【ネタバレ&感想】あいのりAsianJourneyシーズン2第14話『会えない時間が愛育てるのさ』(2019/1/31)

 

みんな大好きあいのりAsianJourneyシーズン2

今週も第14話が配信されました。

Dr.モリモリとモアがカップルになり帰国した先週。

新たなメンバー二人を加えたラブワゴンは雰囲気もガラリと変わり、旅が大きく方向転換する予感がしました。

涙にくれるでっぱりんと巧みな小悪魔みゃあの、英クンを巡る三角関係は今週はどのように展開していくのでしょうか?

Are you ready?

OK! Let’s go!

尚、この記事はネタバレ内容を含みます

ネタバレを希望されない方はここでSTOP願います!ネタバレOKという方のみ、この先にお進みくださいませませ。

先週までのネタバレ記事はこちら↓
 
↓初月無料あいのりシーズンを先取りで見よう↓

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

依然塞ぎ込むでっぱりん…

 
 
カザフスタンの首都アスタナを旅しているラブワゴン。
 
ある日のお昼、メンバーは街のレストランでお昼ごはんを食べようとしていました。
 
店の外からメニューを眺め、『これたべたい~』と盛り上がっているメンバー。
 
しかし、でっぱりんはそんな7人の輪から離れてどこかに姿を消してしまいました。
 
でっぱりんの不在に気づいたAIが、心配してでっぱりんを探して歩きます。
 
AIが見つけたでっぱりんは道路のしゃがみこみ、スタッフに付き添われながら泣いていました。
 
『新メンバー入ってきてさ、誰もおらんくなってさ…』と泣きじゃくりながらスタッフに話すでっぱりん。
 
想いを寄せる英クンの態度が急変して戸惑っているところで、旅の仲間で大親友だったモアが帰国し、自分の不安な胸の内を打ち明けられる人がいなくなってしまった彼女。
 
日々ワゴンの中で塞ぎ込むことが多くなりました。
 
以前は笑顔と豪快な笑いがトレードマークだったでっぱりんでしたが、最近ではめっきり笑うこともありません。
 
メンバーとの昼食に混ざらず、その後もラブワゴンで泣き続けていた彼女の元に、AIがそっと寄り添います。
 
AIは涙するでっぱりんをしばらく静かに見守った後、でっぱりんに優しく声をかけます。
 
AI『できることある?』
 
彼の問い掛けに答えることもできず泣き続けるでっぱりん。
 
またしばらくAIはでっぱりんを見つめ『場違いなこと言っていい?泣いてる顔も可愛いねと笑いながら言いました。
 
そんなAIの言葉にでっぱりんの顔がほころびます。
 

AIが解析するでっぱりん像

その夜、ホテルの部屋では一人パソコンに向かうAIの姿がありました。
 
人が恋愛できる人工知能を開発中の彼は、実は旅を通してメンバーの人間性や恋愛感をデータ化し研究しているのです。
 
特に彼が注目しているのはでっぱりん
 
これまで出会ったことのないタイプのでっぱりんに、AIの研究意欲は止まりません。
 
彼はカメラに向かってこんな話を始めます。
 
『あの子(でっぱりん)は賢い!』
『前の国ではディレクターの井上さんといざこざがあったんですけど…。話していることは極めてロジカルで、自分が勝てそうなところだけをつまんでそこに反論していって、理論の組立が非常にうまいんですね』
 
でっぱりんの話術についてそう褒めるAIに、スタッフがこんな質問をします。
 
『これまでああいうタイプの女性と付き合ったことある?』
 
するとAIは『一回もないです』と即答。
 
さらにスタッフは『行こうと思ったことは?』と質問しますが、これにも『一回もないです』と二回目の即答。
 
AIは『思わなくないですか?』と声を上げて笑い出します。
 

AIのでっぱりん調査は継続中

 
翌日の自由時間、AIは研究対象でっぱりんを誘います。
 
ベンチに腰掛けると、AIはすぐさま『どうした?昨日さ、どうしたか聞けなかったんだけど…』と前日でっぱりんが泣いていたことについて話題にしました。
 
『新メンバーに対してそこまでの余裕がない。』
『今はどっちかっていうと喋りたくない。』
『だから、すぐにわーって(感情が溢れて泣きたく)なるし、もうずっと一人がいいって思うし…』
 
暗い顔に涙をわずかに浮かべながら、ラブワゴン内の変化に対応できないことや疲れた心について話すでっぱりん。
 
一通りでっぱりんの話を黙って聞いていたAIは、ちょっと面白い話を語り始めました
 
『役に立つかわかんないけど、一個変な話していい?』
『AIが日本でやっている最強への道』
 
突然の話題にでっぱりんの顔は少しずつほころび始めます。
 
『行きたくもない、知っている人も誰も居ない、クソつまんないパーティーにめっちゃ行くの。』
『心の筋トレをね、俺よくやってる』
 
『楽じゃん仲いい奴らとさ、普段遊んでるやつらと喋って楽しんでわいわい』
『どんなにつまんない奴らとでも、とりま楽しげに喋ることができたら、すごんじゃねーか的な発想から行くんだよね。5000円ぐらい払って。』
 
なんともAI的な話を聞いたでっぱりんは、クスクスと笑い声を上げています。
 
『で、誰とも連絡先を交換せずに、終わる前にしれっといなくなる』
『集合写真に写りたくない』
 
東大卒の秀才が見せた不思議な一面に、でっぱりんは『怖い~』『ほんとおもしろいねAI』と少し明るさを取り戻した様子で話していました。

ぐいぐいと英クンに近寄るみゃあ

 
 
ある晩、ホテルの食堂で誰かを待つ新メンバーみゃあの姿がありました。
 
彼女が呼び出したのは英クン
 
驚きの顔で彼女の隣に腰掛ける英クンに、みゃあはある物を差し出しました。
 
それはビヨフェルミン(整腸剤)とアイマスク
 
食事中いつも頭痛薬を飲んでいる英クンを気にして『頭痛薬だけ飲んでるとお腹痛くなっちゃうから…』と手渡します。
 
みゃあは用を済ませるとそそくさとその場を立ち去ります。
 
残された英クンは手に持ったアイマスクと、そこに書かれていたみゃあからのメッセージをしげしげと眺めていました。
 
”みんなのこときにかけてくれてありがとう。だけど、なんでも頼りないけどいってね。無理せずに!!”(みゃあからのメッセージ)
 

翌日もみゃあのアプローチは続く

 
翌日もみゃあは絶好調で英クンにアプローチ。
 
移動の休憩中もみゃあは英クンのそばを離れません。
 
二人で手押しゲームをしてボディタッチしてみたり、『ゲームに負けたらどっちかの言う事聞くね!』などと言いながら気さくに話し続けます。
 
そんな二人のすぐ側では、でっぱりんがぼんやりと一人で座り込んでいました。(←でっぱりんは地獄)

トムへの除霊→でっぱりんの急病

 
 
アスタナで話題のマッサージ屋さんに連れてこられた7人。
 
悪霊を追い出すというマッサージ師さんに、除霊を希望したのはトム。(なんでマッサージ店で除霊なの?(笑))
 
マッサージ台の上でパンツ一丁姿でうつぶせ寝するトムに、マッサージ師はタオルをかけます。
 
メンバーが見守る中、トムの上にかけられたタオルの上には謎のオイルがスプレーされました。
 
すると、突然マッサージ師はタオルに火をつけます。
 
トムの周囲からはメンバーの驚きの声が、タオルの下からはトムの叫び声が上がります。
 
『熱い熱い熱い熱い!!!!!!!』
 
全身を火で覆うことで悪霊を退治するという乱暴なマッサージはその後も続き、店内にはトムの熱いの叫びがこだまし続けました。

新メンバーの歓迎会ででっぱりんが救急搬送

 
新メンバーの歓迎会でカザフスタンのスタローバヤに訪れたあいのりメンバーたち。
 
スタローバヤは旧ソ連各地の料理が楽しめるカザフスタンの大衆食堂で、ビーフストロガノフなど美味しそうな料理がずらりと並んでいます。
 
歓迎会ということでこの日はビールも解禁。
 
メンバーたちが次々とアルコールを頼む中、でっぱりんは何故かビールを拒否し、なにやら背中を丸めています。
 
乾杯からスタートした歓迎会は、おいしい料理に舌鼓を打ちながら、和やかムードで進んでいきます。
 
徐々にお酒も入ってきた英クンが隣に座ったみゃあにこんな質問を投げかけました。
 
『この旅では告白したい?されたい?』
 
そんな英クンの問いかけに、みゃあはにこにこしながら『何?何?何?秘密だよ♥』とはぐらかすような返事をします。
 
そんな二人のやりとりに茶々を入れて盛り上がるメンバー(でっぱりんを除く)
 
その後もみゃあと英クンは親しげに会話を続けています。
 
歓迎会の話題は新メンバーじゅんきの過去の恋愛話へと移り変わり、みんなが彼の元彼女について質問を始めました。
 
『元彼女はどんな子なの?』と尋ねるトムに、じゅんきは『浮いた子?なんだど…』と答えます。
 
すると、少し離れた場所から聞いていた桜子『イタコ?』と目を丸くして聞き返しました。
 
そんな桜子のボケた発言に一同大笑い。歓迎会の盛り上がりは最高潮に達します。
 
しかし…皆が笑い合う中、突然でっぱりんが無言で席を立ち上がり、メンバーの元から離れて行ってしまいます
 
彼女はスタッフの元に近づくと『吐き気する…』『痛い』『マジで痛い』『…痛い…マジで痛い』『歩けない』と体調不良を訴え、そのまま店の床に倒れこむような形で寝転がってしまいます。
 
動揺するスタッフ達。
 
お店にいた地元のお客さんとスタッフに担がれながら、あいのりスタッフの車へと運ばれていきます。
 
何度も叫ぶスタッフの『救急車を!早く』という声。
 
騒然とした状況の中で、スタッフはでっぱりんを気遣い、でっぱりんは力ない声で『ありがとう…』と伝えます。
 
その後彼女は病院へと救急搬送されました。
 
医師による診断は『自律神経機能の低下』
 
長期の及ぶ貧乏で過酷な旅に、彼女の心身は悲鳴を上げていたのです。
 
ドクターストップがかかったでっぱりんは、数日の間メンバーと離れて治療に専念することになりました。

でっぱりん不在の旅が続く

 
 
 
でっぱりん不在のラブワゴンは翌日も残りのメンバーを乗せて旅が続いていました。
 
旅の長老でっぱりんが居ないワゴンの中は、いつもとは違った閑散とした雰囲気が漂います。
 
英クンのその日の日記にはこんなことが書かれていました。
 
”でっぱりんがいないラブワゴンは味影なくて、気分がのらなかった”
 
こんな胸の内の英クンや、桜子、AIの顔にはいつものような笑顔がありません。
 
しかし、たった一人、元気満々の男が…それは…トム!!(爆)
 
悪霊退治が功を奏したのか?でっぱりんがいないからか?桜子と隣同士にすわることができたからか?いつもより陽気に話し、ラブワゴンの中心となっています。
 

トム桜子に男らしさを見せようと張り切るも…

 
そんなご機嫌なトムを乗せたラブワゴンは、エメラルドグリーンに映える美しい湖バルハシ湖へと到着します。
 
ここで釣りを楽しむことにしたメンバー達、トム桜子と二人で釣りを楽しみます。
 
実はこの日釣りに来たのは、トムたっての願いがあったから。
 
しばらく前にトムはスタッフにこんな話をしていました。
 
『釣りとかできないんですか?』
『ミミズとか使うんだったら、やってあげるよ~とか(できる)ははは』
『桜子をリードしたいですね』
 
てなわけで、願いが叶ったトムは大張り切り!!!
 
が、しかし!
 
目の前で次々と魚を釣り上げる桜子に対して、トムの竿には一匹の魚も食いつきません(爆笑)
 
一個も見せ場がないまま、釣りは終了。
 
釣果は桜子が6匹、トムは0という情けない結果に…。(痛々しい…トム)
 
結局いいところを見せられなかった彼は、挽回を狙って桜子の釣った魚を調理してみんなに披露することに。
 
トムが差し出した魚料理に、桜子をはじめとしたメンバーは大感激。
 
地平線に沈む夕日を背にしながら、メンバーは屋外で食事を楽しみました。
 
食事が終わると、メンバー達はキャンプファイヤーを囲んで美しいカザフスタンの夜を堪能していましたが、トムは桜子を誘いメンバーから少し離れた場所で話をしています。
 
二人の会話からはこんな内容が聞こえてきます。
 
トム『俺、料理人目指したのも、親がほぼほぼ家にいなかったというのもあるけど~、作り置きとかしてくれるじゃん?(それが)中華かきんぴらごぼう!』
 
桜子『へーすごい二択やね』
 
話題はトムの家の作りおきの話で盛り上がっていました…(爆笑)
 
その夜トムはスタッフにこんな話をします。
 
『笑うところが見れて可愛いなって思って』
『でっぱりんは年下、モアは同い年で…そん中で現れたユリみたいな…』
『(僕としては)うまくいってると思っています』
 
恋が上手く走り出したと自信満々のトムですが、同じ夜桜子はカメラの前でこんな本音を語っていました。
 
『この人何も考えてないんだなと思った』
『可愛いんだけど…弟に見える』
 
気まずそうに唇を噛み締めながら、ちょっといたずらっぽい顔でそう話す桜子…。
 
トムの手応えも虚しく、桜子の中では恋愛心は生まれていないようです。

食べるということは命を頂くということ

 
翌日もラブワゴンには、でっぱりん不在のまま旅する6人の姿がありました。
 
ドライバーさんの知り合いアマンさんのお宅に遊びに来たメンバー達。
 
晩御飯を作るアマンさんの手伝いをすることになった6人の目の前に、一匹の羊がつれてこられました。
 
動揺するメンバー達の目の前で、生きたヤギは手足を縛られていきます。
 
怯えて震える羊を目にして、衝撃を受ける6人。
 
そんな彼らにアマンさんは『羊は食べ物だと思ってください。可愛そうだと思ってはいけません。日本の場合は魚をさばくでしょう?カザフスタンは肉なんです』と言います。
 
アマンさんや家族はカザフスタン語で祈り?を捧げると、手馴れた手つきで羊の首にナイフをたてていきます。
 
目の前で繰り広げられる羊の解体に、メンバー達は顔を凍らせながら目を向けています。
 
徐々に弱っていく羊を目にして、みゃあは耐えられずその場を離れます。
 
同じ女子メンバーの桜子は、涙を拭いながら、それでも目を逸らすことなく羊を見つめています。
 
『首は落とされているのに体は動いていたから…うわーって思ったけど…でもこれ食べるんだもんな、普段食べてるんだもんなと思ったら見なきゃと思って…』
 
そう話す桜子は、こんなことも話します。
 
『皮が剥がれたら美味しそうに見えてくるって…、自分も動物なんだなって思ったし…』
 
アマンさんを手伝い羊の身体にナイフを入れる男子メンバー達をじっと見つめながら、桜子は食べることの裏にある命の前に微動だにせずに立ち尽くしていました。
 
食べもののありがたさを改めて感じた六人は、自らの目の前で解体された羊の肉を晩ご飯にいただきます。
 
日本ではできない貴重な経験を乗り越えたメンバーは、いつも以上に感謝しながら食事を楽しみました。

居なくなって初めて気づくでっぱりんの大切さ

 
 
一方、他のメンバーから600キロ離れたところで療養するでっぱりんは、病床で英クンのことを考えていました。
 
彼女の日記にはこんな文字が書き連ねられています。
 
”今日、暇さえあれば英クンのことを考えていた。”
”『俺はでっぱりんの味方だよ』って言葉が何よりも嬉しくて、誰も私のことなんかわかってくれる人おらんって思っとったけど、英クンならわかってくれる気がした。”
”英クンに会いたいー。”

でっぱりんを避けていた英クンも…

600キロ離れたところからでっぱりんに想いを向けられた英クンも、同じ日の夜スタッフにこんな話をしていました。
 
『でっぱりんいなくて、ずっとでっぱりんのこと考えてて、やっぱワゴンの中さみしいなって思ったりとか、今何してるのかな?とか…』
 
でっぱりんから心が離れていた英クンでしたが、でっぱりんと離れたことで心境に変化が生まれたようです。
 

AIの心も動かしたでっぱりんの不在

 
更に同じ夜、ホテルには悩みながら日記を書くAIの姿がありました。
 
彼の日記を覗くと、女子三人の点数表が書き込まれていました。
 
ルックス、スタイル、思いやり、感情の大きさなどさまざなま項目が書き並べられて、それぞれの女性に点数がつけられています。
 
『判断に迷ったら、比較の軸を書いて比較しろっていうふうに生きてきたんで』
 
そう言うAIの採点では、桜子48点みゃあ37点でっぱりんは34点の点数がつけられています。(←なんかちょっと失礼だな~by女子の端くれ)
 
点数を眺めながらAIはこんな熱弁をふるいます。
 
『でっぱりん低いんですよ!』
『でっぱりんと僕価値観マジで合わないんですよ!!』
『はははっはははは』
 
話しながら大爆笑するAIでしたが、次の瞬間には考え込んだ表情に戻ると、少し間をあけて続けます。
 
『本当に合わなくて…なんだろうな…』
『まあ、それでも…なんか…これでいいんだっけ?って引っかかる何かがあって』
 
『で、…うん、いつ復帰してくれるのかな?みたいな』
 
はにかみながら点数では説明のできない感情について話すAI。
 
彼の中にはでっぱりんに対する特別な感情が芽生え始めたようです。

第14話の感想

 
 
ぎゃーーー!でっぱりーーん!!
 
ぎゃーーー!!!英クン!!!
 
ぎゃーーーーーーーーーーーーー!!!!A~I!!!!!♥
↑今の心の叫びです。

 

でっぱりん、旅から一時離脱してしましましたね。

なかなか短い番組で全てを伝えきることはできませんが、でっぱりんは相当ストレスと疲労に蝕まれていたようで…。

そりゃそうだよね、女の子がさ、来る日も来る日も長時間車に揺られて、常に人と一緒&カメラと一緒だったら、誰だって自律神経おかしくなりますわ…。

これまでのでっぱりんの行動には賛否両論あるけど、旅に真剣であることは間違いないわけで、一生懸命熱意を持っている分気を張ってたんだろうと。

でも、でっぱりんがいなくなって初めて英クンはでっぱりんの存在の大きさに気づいたわけですから、時に離れてみるもんですね。

そして私の推しメンAI!来たー!

今週はAIがいっぱい登場しておばさん満足です♡(すみません、個人的な入れ込みで書いちゃって)

理屈では抑えられない気持ちに動揺するAIいいよ~いいよ~♪

わたしの個人的な予想はAIとでっぱりんがくっつくんではなかろうか?と踏んでいる。(あえて明かさないが論拠もある)

むはははは、おもろくなってきましたな~。

これぞあいのりの醍醐味です。恋の三角関係★

そして、トムちゃん…

なんかもう、可愛いというか、痛々しいというか…。

中身のなさを好きな人に指摘されるって…、一番辛い(涙)

もう、『が…頑張れっ!』としかかける言葉もなく。

残念ながら桜子としては、のほほーんとしたトムは物足りないというか、恋愛対象にはならない御様子です。

ここからトムが『桜子!!(キリッ!!!)』みたいな性格に変わったらワンチャンあるかもしれんぞ!!!

が…がんばれトム!!!

そうそう、忘れてならないみゃあさん

いや、アラフォー女子も彼女の小悪魔テクニックには学ぶところがあります。

すごい、恋愛の才能ってやっぱあるんだな。

何気ない一言、何気ない所作、何気ないタッチ、なんともスムーズに男性との距離を詰めていきます。

しかも、わざとじゃない。本当に。

彼女は何度も言えない男性の心をくすぐるであろう言動を、極々普通にしているんですね。達人!

年々おっさん化が進むおばさんからしたら、羨ましいったらないっす。

一度でいいからあんな素振りをしてみてーよ。

おっと、こういう時は『してみた~い』って言ったほうがいいっすか?みゃあ先生?

みゃあ先生って、シャー専用みたいだな…(話が飛んで行きすぎ)

 

FODで地上波よりも先取りあいのりしよう!

FOD(フジテレビオンデマンド)では地上波より先のエピソードが配信されています。(2019/01/18現在第七話まで配信中)

FOD(フジテレビオンデマンド)はインターネットの動画配信サービスです。

あいのりテラスハウスなど人気の作品が地上波放送よりも早く公開されます

FODでは1話200ポイントの課金制であいのりAsianJourneyシーズン2が配信されています。

ポイントがゲットできる料金プランがいくつかありますが、おすすめなのはFODプレミアムに加入すること!

FODプレミアムという見放題プラン(月額888円)に加入するとあいのりに視聴使えるポイントが毎月最大で1300ポイント分貰えます

1300ポイントの内訳は…
月会員になると毎月100ポイント+8の付く日に400ポイント(×3回)=1300ポイント

このポイントを利用すれば毎月最大で6話分のあいのりを見ることができますね。(月に四話更新なので余裕~w)

プレミアムにはポイントで視聴する作品とは別に、一定料金で制限なく見られる見放題作品が数多くラインナップされています。

残念ながらあいのりAsianJourneyは見放題ではありませんが、昔のあいのりは見放題ラインナップに含まれています

一ヶ月間無料でお試し体験することもできるキャンペーンがあるそうなので、気になる方は↓のキャンペーンページをチェックされてみてください。

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

まとめ

 

今週も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

波乱と緊張、ドキドキワクワクにあふれた第14話でしたね。

来週、でっぱりんはカムバックすることができるのか?

そして、でっぱりんと英クン、AI、みゃあの複雑な恋模様はどのような結末を迎えるのか?

もーーーーーーーーーーー!!!!!目が離せません!

今後も当ブログでは『あいのりAsianJourney2』のネタバレ&感想記事をアップしていきます。

よろしければ来週以降も続けてご覧になられてください。

この記事の続きは↓こちら
【ネタバレ&感想】あいのりAsianJourneyシーズン2第15話『笑顔』(2019/2/7)

先週までのネタバレ記事はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください