
が、5年経っても10年経っても、物事をまぁいっかーなんて思ってやり過ごせる日は一向にきませんでした。
 
たまに自分の意思に反して手を抜いたり先延ばしにしてみたりもしましたが、罪悪感に襲われて心穏やかにはいられないんですね。
 
結局、そんな自分は長続きしないのが当たり前です。何度も挫折しては挑戦するを繰り返して、結局『損してもわたしのままでいる方が気楽だ』という事にようやく気づきました。
 
今でも沢山真面目故の貧乏くじを引いていますが、『これが自分だからしょーがないし』と思えるようになりました。
 

真面目で得したって思えるくらい人から評価されるのは難しい

 

 

『一生懸命やってるのに、ちゃんと評価されない』っていう不満は真面目に努力している人ならみんな持ったことがあるはず。

が!多分それを望んでいても一生叶わないと思います。
 
だってさ、多分真面目な人の努力や積み上げと同じ量の評価だったりお返しを他人に求めるのは難しいでしょう。きっとすんごい量だもの。
 
他の人が頑張ってるつもりでも全然追いつかないくらい真面目だから、他人から『真面目だね』って言われる訳ですから。
 
真面目な人が満足するような評価や経験は、それを超える真面目な人にしか与えてあげられないんじゃないでしょうか?
 
その大変さがきちんとわかる人にしか、その人の努力の真の意味をわかる人なんていない。
 
そんな人がなかなかいないから『あんたは真面目だから』みたいな一言でみんな片付ける。
 
こうなるともう外からの評価で満足することを夢見て生きていたら、寿命がいくらあっても足りなくなってしまうのです。
 
イコール、大事なのは自己評価ってこと。
 
『真面目で良かった』とか『真面目な自分が好き』って自分で満足していかないと、どんなに待っていたって『真面目な人間は損する』のまま終わってしまうのです。
 
評価されないことに悶々と悩んで自己否定するくらいなら、そのエネルギーを真面目な自分を好きになることに回したほうが何倍も効率的なはず。

 

真面目で頑張り屋の自分を、これでもかってくらい愛してやりましょう!

まとめ

 

真面目真面目と連呼する長い記事にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

 
ここまで読んでくださったのは、きっとあなたが真面目極まりない人だからでしょう。
 
実はこの記事を書こうと思ったのはわたしのお友達から聞いた愚痴?がきっかけです。
 
彼女は『踏みつけられるマットみたいな毎日』と泣きながら電話をかけてきました。
 
人の良さや真面目さにつけ込まれて?他人の仕事までやる羽目になったとか、夜中の2時まで家事をして家族にお弁当持たせてるのに、家族は『ありがとう』も言わずに当たり前だと思っているとか。(たまに調子が悪くて手を抜くと文句言われるそうです…。)
 
そんな毎日の中で一番辛いのは、もう辞めたい!って思っているのに、辞められないことなんだそう。
 
それは環境が許さないんじゃなくて、真面目な自分の性格がそれを許さないからなんだそうです。
 
辛くても逃げ出さない、嫌だからって投げ出さない。すごい強さです。
 
彼女は真面目な自分が嫌だと言っていますが、側から見れば素晴らしい人間性じゃないですか?
 
胸を張って、人に自慢して歩ける長所なのに、本人は苦しんでる。
 
そんな姿を見て『真面目について真面目に考えてみよう』と思ったのです。
 
わたしがここで何を書いたところで、彼女の生活や苦しみは変わらないし、わかったようなことを言っているだけかもしれません。
 
でも、黙っていても世界は変わらない。
 
だから、このパッションを感じた今の瞬間にアウトプットしてしまおうと思いました。
 
この記事を読んだ誰か一人でも『悩んでるのは自分だけじゃないんだなって思ってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。
 
『被害者ヅラしてムカつく』と思う方もいるかもしれない。
 
どんな受け取り方でも構わないので、自分の真面目な性格や周りの真面目な人の置かれてる状況に、少しだけ違った目を向けてくれたら、きっと『真面目な人は損をする』って社会がちょっとだけ損をしなくなる世の中に変わると思っています。
 
真面目だからいい、不真面目だからいい、なんてことはなくて、結局みんな同じ人間。
 
誰もが、自分らしく生き生き生活して、どこかで同じだ結果苦しんだり悲しんだりしているんだと思います。
 
自分の性格は個性。時に長所になり、短所にもなりうる。
 
ならば、どんな人も自分や他人の人間の本質の長所に目を向ければ、きっと世界はもっと生きやすい場所に変わるのではないかなと思います。
 

わたしもまだ手探りではありますが、真面目さ自分らしさを大事にしながら、『真面目な性格で良かった〜』と心から自分を好きになれるように努力していきますよ!!

全国の真面目君たちよ、ともに頑張ろう!!!

2 COMMENTS

マナミ

初めまして。コメント失礼致します。この記事を拝見させて頂いて、なんだか救われた気持ちになりました。真面目であることはやはり頑張ってもやめられないので、ありのままの自分に自信をつけて頑張って生きていきたいと思います。
ステキな記事をありがとうございました。

返信する
JADE

マナミさん>お返事が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
素敵なコメントをありがとうございます!そのお優しさにわたしも救われました!
ブログを書いてきてよかったなと思えた瞬間になりました。本当にありがとうございます!
真面目を辞めるというのは本当に難しいですよね…。
一生懸命に頑張っている自分を否定してけなすより、そんな自分を慈しみいたわってあげる方が何倍も救われるのでは?と思います。
結局人生の中で「真面目であることを嫌だな~」と思って生きるのも、「真面目で損するけどわたしは頑張ってる!偉い!」と思って生きるのも、同じ時間なんですよね。
わたしも散々悩んで自分を変えようとしましたができず、むしろ開き直って「それが自分だもん」と割り切ってしまえるようになった後の方が楽に生きられるようになりました。
それでもなお「もうやだ!真面目で損する!」と落ち込むことはありますが…。
せめてマナミさんだけでもマナミさんの最高の理解者で、一番愛してくれる人間であってもいいと思います!
お互いしんどいことは多々ありますが、良くも悪くも自分であり続けましょうぞ♪
本当に素敵なコメントありがとうございました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください