香る柔軟剤 強い匂いは体調不良の原因かも?本当の香りのオシャレとは?

香りのオシャレ

近年良く目にするこの言葉。

最近では長時間持続するより強い匂いを求めた柔軟剤などが人気を博しています。

食器用洗剤、洗濯洗剤、トイレの芳香剤、シャンプー、リンスなどなど、現代のわたしたちの暮らしの中には香りが強く密接しています。

花、石鹸、柑橘など色々な匂いがついてるこれらの商品ですが、実はそのほとんどが偽物の香りから出来ていることをご存知ですか?

そして、これらの偽物の匂いが、気づかないところで体調不良の原因になっている場合があるのです。

今日はそんな最近流行りの『香りのオシャレ』の裏側を少し語っていきたいと思います。

バラの匂いはバラからはできていない

可憐な女性を思わせる薔薇… 人気香りの一つです。

実は流行りの柔軟剤や洗剤、食器洗剤などなどに含まれている薔薇の匂い成分(香料)のほとんどは薔薇からはできていません。

ていうか、薔薇だけに限らず…安価な商品に含まれている多くの香りは原材料と香りが同じものでないものがほとんどです。

じゃあ、何から出来てるの?というと、似た香りがする物質を組み合わせて作られているんですね。

安価な香料の原料と作り方

折角なので、私たちが普段身の回りでお世話になっている香料が何なのか?をざーっくりと説明していきましょう。

香料というのは大きく分けると二つの種類があります。

まず一つは合成香料。

合成香料とは”人為的に作られた香り”という意味

この合成香料の中には、天然成分由来のものと石油系原料由来のものがあります。

天然成分由来というのは、自然のものから特定の香り成分(物質)を取り出したもの

冒頭に出てきた薔薇の香りには、『薔薇に似た香り成分を持つ安価な植物』から抽出された香料が使われています。(例、ゼラニウムなど)

一方、石油系原料由来の香料というのは、その名の通り石油から出来た原料から作られた香料です

元は石油ですが、加工技術や組み合わせをあれこれ工夫すると、人間の嗅覚をうまく刺激し『薔薇をかいでるようだ』と錯覚させるわけです。

今はやりの香りが続く柔軟剤なんかに使われているのは、殆どがこの石油原料由来の合成香料。

香水や芳香剤などにも使われています。

というのは、商品を開発する側としては石油由来の合成の香料の方が使い勝手が良いから。

石油由来の香料は天然由来の合成香料に比べて、香りが持続するし安定性があるからです。

だから、ものすごーーーく皮肉でおおざっぱな言い方をすると、お洒落だと思って身にまとっている香りは石油の匂いなんですね。

うーん…それっておしゃれなんだろうか?

植物から作られた本物の匂い 天然香料

わたしは『香料が何たるか?』を詳しく知る前は、薔薇は薔薇から、レモンはレモンから、ラベンダーはラベンダーから抽出された香りだけだとばかり思っていました。

だから、自分が『良い匂い♡』と思って嗅いでいたものが、実は石油製品の香りだったと知ったときはいささかショックでした。

じゃあ、天然の原料をつかった原料そのものの本物の匂いがする香料は無いの?と色々調べたところ、ちゃーんとありましたよ。

そういう匂い=原料の香料は天然香料と呼ばれています。

本物の動植物から蒸留・圧搾などにより抽出された素材そのものの香りです。

天然香料で良く知られるところでは、アロマテラピーに使われる精油があります。

これは紛れもない本物の香りが使われています。

しかし、一瓶のアロマ精油を作ろうとしたら、それはそれは大量の植物が必要になるので先述の合成香料に比べて大変高価です。

普段わたしたちがスーパーやドラッグストアで見かける様な柔軟剤や洗剤等のほとんどは天然香料が使われていません。

あれだけの香りがするものを本物の精油を使って作ったら、とてもじゃないけれど数百円の値段で販売することができないからです。

最近注目されている『強い匂いによる体調不良』

実は最近、キツイ匂いが原因で体調不良になっている人がいるのをご存知でしょうか?

頭痛、吐き気、めまいなどのよくある症状から、ひどい場合は化学物質過敏症という病気まで、香りが原因で引き起こされています。

原因になっているのは、殆どが最初に出てきた合成香料。(本当に症状がひどい人は天然香料や自然の木の香りですら具合が悪くなる人もいます)

安価な石油原料が大量に入れられた『匂いの強い柔軟剤』が流行りだした陰で、香りの為に学校に行けなくなってしまった子供たち・働きにいけない女性・原因不明の不調で悩む人々が沢山いるのです。

参考 柔軟剤のニオイで不調に、退職まで…「香害」という新たな公害DIAMONDO online 参考 「化学物質過敏症」を知っていますか?TBSラジオ

香りによる体調不良は特別な人にだけ起こるわけではありません。
不調に悩む人々はそれまではなんでもなく暮らしていた人ばかり。
年齢も性別も職種も様々な人が、ある日突然具合が悪くなり始め、長く続く不調と付き合わなくてはならなくなったのです。

自分は大丈夫~と思っていても、ある日突然香りによる体調不良を引き起こす可能性もあります。

自分だけでありません。自分の大切な家族、友達、恋人が、一本の洗濯製品・フレグランス製品によって健康被害を起こす可能性があるのです。

もしかすると、今すでに体調不良に苦しんでいらっしゃる方は、気づかないだけで『香りのオシャレ』がその原因かもしれません。

匂い・香りのお洒落とは何なのか?

皆さんは『良い匂いって何ですか?』と聞かれたらどう答えますか?

わたしは淹れたてのコーヒーから立ちあがる香り、剥きたてのフルーツの匂い、赤ちゃんの柔らかな香り、冬の朝の香り、満開の桜からふんわり香る匂いなんかが思い浮かびます。

わたしたちの生活の中には、特別な合成香料を使わなくても素敵な香りが溢れています。

本当に心地が良くて皆を幸せにする香りというのは、そういう日常の自然から生まれる本物の香りであって、石油から出来た不自然な香りではないのではないかな?と思います。

誤解していただきたくはないのですが、わたしは『合成香料を使った製品を使うのがNG!悪だ!辞めろ!』と言いたいわけではありません。

わたし自身も今の自分になるまでは、香りのついた洗剤や柔軟剤を喜んで使用していた時期もありましたから。

ただ、強い香りの柔軟剤が人気になる一方で、それが理由で苦しむ人々を知った時『本当の香りのオシャレって何なんだろう?』と考えるようになりました。

偽物の匂いをぷんぷんさせることが本当のお洒落さんなんだろうか?と。
自分の知らないところで人に迷惑をかけたり、気が付かない間に家族の健康を脅かしたりしているものが、本当のオシャレなんだろうか?と。

素敵な女性というのはパリジェンヌみたいに、さりげない気遣いができて、シンプルで、洗練されたものに身を包む人な気がします。

最後に

話はすこし本筋からそれる様な気がしますが、今回この記事を書こうと思ったのは、わたしの大切な友人が記事中に出てきた『化学物質過敏症』という病気に苦しんでいることがきっかけでした。

彼女は本当に素敵な心の持ち主で、思いやりにあふれ、気が利いて、人の痛みに共感できる素晴らしい女性です。

数年前まで彼女は元気に仕事をし、子育てをし、休日は友達とカフェでおしゃべりをする普通の暮らしをしていました。

でも、ある日突然化学物質過敏症という病を発症しました。

化学物質過敏症というのは、文字通り化学物質に過敏な状態のことを指します。

香る洗剤や柔軟剤はもちろん、排気ガス、強い消毒、新築の揮発、ボールペンのインク、通帳記帳のインクまで、日常生活の中ありとあらゆる化学物質に体が反応し、寝込んだり下痢をしたり、激しい頭痛で目が開けられないという症状に悩まされています。

人々が身にまとう合成香料の香りで体調が悪くなるので、外を歩くこともできません。

家の中に閉じ困って、世界にあふれる化学物質におびえて暮らしています。

そんな友人の姿をみて、わたしは『彼女が何をしたんだろうか?』と真剣に考えました。

答えは明白です。

何もしていないのです。

合成香料に限らず、社会が便利になり発達したことで化学物質が多用される世界に世の中が代わってしまっただけなのです。

それに体が順応できないのです。

便利でいい商品が生まれるということは、それだけ人間にとって脅威になりうるということも忘れてはならないと思います。

自分たちの身の回りに潜む香りの危険に少し目を向けてみれば、いつか起こるかもしれない自分・大切な人の突然の不調や病を防げるかもしれません

そして、今苦しんでいる人が生きやすい世の中になるかもしれません

『香りのオシャレ』その本質は何なのか?

わたしもあなたも考えてみましょう♪

↓天然アロマ精油を使っているおススメの洗濯石鹸です 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください