【ネタバレ&感想】あいのりAsianJourneyシーズン2第10話『音楽のチカラ』(2019/1/3)

 

今日は2019年最初の木曜日。ということは…?

そう、あいのり Asian Journey(アジアンジャーニー)シーズン2の配信日です~。

前回のお話の最後はユウちゃんとみゃんまーがカップルになり帰国しました。

今週は二人の新メンバーを迎えて、気持ち新たに旅がスタートしますね。

現在のところ、ラブワゴン内では”でっぱりん→英クン””モア→トム”の二本の恋の矢印が飛び交っていますが、新メンバーの登場にこの恋模様には何か変化が生まれるのでしょうか?

また、でっぱりん大暴れの末にサナギと化してしまったトムもそろそろ脱皮して元気になるのか?ということもとても気になりますね。

そんなこんなのあいのり。新年最初のネタバレ&感想記事行ってみましょう~♪

この記事の続き第11話の感想はこちら↓

先週までのネタバレ記事はこちら↓

尚、この記事はネタバレ内容を含みます。ネタバレを希望されない方はここでSTOP願います!ネタバレOKという方のみ、この先にお進みくださいませませ。

↓初月無料:あいのりが先取りで見られるFOD ↓

ウズベキスタンで新たなメンバーと合流

 

みゃんまー&ユウちゃんカップルと別れたメンバーは、それまで旅していたネパールを離れ新たな国”ウズベキスタン”へと向かいます。

中央アジアに位置するウズベキスタン。かつてシルクロードを中心に栄えたこの国で、ラブワゴンの次の旅が始まります。

ネパールで金庫番をしていたユウちゃんが帰国しため、今回の国ではDr.モリモリが金庫番を担当することに。

頭が良い、お医者さんと言う職業、甘いルックスの三つを備えた完璧男のモリモリ。

日本ではそれはそれはモテモテだったそうですが、あいのりの旅の中ではとにかく非モテキャラになっています。

彼自身も自分の寂しい状態をわかっているようで、そんな状況を打開すべく、彼は自ら金庫番を買って出ることにしたのです。

男性新メンバーと合流

 

ウズベキスタンのラブワゴンに乗り込み、旅を再開したメンバー達。

首都タシケントの街を走ること暫くして、メンバー達は街角に立つ男子新メンバーを発見!

例に倣って、大喜びで新メンバーの元に駆け寄る五人。

彼らを待っていたのは、東京から来た叶平川(かのうへいせん)君、通称AI

AI君は27歳の人工知能開発者で、なんと東京大学卒業の秀才君なんだそうです~。

画像引用元 https://www.ai-nori.net/member/

期待の女子メンバーも合流

 
 
東大卒の優秀な新メンバーAIを加えた六人のメンバーをのせ、ラブワゴンは更にタシケントの街を走ります。
 
スタッフからは女子メンバーの合流が伝えられ、六人のテンションはマックスに!。
 
特に色めきたつのは男子達。(そりゃそうだよね)
 
すると、彼らの目線の先にワンピースをきてラブワゴンを待つ女子の新メンバーの姿が飛び込んできました。
 
ラブワゴンを降りて皆が一目散に駆け寄ります。
 
彼らを待っていたのは愛媛県出身の桜子、26歳。
 
劇団を自ら主宰する彼女は、脚本から演出までを手がける女優の卵さん
 
 
 
おっとりした口調で丁寧に喋る大人な桜子に、男子メンバーはうっとりぎみ。
 
桜子登場に沸く男子メンバー達に、早速スタッフが彼女の第一印象を聞くと、トム&モリモリ『大人っぽくて良い』『恋に発展していきそう』と好感触を示しました。
 
特にトム。ここ数回のエピソードではサナギになったっきりで笑顔の一つもありませんでしたが、桜子さん登場に久しぶりに笑顔が浮かびます。
 
一方のモアでっぱりんはとても複雑そうな表情を浮かべています。
 
桜子さん第一印象を『あざとそう』とスタッフに話すでっぱりん
 
ラブワゴンが近寄ってくる際に桜子さんが手を振っていた様子を話に挙げて『バイバイする人はあざとい』『男はわかんないですよ。このあざとさは』と、しらけた顔をして話していました。
 
モアも桜子について『第一印象では苦手』との一言。『自分とは空気感が違う…』と、自分やでっぱりんとの異質さを感じ取ったようです。
 

既存女子メンバーVS新メンバー桜子早くも始まる

 
合流直後初めて桜子がラブワゴンに乗り込もうとすると、早くもでっぱりん&モアによる桜子へのけん制が始まりました。
 
モアの隣に乗り込もうとした桜子をでっぱりんが阻止。
 
桜子が座ろうとした席に英クンを座らせ、桜子を同じ新メンバーのAIの隣に座らせました。
 
新メンバー同士で和気藹々と話しているAIと桜子の話に聞き耳を立てるでっぱりん。彼女の耳にはこんな話が聞こえてきます。
 
桜子『昨日の夜中にホテルの部屋に電話が掛かってきて、なんだろう?と思ったらyou’re so beautiful!みたいなことを言われた』
 
AI『すごいね、ホテルマンにナンパされたってこと?』
 
桜子『そう』
 
AI『強っ』
 
桜子『めっちゃおもしろかった』
 
ナンパ体験談を話す桜子とAIの話を聞いていたひややかな顔ででっぱりんは、その日の夜スタッフに『ラブワゴンで(桜子が)AIと喋っているのを聞いて…ナンパネタを持ちかける女はなぁ~って(思った)』と本心を打ち明けます。
 
『自分の評価を上げよう的な(意味で話している)モテますアピール?』と聞くスタッフにでっぱりんは、『いや、あんね、男はバカだからわかんないんですよ。でも女は考えるから』と答えます。(←この言葉の意味するところがわたしにはよく分からなかったので、読んでいる方は伝わりにくいかと思います。)

モアとでっぱりんになじめない桜子

 

タズベキスタンの土産物店に入った七人。

可愛いお土産品を見つけたでっぱりんモアだけに声をかけ、自分の元に呼び寄せます。

仲良くはしゃぐでっぱりんとモア。

それとは対照的に暗い表情を浮かべて一人で土産物を見る桜子

何をするにもモアとでっぱりんはいつでも一緒。桜子を仲間に入れようとする気配がありません。

露骨に仲間はずれにされた桜子はその日の日記に『なんか学生時代を思い出しました。輪の中に入る、入らない…正直混乱しています。』と書き綴っていました。

モアとでっぱりんが桜子を村八分にしはじめると、桜子を気に入っていたトムやモリモリなどの男子までもがいつしか桜子と距離をとるようになりました

『自分達が桜子と仲良くしたらでっぱりんやモアがまた何か起こす(大戦的なこと)のではないか』と恐れた男子は桜子と距離をとり、でっぱりんとモアに気をつかって過ごしているというのです。(トム談)

新メンバーの歓迎会で…

 

ウズベキスタン料理の専門店で新メンバー二人の歓迎会を行うことにした7人。

ちんぷんかんぷんなロシア語がずらりと並ぶメニューを眺め、メンバー達は『何がなんだかわからない…』と完全にお手上げ状態です。

そんな中、東大卒のAIがメモ帳を取り出しウエイターの人に何かを尋ねています。

どうやらAIはラブワゴンとの合流前にロシア語を勉強し、簡単なメモを作って持参したようです。そしてメモに書いたロシア語を参考にしながら『お勧めの料理は何か?』と尋ねたんだとか。

合流したてなのに、積極的にイニシアチブをとるAI。既存メンバー達ともぐいぐいと距離を縮めて行きます。

AIの提案で『他のお客さんが食べているものを見て何が美味しそうかを考えよう』ということになったので、七人は他のお客さん達テーブルを回ります。

テーブルにのっていたビールを見つけたモリモリが、ビールのカップを指差しウエイターに向かって注文しようとしました。

すると、スタッフがすかさず止めに入ります

そう、過去二回の酒の席でとんでもない大喧嘩(でっぱりん大戦)が起こったことを鑑みたスタッフが、ケンカ勃発を阻止するためメンバーに禁酒を提案したのです。

ところが…ケンカを勃発させた当の本人であるでっぱりんは、これに納得がいきません。

お酒を禁止されたことに気分を害し、腹をたててしまいます。

そんなでっぱりんの様子を見た既存の男子メンバーに緊張が走りはじめます。

ただならない不穏な雰囲気を察した新メンバーのAIが、とある妥協案を提案しました。

AI『俺ら(AIと桜子)の歓迎会だから、ここは俺らがルールを決める。一杯だけお酒を飲んで、その後はソフトドリンクでいいじゃん』

この提案にメンバー達は笑顔が承諾。

スタッフも『決してケンカはしない』という約束でお酒を許可。

メンバーは皆で仲良くもりあがり、AIの乾杯音頭で楽しく宴が始まりました。

(ちなみに、そんなAIを見ていたでっぱりんは、その夜AIのことをスタッフに向かってこんな風に賞賛していました。

『あの人すごいですね。今まで(のメンバー)はナヨナヨ系というか… そういう(強い)人が一人おるだけで、空気ってガラッとかわる』『引っかかるといったら顔。タイプではない。』

話をメンバーの歓迎会に戻しましょう。

そんなAIが先導して注文した料理がテーブルに登場。

ウズベキスタンを代表する串料理のシャシリクが並べられると、メンバー達は『美味しそう~』と大喜びしました。

美味しい料理に舌鼓を打ちながら、ケンカもなく平穏な歓迎会が進んでいきます。

モアの歌声がある男子メンバーの心を動かす

 

そんな歓迎会を更に盛り上げるために一役買って出た人物がいました。それはモアでした。

歌手である彼女が、あいのりをテーマにして作ったオリジナルソングを披露することにしたのです。

くっきりとした目鼻立ちとナイスバディを持つ歌手のモア。でっぱりんやユウちゃんなど個性的な女子メンバーの影に隠れ(?)注目されることがありませんでしたが、実は合流直後に男子メンバーがドン引くような失敗をやらかしていた!ということが今回のエピソード内で発覚しました。

過去の恋愛について聞かれた際『高校時代は男が途切れなかった』とか『東京に上京した手の頃友達がいない寂しさで10股とかした』などと開けっぴろげで話してしまったのです。(その他にもここではかけないような下品な発言が放送されていましたが、あえてここでは自粛させていただきます)

このモアの話を聞いた男子メンバー。中でもDr.モリモリは特にモアに対して『品がない』幻滅。モアに対して距離を置くようにしていたそうです。

そんなやらかしちゃったモアには残念なことに誰一人恋の矢印を向けることがなく旅が進んできました。

モア『機材もないし、鼻歌でできたメロディと歌詞がちょっとでも伝わればなと思うんで…聞いてください』

そう言って恥ずかしそうにしながら唄い始める彼女の声に、メンバー達は手拍子をとりながら耳を傾けます。

普段話すモアの声とは違った、太く深みのある歌声。

オリジナルソングが終わると、メンバー達は拍手で感激の表情を浮かべていました。

それぞれが自分の想いでモアのオリジナルソングに聞き入る中、とある男子メンバーの胸は彼女の唄を聴いて大きく揺れ動いていました。

その男子メンバーとは…Dr.モリモリ!!!!

歓迎会の夜、スタッフの部屋を訪れてモリモリはこう話しました。

モリモリ『ぶっちゃけていいですか?』

『僕ちょっと…好きな人が出来ました

宙を仰ぎ見ながら、笑みを浮かべるモリモリ。

彼の口からあのメロディが流れ始めます。そう、モアのオリジナルソングです。

『完全に持ってかれましたねあれに』というモリモリ。

驚きを隠せないスタッフに『完全に心動かされました アレは』『マジで自分でもびっくりしてて…普通に、単純に、好きですね

迷いのない強い口調で伝えました。

 

モリモリ→モア&モア→トム恋模様は…

モリモリ、モアを誘うも…

 
モリモリが突然の恋に落ちた宣言をした翌日、ラブワゴンとメンバーはタシュケントの街の中でもとりわけカップルに人気の”ブロードウェイ通り”を散策することに。
 
いつも通り男子メンバーが女子を誘う中、恋するDr.モリモリは意中のモアを誘います。
 
『モア普通に痩せたよね、インドの時に比べると』『今日のピアスも良いね』『なんでそんな髪サラサラなの?こんな貧乏旅行で』
 
モリモリは相手を褒めちぎりながらモアの気を引こうとしますが、モアは『そんなに褒めないで~、慣れてないから』なんていいながらもモリモリの言葉をあまり本気にしません。
 
実はモアはこんなことをスタッフに向かって話していました。
 
『モリモリに関しては…(褒め言葉を)誰にでも言ってるんやろうな~みたいな。右から左に流しちゃう』
 
『でっぱりんに対する対応とか見ていても、誰にでも(同じ対応)するんかなって思う部分めっちゃあるし…一番日本では遠ざけてしまうタイプ
 
モアはモリモリに対して警戒心を抱き、どうやら壁を作っている様です。
 
モリモリが自分に好意を抱いているとはつゆもしらないそんなモアは、その日の自由行動の終わりにモリモリに対してこんな言葉をかけました。
 
『お互いがんばろう』
 
何気なくモアが言ったその言葉を聞いたモリモリはモアに好きな人がいることを悟ります。
 
『もし仮にこれが両思いだったら、お互い頑張ろうとは言わないだろうな』とスタッフに話すモリモリ。
 
彼はその後モアと行動を別にし一人になると、ベンチに横になり何やら考え込んだ様子を見せていました。
 

トムを誘うモア。楽しく過ごすも…

 
同じ日の夜、夜の遊園地にやってきたメンバー。

ここでも例によって男女がペアになって過ごす自由行動の時間が与えられました。

DR.モリモリの目の前でモアが好意を寄せるトムを誘います。(この時モリモリの表情は若干戸惑い気味)

ウォーターボールに二人で乗り込み、大はしゃぎで遊びます。

その日ホテルに戻ったモアはこんなことをスタッフに話しました。

『めっちゃ楽しかった。時間過ぎるの早っ!と思って。』『幸せなひと時でした。はは♥』

そう言うとモアは思わず顔がほころんでしまいます。

一方、モアが思いを寄せているトムも同じ夜スタッフに向かって胸の内を打ち明けていました。

トム『可愛いよなぁ。普通に振り返っただけでもカワイイ』『めっちゃ榮倉奈々に似てません?』『めっちゃ可愛いですよね、桜子

何と…トムはモアではなく、新メンバーの桜子に夢中になっていたのでした

モア⇒トム、でっぱりん⇒英クン、Dr.モリモリ⇒モア、トム⇒桜子

着々と恋が温められているラブワゴン内ではありますが、どれもこれもが一方通行の片思いばかり…

果たして、今後ラブワゴン内でカップルは成立するのでしょうか?

第10話の感想

 

今回のストーリーでは見所がいくつかあるので徐々に感想を書いていきますね。

まずはでっぱりんから。

うーん…

わたしとしては、でっぱりんがこれまで見せた姿の中で最もがっかりしましたね。今回の彼女。

世間様ではでっぱりんの大暴れが大問題化しているようですが、あれはでっぱりんなりの筋があったことを理解できたし、結果ユウちゃんが強くなって告白できたので、ある意味必要悪だったんじゃないのかな?とも思っています。(わたしはね)

しかしなあ…それよりも問題じゃないのかな?女子同士の仲間はずれって。

桜子がでっぱりんに何かをしたとかいうのなら仕方ないかな…っても思えますが、桜子はなにしたわけでもないですからね。

わたしにはよくわからないけれど、例え桜子がでっぱりんの言うとおり”男性受けを狙ってあざとく行動する女性”だったとしても、だからって女二人でグルになって意地悪してもいいというわけではない

男はわからないから騙される?というのであれば、その男はそれまでの男なんじゃないのか?

自分にとって脅威になるからと団体の力を使って誰か一人を村八分にする女性の方が、あざとく男ウケを狙う女性(あくまで、桜子がそうなのかはわからないけれど)よりもずっとずっと腹黒いんじゃないでしょうか?

男子にまで気を使わせて、女子も男子も誰ひとり桜子に声をかけない状況を生み出してしまう始末だし…。

わたしでっぱりん大好きで、彼女の気骨のあるところもポジティブに捉えていたので、今回の言動にはかなりがっかりしました。

残念だけれど、応援する気が半減してしまった…。

さて、もう一つの見所モリモリの恋!に話を移していきましょう。

いや~、いきなりきましたね。正直彼があのタイミングで恋に落ちるとは思っていませんでした。

そして、きっかけも本当に唐突で視聴者のわたしとしては『?』

唄には見えないエネルギーがあるんだな~。

でも、一生懸命相手の気をひこうとしても、女慣れしたイケメンドクターという肩書き?がそれを邪魔するんですね…。切ないじゃないの~。

メンバーは勿論、テレビを見ている視聴者ですら『この人の本心が読めない』という感じさせられてきたモリモリ。

でっぱりんなんかも幾度となく『モリモリ上辺だけ。本音がわからない』と言っていました。

そんなモリモリでしたが今回の彼の変化を見ていたら『この人が本気で泥臭い恋をするところが見れるのかも?』という期待が湧いてきました~!

完璧なイケメンドクターの不器用な恋が見れるかも!かなり楽しみです。

そして、モアとトム、桜子の三角関係も気になります。

サナギ状態だったトムに笑顔が戻ってきたのはかなりホッとしましたが、でっぱりんの桜子に対する意地悪?の件もあり、この辺も一筋縄には行かない感じですね。

うーん…でっぱりんの意地悪何とかしてください…。神様。

本音で恋をしたいと言っているでっぱりんのせいで、他の人が本音になれないじゃんよ~。

FODで地上波よりも先取りあいのりしよう!

 

FOD(フジテレビオンデマンド)では地上波より先のエピソードが配信されています。(2019/01/18現在第七話まで配信中)

FOD(フジテレビオンデマンド)はインターネットの動画配信サービスです。

あいのりテラスハウスなど人気の作品が地上波放送よりも早く公開されます

FODでは1話200ポイントの課金制であいのりAsianJourneyシーズン2が配信されています。

ポイントがゲットできる料金プランがいくつかありますが、おすすめなのはFODプレミアムに加入すること!

FODプレミアムという見放題プラン(月額888円)に加入するとあいのりに視聴使えるポイントが毎月最大で1300ポイント分貰えます

1300ポイントの内訳は…
月会員になると毎月100ポイント+8の付く日に400ポイント(×3回)=1300ポイント

このポイントを利用すれば毎月最大で6話分のあいのりを見ることができますね。(月に四話更新なので余裕~w)

プレミアムにはポイントで視聴する作品とは別に、一定料金で制限なく見られる見放題作品が数多くラインナップされています。

残念ながらあいのりAsianJourneyは見放題ではありませんが、昔のあいのりは見放題ラインナップに含まれています

一ヶ月間無料でお試し体験することもできるキャンペーンがあるそうなので、気になる方は↓のキャンペーンページをチェックされてみてください。

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】



まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

まとめ

 

二人の新メンバーが合流してがらっと雰囲気が変わったラブワゴン。

頭脳明晰で場の雰囲気を和ませることができるAI、容姿端麗で男性メンバーの目を引きつけてやまない桜子。

どちらの存在も、マンネリしてきたラブワゴン内のムードを良い方向に引っ張ってくれるスパイスになりそうです。

そんな新たな追い風を受けてウズベキスタンをかけぬけるラブワゴンでは、今後どんな恋模様が展開するでしょうか?

今後も目が離せません。

今後も続けてネタバレ&感想記事をアップしていきたいと思います。

次週ももお読みになっていただければ幸いです。

この記事の続き第11話の感想はこちら↓

先週までのネタバレ記事はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください