【ネタバレ&感想】あいのりAsianJourneyシーズン2第18話『恋に落ちたシェークスピア』(2019/2/28)

日本の女子がかたずをのんで見守った先週のエピソード。

AIが女子の理想とも言える暖かい愛のある告白をでっぱりんにしましたが、彼は失恋という結果に終わりました。

AIが去って六人になったメンバーを乗せて、ラブワゴンはあいのりAsianJourneyシーズン2最後の国『キルギス』を走ります。

今週のワゴンはどんな恋模様が見られるのでしょうか?

早速今週もネタばれ&感想記事行ってみましょう~!7

尚、この記事はネタバレ内容を含みます

ネタバレを希望されない方はここでSTOP願います!ネタバレOKという方のみ、この先にお進みくださいませませ。

 
↓初月無料あいのりシーズンを先取りで見よう↓

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

徐々に深まるでっぱりんと英クンの溝

キルギスの首都ビシュケクをこの日も爽快に走るラブワゴン。

メンバーはドライバーおススメのレストランでキルギス伝統料理を楽しんだりと、いつもと変わらぬ旅の日々を続けています。

AIが去って六人になったラブワゴン内も、明るいじゅんきを中心に笑い声が絶えません。

しかし、皆が笑うワゴンの中で何やら不穏な雰囲気を漂わせている二人のメンバーがいます。

でっぱりん英クンです。

隣にこそ座っているものの二人は会話をすることもなく、押し黙ったまま車に揺られています。

AIが居なくなってからふさぎ込むことが多くなったでっぱりん。

英クンは彼女の変化に気付いていたものの、何をすることもできないままに時間ばかりが過ぎていきます。

”わたしはAIの行動と言葉と表情が全部見れた。いろんなAIが見れた。でも英クンは…わたしはみたことがない”
遠く外を眺めながらぼんやりと考え込んでいるでっぱりんのなかにはこんな想いがあるようです。

長い沈黙が続いたのち、でっぱりんは隣にいる英クンに話しかけ始めました。

『優しい英クンのイメージしかなくて…ムカツクとか怒ったところを見たことがない、英クンの』

英クンはでっぱりんの言葉に明るい口調で答えます。

『え?でも俺イラッとしたときわかるでしょ?すぐ言われるよ?』

『え?わたしわからん』と力のない笑いを浮かべるでっぱりん。

『英クン顔に出てるよ~、おー、ゴメンゴメンって(言うことが良くあるよ)』

『え?そのゴメンゴメンって謝るってことは、なんかだめだなって思うってこと?』

『わ、空気悪くしたなってのは思う』

英クンの返答にすこし語気を強めながら、でっぱりんはさらに詰め寄ります。

『なんで出しちゃダメなの?イラっとしたの』
『(あいのりは)そういう場じゃなくない?別に。仕事中とかで、それこそお客さんにイライラするとか…それを出しちゃいけないのはわかるけど…』
『別にイラっとしたらしゃべらんかったらいいし、少なくともこのあいのりの旅では感情を出していいんじゃない?

そんな彼女の言葉を聞いた英クンは、その後言葉を返すことはありませんでした。

トム→桜子の想いはどんどん強まるばかり

ある日、キルギスにある日本人センターを訪問したメンバー達。

ここではキルギス人が休日ごとに日本の文化を嗜み学んでいるといいます。

過去に訪れたカザフスタン・ウズベキスタン同様、キルギスの人々も日本人が大好き。

センターにいたキルギス人達は訪れたあいのりメンバー達を暖かく迎えいれてくれました。

センターでキルギスの人から『何か日本的な芸が出来たら見せてほしい』と言われたメンバー。

意外なお願いに一同戸惑いを隠せない表情を浮かべる中で、たった一人桜子『日本舞踊ができます』と自ら申し出ます。

キルギス人とメンバーが見守る中、桜子は日本舞踊歴16年の貫録をみせる艶やかな踊りを披露。

誰もが熱い視線を彼女に向ける中、一人食い入るように彼女を見つめる男が居ました。そう、桜子に想いを寄せるトムです。

『感動しすぎて…』
『みんながすごいじゃんと手を叩いているのに、俺は(ぼ~っと)は!みたいな。ははは!』
『もう顔つきがプロの顔。見て本当に鳥肌立ったんですよ!』
『ますます一緒に帰りたいなって心から思いました』

後にスタッフにこう語るトムは、ぽかーんとした顔つきで一瞬も踊る桜子から目を離すことなく彼女の可憐な舞を見続けていました。

二つの恋に不穏な空気が漂い始めた

ビシュケクの町はずれにあるバザールにやってきたラブワゴン。

中国との貿易の中継地に位置するこのビシュケクらしい、コンテナが沢山立ち並ぶ人気のバザールです。

いつものように、男女のグループに分かれて自由行動することに。

女子からの指名制でグループ分けすることになりました。

英クンを誘わずじゅんきを選んだでっぱりん

最近悩み続けているでっぱりん。想いを寄せる相手の英クンではなく、気軽なノリで楽しめるじゅんきを誘います。

目の前で別の男性を誘うでっぱりんの姿を見た英クンは、顔を曇らせながら複雑な表情を浮かべています。

そんな英クンをよそにでっぱりんとじゅんきはバザールを探索。

始めは元気がなかったでっぱりんですが、じゅんきの天真爛漫な明るさに心が緩み少しずつ明るい表情が戻ってきます。

トムは桜子と行動…しかし!

大好きなお姉さま桜子と一緒にバザール探検を楽しむトム

おそろいのコップを購入したり一緒にウィンドーショッピングをして盛り上がったりと、トムにとって幸せで穏やかな時間が流れていきます。

食堂でランチを摂る二人の話題は次第に恋愛の話に。

『今まで付き合っていたのってさ、同い年位が多いの?大体』と尋ねる桜子にトムは『魅力を引かれるのは年上』と攻めた答えを返します。

『年上の人の方がやっぱりあー確かにみたいな感じで(話を聞いてくれる)』『気を張らないでいられる』というトムに、桜子は『…』と押し黙ってしまいます。

トムはそんな桜子の様子には気付かないまま笑いながら話をつづけていましたが、桜子の一言で徐々に顔が曇り始めます。

『わたしも基本的にずっと年上。むしろめっちゃ上じゃないとってタイプだから、ずっと。』
『上が好きだし、結構もう今年26だから、本当にもう30位で結婚しようと思っているから。』
『結構ね、次の恋愛っていうのは、本当に将来の見える=結婚の見えるって思えないと踏み出せないなって思っている部分はあるな~』

桜子のこの言葉に、それまで目を輝かせて彼女の顔を見ていたトムの目が伏せられ、その表情からは笑顔が消えてしまいました。

消え入りそうな声でかろうじて『そうだね…』とだけ答えると、うつむいたまま静かに固まってしまうトム。

…………その日の夜………

『年下だし、そんな定職にもついてないですし…興味ありませんよ?みたいな意思を遠回しに伝えてきたのかな?っていう』
撃沈です』

桜子の話を聞いて完全に落ち込んだトムは、がっくりと肩を落としながらそうスタッフに語っていました。

みゃあと行動する英クン

でっぱりんがじゅんきを誘ってしまったため、その日は美容専門学校生のみゃあと一緒に行動する英クン

みゃあは英クンに『どうですか?』と様子を尋ね、英クンは『よくないね』と答えます。

ワゴンででっぱりんに英クンが詰められて?いたのを目撃したみゃあは『なんか言い合いみたいになってたじゃん?ラブワゴンの中で』と核心に迫る質問をします。

『英クンって男子メンバーの中で一番その人の内側を見てくれるのに、英クンは見せないじゃん?』
『だからでっぱりんもキレてたんじゃない?』
『そうね…』

カフェに入ってお茶を飲むことにした二人は、なおも話を続けます。

『すげー考えたの。美容師の仕事ってさ、お客さんに良く思われなくちゃいけないとか、お客さんを気分良くさせなくちゃいけない』

『うん、うん』

『やっぱ自分でもそうやって意識してたの』

『うん』

『で、気づいたら…なんか自分の感情も押し殺してた』
『友達に言われたことあるんだけどさ、英クンと話してると美容師さんと話しているようでやだって。』
『そういうことだろうなって思って』

『うん、気使うからやだ』

みゃあにもでっぱりんと同じことをダメ出しされた英クンは、力なく笑い首をかしげています。

突如参加した新メンバー

AIがラブワゴンを降りてから、しばらく六人の旅が続いていたあいのり。

『6人はさみしいね』という話題がワゴンでも繰り返される中、いよいよ新メンバーの合流が知らされました。

しかし、今回の新メンバー合流はすこしいつもとは違った雰囲気。

スタッフの口から『予定していた新メンバーが、ぎりぎりの段階で仕事の関係で来れなくなっちゃったの』『ということで、急遽一人新メンバーを用意しました』という説明がされますが、いつものようにワゴンで新メンバーを迎えに行く様子がありません。

レストランで食事をしていたメンバー達に、スタッフは『今から(この場で)新メンバーが合流します』と発表。

いつもと違った新メンバーの合流に驚きを隠せない6人。

それでも、女子メンバーは男子の合流に一瞬色めき立ちます。でっぱりんは新メンバーとの対面に備えお化粧直し。

そんな6人の元駆け寄ってきたのは、たいぞー26歳

段ボールで作られたネームプレートを片手に走って合流してきた彼を見た6人からは『マジでいってるの~?』『えええええええええ』『え?マジ!?』『無理!』『本当に言ってる?』といつもの合流とは全く違った悲鳴があがります(笑)

そんな困惑するメンバーをよそに、新メンバーたいぞーは『東京から来ました。たいぞー26歳。』と自己紹介します。

6人は大声をあげて爆笑しています。

それもそのはず。このたいぞー…じつはあいのりのAD(アシスタントディレクター)なのです

長期間あいのりの旅に同行した彼は、今やすっかりメンバーとも顔なじみ。

『メンバーと旅している中ですごい恋愛で成長している姿を間近で見てきて、自分も本当に飛び込んでみたいなと。本気で思ってきました。』と熱い思いを語るたいぞー。

『よろしくお願いします』と頭を下げるたいぞーに、メンバーたちは暖かい拍手を送ります。

新メンバーたいぞーはすでに矢印が出ていた

中学のころからあいのりの大ファンだったたいぞー

ずっと参加するのが夢だった彼は、26年間彼女がいない勇ちゃんタイプの男性。

カメラを向ける立場から向けられる立場になったたいぞーは『超緊張するよ。いや、マジで吐きそう。』と、改めてメンバーの大変さを語ります。

そんな彼にじゅんき『最初俺もそうだったもん。わかるっしょ!』と励まします。

『めっちゃわかるわ』と言うたいぞー。

じゅんきは『これで女の子と話せだよ?』といたずらっぽく続けます。

『これは体調崩すなあ』とスタッフらしい一言を添えるたいぞーに『崩すよ~』と明るいノリのじゅんき。

そんなじゅんきに『だって全然矢印まだ出てないでしょ?』とちゃかして返すたいぞー。

『たいぞー、カザフ始まってから出てたじゃん?』とじゅんきは鋭い突っ込みを入れます。

実は…このたいぞーさん。こともあろうか、スタッフという身でありながらメンバーのみゃあにお熱をあげていたんです。

『どストライクっす。ど真ん中です。ちょっとわがままなんですけど、なんかそのわがままもかわいいみたいな感じで』

真剣な顔でそうカメラに向かって語るたいぞー。

本来ならメンバーとスタッフの恋愛はご法度なあいのり。

そんな彼の想いを知ったスタッフは、新メンバーが欠けてしまったこのタイミングでたいぞーをあいのり参加させようということになった…というのが事の経緯のようです。

『嫌われてはないとおもいます。多分生理的に受け付けないゾーンには入ってないと思って。多分チャンスはあると思うんですけど』と自信満々でたいぞーは語り続けます。

たいぞー参加に女子メンバーは?

たいぞーが自信を見せる発言をしていた頃、女子はホテルの部屋で何やら緊急会議をしていました。

会議のテーマは言うまでもなく『新メンバーたいぞーについて』

『どっちにしろあの人がカップルになるというのは絶対にない訳』
こう話すのは堂々とした貫録のでっぱりん

彼女と同じベッドで横になり足を絡ませながらくつろいでいたみゃあは、このでっぱりんの発言に『はははははは』と大口を開けて笑います。

でっぱりん『絶対好きにならんよ、女子メンバーは』『なんかさ、あの顔で受け身なんよね、あいつ』
みゃあ『そうそうそう』
桜子『そう!それが一番ダメだよ!』

でっぱりん『中途半端に自分は行けると思ってるじゃん?』
桜子『自信あんのかたいぞー。ないもんだと思ってしゃべってた』
でっぱりん『と思うやろ?だけんさ、何の自信があるのかがわからんよね?』
みゃあ『あの性格で』

でっぱりん『服装もなんかさ~わけわからんやつばっか着てるじゃん?』
桜子『ははははは』
みゃあ『そうなあ』
でっぱりん『あれで何の自信があるかわからんちゃん』
桜子『確かに。確かにそうね』

でっぱりん『あれをやっぱり変えてかないと。真剣に考えんと』
みゃあ『仕事も頑張ってる感ないじゃん?』『毎日毎日寝坊してさ』
でっぱりん『でさ、仕事も全然できないじゃん?』

こんな厳しい言葉が矢継ぎ早に女子メンバーの口から溢れます。

ここで番組のナレーションが一言…。

『こうしてたいぞーの旅は、事実上終わった』←(爆)

たいぞーの旅は終わりを迎えたそうです。

英クンは心の内を話すが…でっぱりんは?

たいぞーが合流し彼の旅が事実上の終わりを迎えた日(←早い)の午後、英クンでっぱりんを誘い出しました。

日当たりの良いベンチに座ってくつろいで話す二人。

英クンはでっぱりんにこんな話を切り出しました。

『優しい部分しか見せてこれなかった 良い格好しかしてこれなかったっていうのが、俺の中では問題かな?っていうのは、すげー思う。』

時折でっぱりんの顔を見ながらそう話す英クンでしたが、でっぱりんは前をまっすぐ見つめながら、少し険しい顔つきで話を真剣に聞いています。

『やっぱ俺は仕事をしていく上で体に染みついてしまった。だから、思っていることを全部出して、感情むき出しにして旅をするっていうのは…現実的に俺は難しいかなって思うけれど…でもやっぱ自分の大事な人だったりとか、自分がこの人だって決めた人にはそういう部分は見せていきたいなって思ってるし…なんかもう格好つけた自分を、格好つけてるつもりはないけど、もう作られた自分は見せたくないなっていうのはすげー最近思う』

でっぱりんがワゴンの中で問いかけてきたことに、自分なりの答えを見つけ、真剣に伝える英クン。

そんな彼の言葉を聞いたでっぱりんは同じ日の夜、頭を悩ませながらカメラの前に座り心の内を打ち明けます。

『ネパールのケンカしたこととか、きったない言葉ばっかり使って、ウズベでもディレクターと喧嘩するし…、カザフ来て最初はすっごいテンション低いし…、(英クンは自分の)面倒くさいところしか見てなくて、でもそれでも多分一番近くにおってくれた人は英クンで…、一番味方でおってくれたのも英クンかなっていうのは考えた…』

『うん…』『どうすんのがいいんか?』

そういいながらでっぱりんは髪の毛をいじると、大きなため息を吐きながら宙を見上げます。

本音を見せない英クン、でも自分に寄り添ってきてくれた英クン。

英クンが自分にとっての”真実の愛の相手”なのか?ということを、彼女は真剣に悩んでしまっているようです。

動き出すトム…彼の変化に桜子の心も…

公園での自由時間、誰とも行動を共にせず一人ベンチで横になっているトムが姿がありました。

桜子の『年上が好き&結婚を考えた恋愛』発言に、完全に頭を悩ませ落ち込んでいるご様子。

さながらさなぎに逆戻りです。

そんなトムに一人の女子メンバーが声をかけてきました。それはでっぱりん

何度もケンカをし一時は友情が壊れかけた二人の友情でしたが、時間が経つごとに関係が修復され、今ではすっかり仲良しに逆もどり。

『いやー、話したかったマジで。トムの恋愛を』といつもの口調で話すでっぱりん。

『アドバイスをさせて』と言う彼女にトムは『わかった、ありがとう』と快諾します。

『トムは相手の話を聞きだしてこようとはしない。』
『桜子って年上だけどすっごい甘えたい人なんだろうなっていうのがある』
『聞いてほしいし、レディファーストやってほしいし』
『何かちょっと大人なことをせんと、好きになってもらえない』
『どっかでトムがもうちょっと自分を抑えて男らしさっていう部分を見せたら、わたしは絶対無くないと思うのトムと桜子の恋愛』

桜子へのアピールがへたくそなトムを見ていたでっぱりんは、次々に的確な助言伝えていきます。

『色々喧嘩したりなんだもあったけど、ウンチクめっちゃ話すなとかおもうけどさ、でもトムのこと本当にがんばってほしいと思う、マジで!』

時折茶化しながら話すでっぱりんにトムもキレのある突っ込みを入れますが、二人は終始穏やかな笑顔で笑いあいます。

『逆に俺もでっぱりんに幸せになってもらいたいと思ってる』と言うトムに『難しいね恋愛って』と答えるでっぱりん。

彼女からの応援にトムは『本当にありがとう』『本当にがんばる』と奮起します。

二人の間には暖かい友情の時間が流れ、互いの恋愛を応援する固い絆が生まれました。

桜子をエスコートしデートするトム

でっぱりんからのアドバイスと声援をもらった日の夜、トムは一人身の回りの荷物をまとめるとラブワゴンへと向かっていきました。

『ラブワゴンで寝て、その分の浮いた宿代で桜子のことを喜ばせたい』

そう言うトムは、その夜から三日間お金を貯めて桜子をデートに誘います。

全身をパリッと黒で決めたトムは桜子に『ちょっと、みんなには内緒で連れていきたいところがあるんだけど』と言うと、彼女をラブワゴンにエスコートし、ワゴンは夕暮れのホテルへと向かいます。

トムは桜子を連れてホテルの屋上にあるお洒落なカフェへ。

遠いキルギスの地平線に今にも落ちようとしている夕日を眺めながら、景色の良い席へと桜子を先導します。

席に座ったところでトムはおもむろにカバンから何かを取り出します。

『これちょっと…』とトムが桜子に手渡したのは一冊の本。

『え?ロミジュリじゃん!!!!』と喜びの声をあげる桜子。

トムは彼女にロミオとジュリエットのロシア語訳をプレゼント。

実はこの本…『わたしシェークスピアが好きだから、こっちのシェークスピアの訳本が欲しいかも』と以前桜子が話していたもの。

トムは彼女の話を聞いて覚えていて、彼女にプレゼントしたのです。

『嬉しい~』『ありがとう~』『かわいい!』と大はしゃぎする桜子は、情熱が騒ぎ出したのか?翻訳本について熱く語り始めます。

『古典だから訳している人によって?多分ロシアでも(翻訳している人が)いっぱい人がいて、訳している人が若いと現代語がわりと書かれてたり』『これの英訳版はもってんの!感情表現がストレートに書いてあるから』『マツオカさんって人の訳があって、それが好きでめっちゃ読んでて…』

ちんぷんかんぷんなことを言われても必死に聞こうとするトム。

少しでも話を合わせようと必死にできる限りの質問をしたりと、でっぱりんのアドバイスに倣った行動をとります。

自分の興味のある話題について質問された桜子は『わたし今群読って言って、みんなで読んでるんだけど。いや天才だねって三分に一回くらい言いながら読解してる』と輝く目で熱く語り続けていました。

そんないつもと違ったトムの姿勢を目にした桜子は、同じ日の夜スタッフに心の変化について明かします。

『今まで自分の話は散々するけど、今日は演劇の話なんて多分興味もないだろうに…でもそれでも一生懸命聞こうってしてくれて…』
『自分が一番大事にしているものとか好きなものに対して、本当の意味で関心を持ってくれるとやっぱうれしい』

『なんか、あ、トムいいなって思った瞬間が多分あった…』

『ちょっとなんか…ドキッとしたんだと思う』

でっぱりんの力添えが功を奏したのか?桜子の心にトムの存在が映り始めたようです。

キルギスに向かうシャイ

番組の最後で見慣れたある男性が成田空港に立っているシーンが流れました。

その男性とはシャイボーイ

何故シャイが?

『でっぱりんがピンチだと聞いて応援に行く』という目的の為に、彼はこれからキルギスへと向かうようです。

今後シャイがワゴンにどんな風を吹かせてくれるのか?

期待が高まります!

第18話の感想

完全にAIロスの第18話。

少しずつあちらこちらの恋模様に変化があったようです。

まずはでっぱりん×英クン

なんか、もうこんがらがったコードみたいに身動きが取れない状態が続いてますね。

正直番組を見ていただけでは『でっぱりんがなにをそんなに悩むのか?』というところまでが伝わりにくい部分がありました。

AIを失って初めて、彼の存在の大きさに気付いたのか?

それとも単純に英クンが理想の相手ではないということに気付いたのか?

AIと英クンを比べて何かを必死に悩んでいる様子。

これまでのエピソードの中でもでっぱりんは常に『相手の本音』について言及してきたので、おそらくそれが見えない相手というのは自分の求める男性像ではないんでしょうね。

彼女は裏も表もない本音で向き合える人を求めて旅に来ているように見えます。

今自分が恋をしている相手は、そういう人ではないというか…。

一方、ぎりぎりまで本当に悩んで断った男性(AI)は、目の前にいる自分の好きな人よりももっと求めていた人だった。

そんな葛藤の中に居るというように伝わってきました。

どうなるんだろう?

もうすぐ終わるあいのりの旅の中で、この二人は結ばれることがあるのでしょうか?

微妙な雰囲気が漂っています。

一方、かすりもしない恋愛を繰り広げていたと思われたトムの恋は、思わぬ方向へと進み始めましたね!きゃっほ~!

不器用な年下の男子が必死に相手に合わせようと努力している姿はとてもかわいかった!

その甲斐あって、桜子の間口は少し広がったよう。

以前はトムのことは明らかに眼中にない様子でしたが、心のなかに少しだけ変化が生まれてきている様子です。

今後のトムの頑張りに期待大!

忘れてはならない?新メンバーのたいぞー

もう、なんていうか…やっつけ仕事感満載の新メンバー…

コメントのしようがありません。ごめん、たいぞー。

AIの後に入ってきたのが…なんともたいぞーだったので、おばさんがっくり。ごめんたいぞー。

このブログ内では一応、一人一人のメンバーのセリフを決まった色で塗り分けているんですけど…

先週までミスターパーフェクトAIの色だった紫色が、今週は補欠要員で無理くりぶち込まれたたいぞーのカラーになっていて…

なんていうか、切ないです。(本音)

みゃあにもまったくその気はなさそうですし…。

ど、どうコメントしていいかわかりまちぇん。

そうだ、最後に!

シャイ!He is back! buddy!

シャイが登場しますよ~!

まさか新メンバー!?とびっくりしましたが、でっぱりんの応援要員ということで、ちょっとホッとしました。(かすがとうまく行っていてほしいもんね)

でっぱりんの迷いをシャイがどううまくいざなってくれるのか?

来週以降の展開が楽しみです♪

FODで地上波よりも先取りあいのりしよう!

FOD(フジテレビオンデマンド)では地上波より先のエピソードが配信されています。

FOD(フジテレビオンデマンド)はインターネットの動画配信サービスです。

あいのりテラスハウスなど人気の作品が地上波放送よりも早く公開されます

FODでは1話200ポイントの課金制であいのりAsianJourneyシーズン2が配信されています。

ポイントがゲットできる料金プランがいくつかありますが、おすすめなのはFODプレミアムに加入すること!

FODプレミアムという見放題プラン(月額888円)に加入するとあいのりに視聴使えるポイントが毎月最大で1300ポイント分貰えます

1300ポイントの内訳は…
月会員になると毎月100ポイント+8の付く日に400ポイント(×3回)=1300ポイント

このポイントを利用すれば毎月最大で6話分のあいのりを見ることができますね。(月に四話更新なので余裕~w)

プレミアムにはポイントで視聴する作品とは別に、一定料金で制限なく見られる見放題作品が数多くラインナップされています。

残念ながらあいのりAsianJourneyは見放題ではありませんが、昔のあいのりは見放題ラインナップに含まれています

一ヶ月間無料でお試し体験することもできるキャンペーンがあるそうなので、気になる方は↓のキャンペーンページをチェックされてみてください。

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

まとめ

 

恋の迷路に迷い込んでしまったでっぱりん&英クン。

桜子の心を少しずつ溶かしているトム。

謎の新メンバーたいぞー…の恋(?)

来週の展開がどうなるのか?が気になります。

残り数回、当ブログでは毎週金曜日に感想&ネタバレ記事を欠かさず更新していきます。

よろしければ次週もお付き合いください。

今週もお読みいただきありがとうございました。

この記事の続き19話のお話はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください