ミツギロンのバスポンプが壊れた!交換用部品を購入したよ!

 

皆さんのおうちでは『バスポンプ』お使いですか?

お風呂の残り湯を洗濯機にうぃーんって入れるアレです。

我が家はド貧乏(笑)なのでこのバスポンプは必須品!お風呂の残り湯は必ず洗濯に使っています。

うちで使わせていただいているのはミツギロン社”ポッドベリー”という商品。(詳しい商品の紹介は後述していきますね)

大活役のこのバスポンプ。実は、買って一年くらいで壊れて先日交換部品を購入しました。

まあ、こんな話はよくあることですよね?

じゃあなんでわざわざブログに書くのか?って言うと、購入の際に気になった疑問があったから&その疑問を解消したからです。

商品の説明書きや商品レビューでは見当たらない情報だったので、同じ状況になられた誰かの役に立つかな?と思って、今日は一記事書かせていただこうと思いました。

よろしければお付き合いください~。

我が家で使っているミツギロンのポッドベリー

 

写真ごちゃごちゃでごめんなさい。上手くまとめられなかった(汗)

冒頭でのお伝えしたとおり、我が家で使わせていただいているのはこのミツギロン社さんが発売している”ポッドベリー”という商品。

実はこの商品を買う前、同じミツギロンさんの”湯ポポン”というバスポンプを利用していました。↓これ。

なぜポッドベリーに変えたのか?というと、湯ポポンの方はタイマー機能がついていないからです。

風呂水を入れている最中にうっかり他のことに気を取られて「目を離した隙に水が溢れた!!!」という大失敗を何回もしでかしたので、”湯ポポン”が壊れた時に少しだけ奮発してタイマー機能がついたポッドベリーに買い換えました。

1000円代の湯ポポンに比べるとポッドベリーは2倍くらいのお値段がした気がします。確か3000円程度で購入した覚えが…。

ん?今回はポッドベリーの部品交換についての記事なのに、この情報(買い替えの話)要るのか?って?

いやいや奥さん要るんですYO!後から、この情報は関係してくるので、申し訳ありませんがもうしばしお付き合いくださいませませ。

話をポッドベリーに戻しましょうぞ。

多少高かったポッドベリーではありますが、狙った通りタイマー機能がついているのは正解だったと思いました。

タイマーをセットして給水するので、洗濯機から水を溢れさせることがなくなりました~!イェイ。

給排水のパワーはポッドベリーと湯ポポンどちらも変わりなく、蛇口を大きく開いた時くらいの水量を吸い上げ排出することができるので、使い勝手よく大変重宝しています。

ポッドベリーが壊れた!!!!

 
そんなお役立ちのポッドベリー様でしたが、購入して一年ちょっとで突然動かなくなりました。がびーん(←古い)
 

 

どうやらこのお風呂の水を吸い上げるポンプのコンセント?ケーブル?が接触不良になっているみたい…。

技術者の夫の手も借りてあれこれ試してみたけれど、どうにもこうにも治すことが出来ず。

保証の期間はとっくに切れていたので、諦めて新しいのを買うことにしました。

最初は「ポッドベリー一式を全部買い直さなきゃならないのかな~?」とかなり残念に思っていたんですが、なんとこんなものを発見!

交換用のスペアポンプが売っているのですよ!!ありがたやありがたや!なんとまあかゆいところに手が届く会社なんだ?ミツギロンさん!

ちなみにこちらの商品、わたしが発見した時はAmazonで1700円ちょっとでした。

よしよしこれを注文しよう!と思った時に、実はわたくしある疑問が湧きました…。

湯ポポン用の交換用ポンプの方が安いけど使えないかな?

そう、さっきわざわざ湯ポポンの話を引っ張り出してきた理由はここにあったんですね。
 
以前使っていた『湯ポポン』
 
正直ポッドベリーとの違いは『タイマーの有無』と『本体色』だけで、その他の構造は同じにしか見えないんです。
 
ほんで、湯ポポンにも交換用のスペアポンプが用意されているんですけれど、こちらのほうが600円くらい安いという。当時1100円くらいだったかな?
『これ、使えんじゃないの…?』と貧乏根性もとい節約精神を発揮したわたし。

代用出来るか?を一生懸命ネットで探したんです。同じ疑問を抱いた強者が数人いたようですが、使えるか使えないかの有力な情報は手に入れられず…。

でも、絶対同じなんですよ。どうみても、全く構造一緒。

同じ構造で色違うだけで600円は随分と大きくないですか?

だから『イチかバチか買って、使ってみようか…?』とも思ったんですけど、公式の情報が見つけられないし、万一使えなかった時に後悔したくなかったので、結局おとなしくポッドベリーのスペアポンプを買うことにしました。

やっぱり対応していないみたい

 
実際おうちに届いたスペアポンプの箱を見て、ようやく疑問が解消されました。
 
今回買った交換用ポンプは『ポッドベリーシリーズ』と『湯とり姫』というシリーズの数商品にのみ対応していますという表記が箱にちーちゃくちーちゃく書いてありました。
 
やっぱダメなのね…(笑)そうよね…(笑)じゃなきゃ、専用スペアポンプをそれぞれ作らないよね。(そりゃそう)
 
ちなみに後日、湯ポポン用のスペアポンプをホームセンターで発見したので、そちらの箱書もよーく読んで見ましたが、こちらも『湯ポポン(♪10)シリーズ』のみに対応とのことでした。
 
貧乏根性丸出しで強引なことをしなくてよかった…ホ
 
というわけで皆さんも、『もしかして代用出来るかも!?』と思ったとしても、ぐっと節約心を抑えて正式に対応しているものを購入しましょう。
 
ちなみにわたしはスペアポンプの交換になりましたが、ホースや本体(電源部分)のスペアは販売されていませんので、そちらが壊れた際は新品を購入する他無いようです。
 

まとめ

 
600円が惜しいからって強引なことをしてはいけないといういい教訓になりました(笑)ハイ。
 
無理はせずに専用商品を買いましょう。(←当たり前)
 
ちなみにポンプを交換した我が家のポッドベリーは今朝もグングンと残り湯を吸っておられます。ありがたやありがたや。
 
壊れたとき用に消耗品があらかじめスペアで用意されているのは本当に助かりました。
 
というわけで、強引なJADEの失敗未遂談義でございました(爆)
 
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください