ディズニーオフィシャルホテルとパートナーホテルの駐車料金を一律比較してみた

皆さんはディズニー旅行に行く際、どのような交通手段で行きますか?

うちはわたしと子供の二人なら新幹線orバス。夫も連れ立っての家族旅行となると自動車での移動がメインです。

もうすぐクリスマスディズニーに行く予定の我が家。今回はパパも一緒の家族ディズニー旅行になります。つまり、車でGO!の予定です。

車でのディズニー旅行の際に気になるのがホテルの駐車料金!

折角お部屋が格安でとれても、ホテルによっては駐車料金がものすごく高くついたりしますよね?(経験談有り)

そんなわけで、今回は我が家がよく利用する『ディズニーオフィシャルホテル』と『ディズニーパートナーホテル』の駐車料金を比較してみようと思います。

実際比べてみたらかなりの金額差があることにびっくりしてしまいましたよ!

宜しければホテル選びの際の参考にしてみてください♪

比較するホテル群と二つのプラン

ディズニーオフィシャルホテルとパートナーホテル一覧

今回駐車料金を比較するのはこれらのホテル群になります。
✔オフィシャルホテル
・ヒルトン東京ベイ
・ホテルオークラ東京ベイ
・シェラトン・グランデ・東京ベイ
・東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート
・東京ベイ舞浜ホテル
・サンルートプラザ
✔パートナーホテル
・オリエンタルホテル東京ベイ
・三井ガーデンホテル プラナ東京ベイ
・浦安ブライトンホテル東京ベイ
・ホテルエミオン東京ベイ
いずれも東京ディズニーリゾートのオフィシャル&パートナーホテルです。

二つの駐車プランで料金計算して比較

今回駐車料金を比較検討するにあたって、タイプ別の二つの一泊駐車プランを考え、実際にそれらのプランだといくらホテルの駐車料金がかかるのか?を計算してみました。

プランA
<早朝到着、一日目に大満喫2Daysプラン>
一日目朝5時ホテル到着 翌日昼15時ホテル出発
プランB
<夕方到着、翌日たっぷり遊ぶ2Daysプラン>
一日目午後16時ホテル到着 翌日夜20時ホテル出発
プランAは早朝の朝5時にホテルの駐車場に入庫し、開園から丸一日ディズニーを楽しむ人向けに考えました。翌日は少し早めの出発で15時にホテルを出ます。

一方のプランBはスターライトやアフター6などを利用して遅めにパークに入る人向けのプランです。午後16時にホテルに到着して閉園まで遊び、翌日も少し遅くまでパークに残る感じです。(←我が家はよくこのプランで行く)

駐車時間はプランAが34時間、プランBが28時間と、Bのが六時間ほど短いことになります

オフィシャルホテルの駐車料金

(↑大きな画像をご覧になられたい方は画像をクリックすると拡大できるようになるかと思います。)
 
オフィシャルホテルの駐車料金は一見するとどこも似たような感じに見えますが、計算してみると結構違います。

もしかすると計算間違いや、公式サイトに載っていない特別の対応などがあるかもしれませんので、あくまで参考程度にご覧になってみてください。

プランA(早朝到着タイプ)ではヒルトン東京ベイが最も安く3100円という破格の値段で駐車できることがわかります。

逆にプランAで最も高くつくのがサンルートプラザ東京の6700円という結果でした。

最安のヒルトンと最高値のサンルートでは3600円もの差があります。

比較的オフィシャルホテルの中ではお手頃価格で宿泊できるサンルートプラザですが、駐車料金が高くつくとは盲点でした!

室料が3600円未満の差額であれば、ヒルトンに泊まったほうが安く済むというわけです。

一方Bプランの方は最高値と最安値が1400円程度とAほどの差はありません。

こちらもヒルトンが最安値の5400円、次いでクラブリゾートが5500円という金額です最高値はベイ舞浜ホテルの6800円。最高と最安値の差額は1400円です。

オフィシャルホテルの中ではヒルトンが最も駐車料金が安いということが分かりました。

ちなみにディズニーリゾート各パークの駐車場は

普通車(全長5メートル未満) 平日:2500円 土日祝日:3000円
大型車(全長5メートル以上) 平日:4500円 土日祝日:5000円

になっています。

曜日によって、車種によっては二日目はパークの駐車場に移動した方が安く済むケースもあるかと思います。(オークラ、シェラトン、ベイ舞浜ホテルで二日目普通車を長時間止める場合などがこれに該当するかな?)

オフィシャルホテルの場合ホテルからパークへの直結バスが出ていないので、基本的にパークへの移動がディズニーリゾートラインになります。(ただしサンルートプラザのみディズニーランド行きのバスがある)

つまり、宿泊料、駐車料金の他にリゾートライン代も必要になるというわけです。

例えば我が家のケースですが、大人二人の中学生一人で二日間四回(各日往復)リゾートラインに乗った場合、リゾートラインの切符代だけで3120円になります。(高い!)

パークへの移動にかかる金額も計算に入れて考えると、更に二日目はパークの駐車場に移動させたほうがいいケースが増えてくると思います。(家族が多い方は特に)

パートナーホテルの駐車料金

(↑大きな画像をご覧になられたい方は画像をクリックすると拡大できるようになるかと思います。)
 
オフィシャルホテルに比べると少し金額設定が変わってくるパートナーホテルの駐車場。
 
こちらももしかすると計算間違いや、公式サイトに載っていない特別の対応などがあるかもしれませんので、あくまで参考程度にご覧になってみてくださいね。
 
実際、我が家が宿泊検討しているホテルエミオンに電話して聞いたところ、公式サイトには書いてない情報を口頭で伝えられました。
 
というわけで、あくまでここでご紹介しているのは公式情報に基づく計算になります。
 
早朝到着のAプランはブライトンホテルが最も安い2500円というお値段になりました。安い!
 
一方、二日目ゆっくりのBプランはエミオンと三井ガーデンホテルプラナさんが強い

この二つのホテルはAプランも最安値とほとんど差がないので、個人的にはとてもお勧めです。

パートナーホテルの良いところはシー・ランド共に直通のシャトルバスが運行されていることです。(無料)

オフィシャルホテルに比べるとリゾートライン代が浮くので金額の差が大きいです。

パークまで15~20分と結構かかるように思えますが、オフィシャルホテルからバスに乗りベイサイドステーションまで行って、そこからリゾートラインに乗っても多分そのくらいはかかると思うので、時間的に見たら変わらないと思います。

駐車料金もリゾートライン代も大幅に削減できるので、節約を考えると個人的にはパートナーホテル押しですね~。うん!

まとめ

 
これまで何度かディズニー旅行に行ったことがありますが、駐車料金についてはあまり深く考えたことがありませんでした。
 
いつも旅行サイトで室料とお風呂のタイプ(笑)だけ見て、安いところを予約するパターン。
 
当日ホテルについて思った以上に駐車場代金がかかり、さんざんパークでお金を散財したあとに『げ!!!』っと頭が真っ白になる…という経験が何度もあります。
 
我が家はあと一週間くらいでディズニーリゾートに遊びに行くんですが、今回初めて本気で駐車料金を比較してみえ『こんなに違いがあるのか!?』とかなりびっくりしました。
 
せっかく最安のホテルを予約しても、駐車料金が高いんじゃ意味ないですよね。
 
その分の差額で朝食付きのプランにできたり、お土産が多く変えたり、ワンランク上のホテルに泊まったり…出来ることの幅が広がると思います。
 
たかが駐車料金、されど駐車料金!!!!!
 
是非是非皆さんがお車でディズニー旅行される場合は、駐車料金も計算材料の一つにしっかり入れて、最もお得で充実した宿泊プランを選んでみてください♪
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください