立ち上げた移転先サイトをGoogleアドセンスに追加申請【Blogger→WordPress引っ越し】

BloggerのブログをWordPressにお引越しするノウハウシリーズ第?弾!

前回の記事『Bloggerの記事をWordPressに移動して修正をしよう【Blogger→WordPress引っ越し】』では、Bloggerで書いていた記事をWordPressに移動させ、修正するというところまでの経験談をご紹介しました。
Bloggerの記事をWordPressに移動して修正をしよう【Blogger→WordPress引っ越し】

今回はその次!新サイトをGoogleアドセンスの『サイト追加申請』に出そうの巻

Bloggerは無料ブログで唯一アドセンスが使えるサービスということで、そこを魅力に感じて利用している方がおられるかと思います。

しかし、WordPressにサイトを移転するに当たっては、新サイトでのアドセンス再申請が必要になります。

Bloggerサイトでアドセンスに参加していなければ、今回の記事内でご紹介する作業は不要ですのでどうぞすっ飛ばして次回の記事に進んでください。

もしBloggerでアドセンスを導入していた方はよろしければお読みいただければと思います。

注意
当記事で紹介している方法はわたしなりに行った方法です。

あくまで個人の経験談ですので、参考にしサイト移転を行う場合は自己責任でお願いいたします。

アドセンスのサイト追加審査とは?

以前書いた『bloggerのアドセンスアカウントはアップグレード不要になった!?』という記事で話題にあげましたが、昨年度の秋ごろからアドセンスアカウントの仕様が変更になりました。

以前はホスト・非ホストアカウントと種類わけされていたのですが、その内容が変更されて、Blogやサイト等にアドセンス広告を掲載したい場合は『サイトごとに審査が必要』になりました。

この辺についての詳しくは上記の(もしくは↓の)記事に詳しく書いてありますので、併せてお読みになられていただけたらと思います。
bloggerのアドセンスアカウントはアップグレード不要になった!?

まあ超大雑把に説明すると、BloggerだろうがWordPressだろうがなんだろうが、アドセンスに一度通った人でも複数サイトに広告を載せたい場合はいちいちサイトごとの審査をしなくてはなりませんよってことです。

前はBloggerからWorpressに移転する場合『アカウントのアップグレード』という手順をとって、アカウントタイプを変更しなくてはなりませんでしたが、仕組み自体が変わったためにアップグレードを行う必要はなくなりました。

というわけで、新サイトにBlogを移転したい場合は、移転先の新しいWordPressブログを改めてサイトの審査に出す必要がありますです。はい。

その手順は記事の後半で詳しく説明させていただくとして、その前にいくつか説明しておきたいことがあるので書いていきますね。

サイトの追加審査~わたしの経験談~

ちょっと前に書いた『2019年版Blogger→WordPressへのお引越し方法の流れ』のなかでもちらっと触れましたが、わたしはBloggerで公開していたいくつかの記事(アクセスがほとんどないもの)をGoogleのインデックスから削除し、WordPressサイトに移動→新しいサイトで公開→アドセンスのサイト追加申請に出しました。
2019年版Blogger→WordPressへのお引越し方法の流れ

なんでこんなことしたのかっていう理由としては超単純明快。

追加申請用の新しい記事を何個も書くのが面倒だったから。

『どうせ誰も読んでない記事ばっかなんだから、あってもなくてもいいよね~?なら、その記事だけを新しいサイト公開して、それでアドセンスのサイト追加申請受ければ記事書かなくていいし、その分早く引っ越しおわるんじゃね?』的な甘い考えでした。(すみません)

↓のサイトさんで、『一部の記事を他のサイトに引っ越しさせる方法』があるのを学び、こちらの手順に則って10数個の記事を新サイトに移動公開し、15記事位掲載した状態でサイトの追加申請をしました。
参考 ブログ記事を別サイトへ移転したい人へ!Noindexにしてから削除する正しい手順について素晴らしくNICECHOICEな世界

実際この方法でうまいこと記事を移転させ、新サイトの記事として公開し、アドセンスのサイトの追加申請を無事に合格しました。

でぇもぉ~この方法はあまりお勧めしません。

何故なら、SEO的に良くない結果を生んでしまったから。

これは以下の記事に経験談を書いてありますので、気になる方は併せてご覧になられてください。
順位降下PV激減!ブログ記事を削除するとSEO的に効果があるらしいは嘘?

記事数が相当あるブログさんなら大丈夫かな?と思いますが、大した記事数もないような始めたてのブログでインデックスを大量に消すと、Googleのサイト評価がガクッ落ちることになりかねませんのでご注意ください。

面倒くさくても間違いのない方法=申請用に新しい記事を書く で挑むのが最も間違いないです。

移転によるアドセンス審査の注意点

さてさて、自分が犯した致命的な失敗談はこれくらいにして…

ここからは、実際の追加申請作業の前に知っておくべき『移転による追加申請に関する注意点』をいくつかご紹介していきます。

旧ブログから新ブログに完全移転する前に審査用の記事で追加申請をすべし

まず気を付けなければならないことは、Blogger→WordPressに引っ越し&完全公開(移転完了)してからアドセンスの追加審査を受けるのはNGということです。

絶対ダメなわけではないですが、多分しない方が無難だと思います。

確実に最速で審査に合格したいのであれば面倒でも新しい審査記事を書いて、それだけを新サイトで公開(移動してきたBloggerの記事は非公開の状態に)して審査を受ける方がベターです。

なぜ移転しきる前にわざわざ審査用の記事を書いてサイトの追加申請をする必要があるのか?ということですが、これは一度アドセンスの申請を経験したことがある方ならお分かりいただけるのではないのかな?と思います。

とにかくアドセンスの審査は厳しいからです。

わたしの場合Bloggerで100記事位の記事を公開していました。
もし、この記事をWordPressでそっくりそのまま公開&移転した後にアドセンス審査に出したら……?

どれかしらの記事がポリシー違反等に抵触して追加審査に落ちたとしても、記事数が多すぎていったいどこが悪いのか?が全然予想できなかったと思います。

勿論アドセンス広告を掲載する=ポリシーに違反するような記事を掲載しない というのはしごく当然のことです。

ただ、わずかな言葉のニュアンスも禁止コンテンツとしてクローラーが認識してしまうこともあるらしいので…、例えばポリシーに抵触していない様な内容の記事でも『Googleからの誤解』が生じてしまうことがあるそうなんですね。

そういったわずかなミス?を膨大な記事の中から見つけて改善するのは至難の業だと思います。

ちなみに余談ですが、移転に伴う追加申請について”Goolgeアドセンスフォーラム”で質問してみました。

エキスパートの方からも『サイト記事全移転での追加申請はかなり厳しいと思うので、新サイトで新しい記事を審査用に書いて審査を通過した方がいいと思う』との回答をいただきました。

というわけで、めんどうでも数記事新記事を書いてそちらだけを新サイトで公開し、追加審査に出すのが一番かと思います。

サイトの移転作業期間短縮のためにも、サイト追加申請はなるべく早く行うべし

サイトの追加審査それなりに時間がかかります。

わたしの場合は17日もかかり、その間新しいサイトに移転できずかなりヤキモキしました。

一応Goolgeさん側は『1日くらいで追加審査終わりますよ』的なアナウンスしておりますが、かかる日数は本当に人それぞれのようです。

数時間の人もいれば一か月くらいかかる方もおられるそうなので、いずれにしても早めの申請をお勧めします。

Blogger記事を移動してきたら、過去記事のレイアウト修正を行う前に申請用の記事を書いて申請に出した方がいいかな?と思います。

実際わたしもそのパターンで申請しましたが、それでも審査待ちの期間の方が記事修正に要した時間よりもずっと長かったです。

サイトの追加審査に通るためには?

これは最初のアドセンス審査の時と同じです。

質の高い記事・文字数・ポリシーに抵触しないなど、新規の審査の時と同じ水準を保てばクリアできると思います。

一度申請合格された方なら難しくはないと思います。

Twitter等での合格報告を拝見していたところ、結構多くの方が一発合格されているようでした。

ちなみに最初にアドセンスに合格した時のブログ状況などを書いた記事へのリンクは↓
<bloggerでブログ三週間目>申請から3日でGoogleアドセンスに合格した奇跡

新サイトのサイトの追加申請も同じ感じのブログ内容で合格しました。

サイトの追加申請を行う為に必要な作業と追加申請

ここからは実際にアドセンスのサイトの追加申請を行う方法について解説していきます。

ここでの手順はあくまで前回の記事『Bloggerの記事をWordPressに移動して修正をしよう【Blogger→WordPress引っ越し】』からの続きの方法です。

Blogger→WordPressへのお引越しではない方、当サイトでご紹介している手順とは違う方法で引っ越し作業を行っている方などは、ご自身に不要な部分はすっ飛ばしながら参考にしていただければと思います。

プライバシーポリシーやお問い合わせフォーム等の設置

Bloggerから記事をプラグインで移転してきた状態では、固定ページ(プライバシーポリシーやお問い合わせフォーム、サイトマップ等)は設置されていません。

プライバシーポリシーなんかはデータとして前のサイトのデータがインポートされてきていると思いますが、ブログ内に設置されてはいないと思いますので、こちらを設置していく必要があります。

固定ページについてはWordPressの『固定ページタブ』から製作して公開していきますが、自分のページのどこに貼り付けるか?等はWordPressに導入しているテーマよって設定が変わってくるかと思いますので、ご自身の採用されているテーマの解説情報を検索してみてください。

わたしが参考にさせていただいたサイト様のリンクをいくつか貼り付けておきます。
参考 プライバシーポリシーページの設定WordPress超初心者講座 参考 Contact Form 7を使って、WordPressにフォームを設置してみようferret

ちなみに、わたしはサイトマップのページは設置しませんでした。(GoogleSearchConsoleからのサイトマップ送信だけ行いました。)

サイトマップページは無くても審査は合格できるようです。

インポートした記事を申請用の記事を全て下書きに移動させ、申請用の記事を投稿

いよいよ審査用の記事を書いて投稿&公開していきますが、ここで注意したいことは『公開するのは申請用の新記事のみ』ということです。

前回の記事『Bloggerの記事をWordPressに移動して修正をしよう【Blogger→WordPress引っ越し】』まででは、サイト自体がnoindex設定になっているはずです。

つまり、Googleにはインデックスされていない状態です。

だから、移動してきた記事が現在まだBloggerで公開されている記事と同じ内容でも、重複してペナルティになることはありません。

これからアドセンスの審査用に新サイトを公開する必要があるわけですが、ここで間違って移動してきた旧記事(今Bloggerで公開している記事)まで公開してしまうと大変なことになります

『Bloggerでは公開してない新記事』のみ公開して、その他の移動してきた記事は非公開の状態にしなければなりません。

そのために、移動してきた過去記事をすべて下書きに戻します

JADE

これ超超重要なので忘れずに行ってくださいね~!

ワードプレスのダッシュボードの『投稿一覧タブ』を選択したのち、画像赤丸・タイトル横のチェックボックスにチェックを入れます。

 

画像赤線の一括操作のプルダウンで『編集』を選択し、画像赤丸の適用ボタンをクリック。

 

画像内で四角に囲った『ステータス』で下書きを選択し、赤丸で囲んだ更新をクリックします。

これで記事は下書きに移動されていると思います(確認してください)

もし、まだ記事一覧に『公開』になっている記事があれば、これを繰り返しすべてを下書きに移動します。

公開中が0になれば、noindexを解除したとしても重複公開されることはありません。

移動してきた記事の加筆・修正は引っ越しが完了するまでは下書きの状態で編集していきましょう。

審査用の記事を作成・公開

Bloggerから移動してきた記事のすべてが下書きに移動されたところで、今度はサイトの追加審査用の記事を作成・公開していきます。

通常通り新規記事を作成し、ステータスを『公開』にしておきます

ただしこの時点ではGoogleにはインデックス登録されません。

なぜかというと、以前設定したnoindexが設定されているからです。

つーわけで、審査に必要なボリュームの新記事を書きあげたところで、今度はこのnoindex設定を解除してやります。

これをすることで、いよいよ新サイトがGoogleに認識されるようになります。

注意
新旧サイトの記事の重複でペナルティを受けないためにも、ここでもう一度『申請用の新記事だけが公開状態になっているか』を確認しましょう。確認不足はあってもしすぎることはありませんぞ。

旧記事がすべて下書きになっているのを確認したら、

ダッシュボードの『設定タブ』→『表示設定』→検索エンジンでの表示”検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする”のチェックを外す→変更を保存をクリック

という作業をしていよいよ記事を公開します。ドキドキ

↑念のため画像説明も添付。このチェックを外します。

自分のサイトアドレスを表示させ、申請用の記事だけが公開されていれば成功です。

Google Search Consoleの新サイト追加

すでにアドセンスやブログをされている方なら登録されたことがあるかと思います”Google Search Console”

こちらをWordPressの新サイトにも導入していきます。

アドセンスの審査申請前にはここからサイトマップを送信するのが必須!…らしいので(よくわからんけど)、これまた言われるがままに新しいサイトをプロパティに新たに追加していきました。

登録し、サイトで申請用の記事を公開したらサイトマップを送信。

WordPressでsitemapを生成し、サーチコンソールで送信する方法はサルワカさんのサイトでわかりやすく説明してくださっています。
参考 【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順サルワカ

そんくらいかな?したのは?ごめんなさい、この辺は以下の理由であやふやです。

MEMO

ここからは余談になるので、適当にさらっと読み飛ばしていただければと思います…

通常サイトを移転させたのち(引っ越しさせた後)、サーチコンソールに『アドレスの変更』という届け出をするのが一般的なのですが、Bloggerだとこのアドレスの変更申請ができません。

というのは、アドレスの変更には『.htaccessによるリダイレクト』が必要なのですけど、Bloggerは.htaccessが変更できないんですね。

だから、この『アドレスの変更』でエラーが起きてしまいます。

高度なテクニックを駆使すれば.htaccessでのリダイレクトもできる?そうなんですが、わたしみたいなペーペーには全然できない…。

Blogger→WordPressへのリダイレクトで一般的な、javascriptによるリダイレクトを設定しています。

そんでもって過去にBlogger→WordPressに引っ越した方でこのサーチコンソール問題について言及している方が誰一人いなかったので、解決方法も全く分からず(これがBloggerの辛いところ)。

結局わたしはSerch Consoleのアドレス変更届はしないで、新しいサイトを別プロパティに登録してそれぞれを関連付けない別個のサイトとして運営を続けています。

が、これが正規の方法なのか?はわかりかねますので、皆さんはご自身で情報収集してみてください。

Google アナリティクスの導入

こちらもSearch Consoleと同じように導入していきます。

Bloggerのサイトもまだ公開しているので、こちらも別サイトとして新しく追加していきます。

アドセンスサイトでサイトの追加申請

いよいよ新サイトが公開になりアドセンスの申請準備が整ったら、いよいよサイトの追加申請をします。

アドセンスサイトにログインし、サイトタブ→サマリーを選択します。

現在登録して広告掲載が許可されているサイトのURLが一覧になって表示されるかと思います。

右上の青い『サイトを追加』をクリック

このように追加したいサイトのURL入力がもとめられますので、https://やhttp://なしのURLを入力します。

当サイトだと[hashitata.com]だけですね。https://は抜きました。

同じページ内に『審査用のソース』が表示されると思いますので、そちらをコピーし新ブログの<head></head>内に貼り付けます。

この時アドセンスのページは閉じないようにしておいてください。ソースを張り付けたあとに戻ってきますので~

さて、ソースの貼り付けはダッシュボードの『外観タブ』→『テーマの編集』から行いますが、採用しているテーマによって編集するテーマファイルが違ってくるので、ご自身のテーマでの貼り付け方を検索していただいたくのが確実かと思います。

でも、大体は以下にご紹介する参考サイト様を一読すればできるかと思います。
参考 グーグルアドセンスの審査でコード貼り付け!「HTMLで<head>タグを探し、その直後に貼り付けます」のやり方は?たびびとJINのブログ

ソースの貼り付けが無事完了したら、アドセンスのサイトの追加申請ページ(先ほどのページ)に戻り、完了ボタンをおして終了!

申請したサイトのURLがサマリー内に『審査中』で表示されているかと思います。

無事審査が完了し通過すると、登録してあるメールに連絡が届く&アドセンスサイトのサマリーで『審査中』だったステータスが『準備完了』に代わります。

審査が終了するまで、記事を更新したり、移動してきた旧記事のレイアウトを整えたりして待ちましょう♥

あ、言うまでもありませんが、Bloggerで公開中の旧記事はまだ絶対に公開しないでくださいね。

間違って公開すると、自分のBloggerサイトのコピーコンテンツとして新サイトが認識されてGoogleペナルティになる&アドセンスの審査にも通過できなくなります。

まとめ

長くなりましたが、以上がBloggerサイトから引っ越し作業をしながら、アドセンスにサイトの追加申請をした手順でした。

結構面倒くさくて神経を使う作業にはなるのですが…、ここはとても大切な部分なのでくれぐれも慎重に行っていただきたいです。

しつこいようですが、とにかくBloggerからの移転作業が完了するまでは、Bloggerから移動させてきた旧記事が絶対に公開されない状態を保ってください

重複コンテンツの公開は重大なペナルティになります。

ここでサイトの信用を失ってしまうと、今まで頑張ってきた努力が全部水の泡になってしまうで~。

素人のわたしでもできたことなので慎重に行えば大丈夫です。

アドセンスが去年の秋から新仕様変更された後、サイトの移転を行った人の情報がなかなか見つからなかったので、わたし自身かなり手探りでおっかなびっくり行いました。

今後時間が経過してくると、同じようにサイト移転させながらアドセンスの追加審査をされた方の情報も増えてくるのかな?と思います。

是非皆さんは、そういった方の経験談も併せて参考にされながら、安全な方法でサイトの移転をされてみてください。

アドセンスの再申請くらいまでが新サイトへの移転の正念場です。

ここを超えればあとは簡単ですので、もうちょっと頑張って!

次回はサイト移転前にしておきたいアフィリエイトサイトへの届け出等についてご紹介していきます。

よろしければ次回の記事や過去記事も合わせてお読みいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください