体調不良・痩せない・命の危険?糖質制限でえらい目にあった経験談

 

痩せたい痩せたい、全然痩せない…。年々痩せることが難しくなり、若き日の激やせしていた自分はどこに?な感じのアラフォーJADEです。こんにちは。

『ダイエットといえば糖質制限』と誰もが思い浮かべるほど、糖質制限が近年かなりポピュラーになりましたね。

わたしは数年前にダイエット目的ではない理由で糖質制限をしていました。期間にすると数週間です。

が!!!著しく体調を崩して大変危険な状態になった…という大変な経験をしました。

そんな大事になってまで糖質制限をしたのにも関わらず、痩せもしておりません。泣

むしろ太りました。ガーン…

今日は糖質制限でわたしの身に起こったことを赤裸々に語っていきたいと思います。

糖質制限で体調不良に悩まれている方などは、自分のケースと比較しながらちょっぴり参考にしていただければ幸いです。

お医者さんの指導のもと糖質制限を始める

 

数年前に病気を発症したことをきっかけに『オーソモレキュラー』という栄養療法を指導する病院に通いはじめました。

薬では改善することができなかった症状でも栄養療法をして治っている人が沢山居るとの噂を聞いて、遠路はるばる2時間かけて県外の専門病院に通っていました。

オーソモレキュラーの栄養療法は大きく分けると二つ。

一つは自分の血液検査の結果を参考にしながら不足している栄養素をサプリメントなどで補ってやること。(タンパク質やミネラル、ビタミン類など)

もう一つは糖質制限の食事指導です。

オーソモレキュラーについては下の関連記事内でも触れているので、よければそちらも併せてお読みになられてください。
 

というわけで、わたしはきちんとしたお医者さん指導の元、本格的な糖質制限を行っていました

病院で指導されていた糖質制限はとてもストイックなもので、お菓子やパン、ごはんなどの炭水化物はもちろん、カボチャなどの甘みのあるような野菜もNG!

基本的にはタンパク質と野菜、海藻類などのみで、糖質を多く含むものは完全に除去するようにとのことでした。

『ごはん食べてもいいけれど、一週間に一口までね』なんていう恐ろしく厳しい指導。

それまで甘いものやパン、麺類が大好きだったわたしからすると地獄のような生活でしたが、『病気を治すためにも糖質制限が必要だ』とお医者さんに言われたので、病院の指導の通りに一生懸命頑張っておりました。

 

糖質制限を始めてすぐに異変が起き始める

 
糖質制限を始めてすぐ、本当に2~3日位しか経っていない頃から、体に異変を感じるようになりました
 
病院指導のまんまの食生活をしていたのですが、どうもおかしい?
 
『食べても食べても満腹にならず、手が震えて力が湧かない』状態。
 
常に飢餓感がして、お腹が減って仕方がない。三食の食事をしっかり食べても、常にエネルギー切れ状態。
 
補食にた食べろと言われていたチーズやスルメ、ナッツなどを一日中食べて、吐き気がするほどお腹には食べ物があるのに、それでも空腹感が治まらないのです。
 
『あまりにおかしい…これは糖質制限が原因なのでは?』と疑い始めたわたしは病院に電話をかけて相談しました。
 
しかし、先生の答えは『糖質制限とは別の原因で具合が悪いだけなのでは?』『わたしだって糖質制限しているけど全然大丈夫なんだから、糖質制限が原因な訳はない』というもの。
 
具合が悪いと訴えているのに『糖質がなくてさみしいと思うのなら、一日に一回軽く茶碗に一杯五分付き米を食べてもいいです』と、あたかもわたしが糖質がなくて口さみしいと言っているかのような言い方でご飯を軽く食べても良いと許可してくれました。

 

頑張って数週間続けるも依然体調不良で体重が5キロ増える

 
茶碗に一杯の五分付き米を食べることを許可されたわたしは、一日に一回だけ茶碗に一杯のご飯を取り入れながら糖質制限を続けていました。
 
それでも依然体調不良。
 
『糖質制限は慣れるまでが辛い』とか『糖代謝からケトン体回路に切り替わるまで一時的に体調不良になる』とかインターネットで散々情報を調べて、慣れるまでの辛抱だと必死に耐えていました。
 
お米が食べられる一食を食べた後だけは体調が回復するも、糖質を制限した他の2回の食事の時間は相変わらずの恐ろしい空腹感と飢餓感…
 
お腹が減ったら食べても良いと言われたチーズやナッツなどを年中貪り食う状態も変わりませんでした。
 
気づけば体重は急激に増え、5キロも増。たった数週間でです。
 
その間に何度も病院に相談の電話をかけましたが、相変わらず『持病が悪化しているだけなんじゃないか?』みたいな返事しか貰えず…。
 
糖質制限始めてからこんな風になったんです!と言っても『気のせいじゃないの?』と受け流され続けました。
 
その上『五キロも体重が増えているのはちょっと飛ばしすぎだから、食べる量減らしてね~』なんてダイエットも強制。
 
こんなに食べても体がエネルギーを欲している感じがしてるのに、さらに食べる量を減らすなんて…私はどうなっちゃうの?とかなり不安に思っていたのを今でも鮮明に覚えています。
 

地元の病院で低血糖を指摘されて即糖質制限禁止に

 
 
食べても食べてもフラフラで具合がどんどん悪くなる状態が長く続き、栄養指導の病院にはしっかりと自分の状況を把握してもらえない。
 
そんな状況が続き心身ともに限界に達したわたしは、地元の知り合いが営む内科に相談に行きました。
 
祖母の代からの知り合いで長く付き合いがあるおじいちゃん先生。
 
『久しぶり~』なんて言いながら、わたしの話を細かいことまで丁寧に聞いて一生懸命相談に乗ってくれました。
 
先生は一通り話を聞き終わるとすぐに看護婦さんを呼び寄せて、わたしの血糖値を測るように指示。
 
わたしの血糖値見るなり、それまでニコニコ笑っていたおじいちゃん先生は急に真面目な顔になり、わたしの手を取り言いました。
 
『血糖値がとても低い…。今の食事法をすぐにやめないと大変なことになるぞ』

糖質制限をすると危険な体質があることを知る

 
ここから先の話をする前に、糖質制限がなぜ痩せるのか?のメカニズムについてざっくりと解説させてください。
 
それを説明しないと、なぜわたしが糖質制限で体調不良になったのかが分かりづらいので…。
 
知っている方は読み飛ばしてくださって構いません。
 

糖質制限のメカニズム

本来身体のエネルギー源は糖質・脂質・タンパク質の三大栄養素です。
 
人間は糖質⇒脂質⇒タンパク質の順にエネルギーとして利用していきます。
 
まず第一は糖質。食事からの糖質が少なくなれば脂質、さらにタンパク質と、エネルギー源を自然にシフトしていくというシステムをわたしたちは持っています。
 
糖質制限をすると糖が入ってこなくなるので、自然と体は脂肪エネルギーを使う『ケトン体回路』という回路に身体のエネルギーシステムを変化させます。
 

このため、体脂肪がどんどん減っていきます。糖質さえ取らなければ、幾ら食べても痩せるという現象はこのメカニズムによって引き起こされます。

これを利用したダイエットが『糖質制限ダイエット』

今や多くの人がダイエット方法として取り入れています。

 
(※ここでご紹介した説明はかなりざっくりと省略しています。詳しく糖質制限についてお知りになりたい方の為に、詳しい関連サイトをリンクしておきます。)
 

なぜ私は体調が悪くなったのか?

 
 
みんなが普通にできるはずの糖質制限をして、なぜわたしだけがこんなに具合が悪くなったのか?
 
その理由は『本来備えられたシステム回路の変更がうまくできない体質だった』からです。
 
先述で説明した通り、普通なら糖質を食べなくても自然と脂肪酸エネルギーにエネルギー源をシフトしていけるのです。
 
ところが、私の場合はエネルギー源を変えるのが苦手な?体質だった為に恐ろしいまでの体調不良や体重増加に繋がってしまったのです。
 
恐らく普通の生活の中で聞いたことが無いと思いますが、世の中には”長鎖脂肪酸代謝異常症”という代謝異常の難病があります。
 
この病気は3万4000人に一人という割合で見つかる非常に稀な先天性疾患で、遺伝子異常が関係しています。
 
長鎖脂肪酸代謝異常症というのは、身体のエネルギー源が糖質に依存していて、上手く体脂肪をエネルギーに利用することができない体質のことをいいます。(本当はもっと医学的に細かい説明や別の症状もありますが、ここではわかりやすく割愛)
 
長鎖脂肪酸代謝異常症の患者さんは、糖質以外でエネルギー源を補給できないので、糖質制限をすると深刻な低血糖になって、最悪命の危険につながります
 
わたしに糖質制限を辞めるようにいったおじいちゃん先生は、わたしがこの長鎖脂肪酸代謝異常症患者であるのではないか?と疑っていました。
 
内科の先生として糖尿病治療に知識が深かった彼は、長鎖脂肪酸代謝異常についてもあれこれ知っており、わたしの話と症状から当てはまるところがあると言っていました。
 
結果としてわたしは長鎖脂肪酸代謝異常ではなかったのですが、後に別の専門病院に相談したところ、特殊な検査の結果からわたしの体質は長鎖脂肪酸代謝異常にちょっとだけ似た(原因が違う)体質だということがわかりました
 
病的ではないんだけれど、普通の人よりは脂肪代謝がうまくできない傾向にあるみたいです。
 
その為、糖質制限をして低血糖が続き、具合が悪くなり、脂肪の代謝が出来ずに体重が増えてしまったんですね…。もしあの時おじいちゃん先生のところに行かず、糖質制限を信じて続けていたら、もっと深刻な事態になっていたかもしれません。

 

難病情報センター:長鎖脂肪酸代謝異常症

わたしの場合は幸い病的な代謝異常ではなかったのですが、実はこの長鎖脂肪酸代謝異常症だと分からずに生きているであろう人が沢山いるのではないか?という話を医療機関で聞きました。

長鎖脂肪酸代謝異常症の方は、無症状な人もとても多いそうです。

昔みたいな食糧難などがない現代では、常に糖質がコンスタントに摂れるため、代謝異常があっても症状が出ることが少ないんだとか。

以前、糖質制限と激しい運動を並行して行っていた若い女性が、突然急死したというニュースを見ました。彼女もこの長鎖脂肪酸代謝異常だったということですが、本人はずっと気づかずに生活していた様です。(を貼ろうと思いましたが、残念ながらニュース記事を見つけることができませんでした。)

 

自分の経験を通して思うこと

 

全ての人に当てはまるわけではありませんが、『糖質制限で危険に陥る特異体質の人が居る』ということは糖質制限を行う前にしっかりと知っておくべきだと思います。

そして、糖質制限をして少しでも異常があった場合は、すぐに知識があるお医者さんに相談することも大事だと思います。

糖質制限の利点やダイエット効果ばかりがひとり歩きしていて、こういう希少なケースについては全く触れていない書籍・WEB情報がとにかく多い。

誰もが簡単に糖質制限を始められる一方、知らず知らずの間にリスクにさらされる危険もあるのです。

少し話は前後してしまうのですが、実は最初に行った糖質制限指導の病院で、すでにわたしが『糖質制限に向かないタイプ』だということがわかる特殊な検査をしていました。

当の先生の勧めで、自分の体質や腸内環境、ビタミンの代謝、脳内の伝達物質など様々なことがわかる最先端の検査を受けていて、その検査項目の中にしっかりと脂肪代謝が普通の人より苦手な体質だということは示されていたんです。

しかし、先生はその結果を軽視していました。

とにかく糖質制限は効果があるとか、糖質制限はみんなやっているけど問題ないという理由だけで、目の前にあるわたしの個性を無視して厳しい食事制限を指導しました。

そして、具合が悪くなった。専門家の指導下で行っていても、こういう落とし穴を見抜けない場合があるのです。

おじいちゃん先生の診断の後、とある専門病院で自分の体質を知ったと先述しましたが、その専門病院の先生がわたしの体質を見極める材料に使ったものは、先ほど出てきた『最初の病院でした最先端検査の結果』でした。

同じ検査結果を見て、専門知識のある先生はちゃんと原因を見つけてくれたのです。

最初にわたしに糖質制限を勧めたお医者さんを非難する気は毛頭ありません。

医者は万能じゃないとおじいちゃん先生も言っていましたが、誰もが間違いや経験不足をするのです。仕方ない。

結局何が言いたいのか?というと、やはり自分の体感や直感は大事にしたほうがいいということ。

医者が、本が、ネットが言うんだから間違いないはず!という頭での考え方じゃなくて、自分の体がどう反応しているか?を一番大事にしなきゃならないと思います。

これは、糖質制限に限らずどんなことでも、とても大切なことです。

自分の身体の一番の理解者は自分だということを絶対に忘れてはいけない。これはわたしが糖質制限を通して最も学んだ教訓です。

最近疑問視されている糖質制限の危険性

 

少し前に『糖質制限は老化を早めることがわかった』という内容を大々的にニュースで報道しているのを見ました。

東北大学の大学院で行われたマウスの実験から、『炭水化物を減らした食事を長期間続けると、老化が早く進み寿命が短くなる』という結果が得られたということです。

このニュースは大きく世間を騒がせ、糖質制限推奨派の医師からは反発の声が続々挙がっています。

これまでも、心臓疾患や脳疾患のリスクなどを危険視する意見がちょこちょこ聞こるなど、他分野の医師からは大なり小なり疑問視する声があがっていたりもしました。

いかなる意見に対しても、糖質制限推奨派のお医者さんたちは『やり方さえ間違えなければ糖質制限は安全で有効』という反論をする。

結局『糖質制限は安全なのか?危険なのか?』という論争の結論ははっきりしていません。

どの主張を支持するかはわたしたちのの決断に任されるものでしかないのです。

糖質制限がいい、菜食主義だ、少食断食、洋食が長生きする…こんな食事療法論争が世間にはゴロゴロ転がっています。

そのどれもが主張を正しいと良い、相反する主張を『科学的根拠に乏しい』と非難します。そして、自らの主張を裏付けるエビデンスを見せてきます。

でも、なぜか反対意見にも科学的な裏付けが存在する。

結局、何が正しくて何が間違っているのかが全くわからない。

そういう健康情報過多の世の中で、一番大事なことは情報の受け取り手が『自分の身体の声をしっかりと聞くこと』なんじゃないかなと思います。

まとめ

 
一つ断っておきますが、わたしは糖質制限を否定する気はありません。
 
糖尿病の患者さんや機能性低血糖症の患者さんなど、糖質制限で健康を取り戻していらっしゃる方は沢山いるのは事実です。
 
ただ、自分の身に起こったことも紛れもない事実で、それは誰にも変えることはできません。
 
どんなことも万能ではないと言いたいのです。ひとつの価値観や考え、やり方が全ての人に有効に働くわけではないということを伝えたかったのです。
 
どんなに勉強をしているお医者さんでも、人類の多種多様な体質を全て網羅して理解することはできないはずです。
 
勿論、お医者さんはわたしたちが知らない知識を沢山持ち、多くの人の命を救っていらっしゃいます。
 
ただ、それでも、自分に起こる異変は自分にしか察知できないことは忘れてはならないと思います。
 
人体の全てが科学や医学によって解明されているわけではないのですから。
 
是非、これをお読みくださった皆さんは、繊細に客観性を持って、安全で健康的な食事療法を行ってください。
 
お読みいただきありがとうございました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください