【ネタバレ&感想】あいのりAsianJourneyシーズン2第20話『ハーフ&ハーフ』(2019/3/14)

今週もあいのりアジアンジャーニシーズン2のお時間がやってきました。

シーズン2最後の国”キルギス”を旅するラブワゴン。

前回でっぱりんの恋の舵が急に反対に切られ、英クンからじゅんきに心が移りました。

一方、年上女性桜子に恋するトムは、じわじわと彼女との距離を詰めています。

今週彼らの恋はどんな変化を見せるのか?

今週も楽しく明るく行ってみましょう~♪

尚、この記事はネタバレ内容を含みます

ネタバレを希望されない方はここでSTOP願います!ネタバレOKという方のみ、この先にお進みくださいませませ。

 
↓初月無料あいのりシーズン2を先取りで見よう↓

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

じゅんきの本音を聞き落ち込むでっぱりん

気取らずに付き合え、明るく笑いあえるじゅんきに新たな恋心を抱き始めたでっぱりん

ある日彼女はじゅんきを誘い出し、湖畔の波打ち際に腰かけながら初めて恋について真剣に話すことにしました。

『何年(彼女)いないんだっけ?』と尋ねるでっぱりんに、じゅんきは『三年?』と返します。

『今も人間不信?』『うーん どうだろう?』二人は肩を並べながら、じゅんきの恋愛について話を続けています。

これまであまりじゅんきについてフォーカスされることがありませんでしたが、実は彼は恋愛に大きなトラウマを抱えた『女性不信男子』

二人目の彼女には浮気され、三人目の彼女には浮気に加えパパ活までされていた過去があるのです。

その為彼は女性不信に陥り、以来三年間恋愛はおろかデートもしたことがないんだとか。

『どこまで信用…』
『したらいいのかってこと?』
『そうそう。難しいよね、信用するって。』『傷つきたくないしね』

慎重さが伝わるじゅんきの話を聞きながら、でっぱりんは小さく頷きます。

『なんか、いっぱい付き合った方がいいよとかさ、いろんな人見た方がいいよっていう人もいるけど…まあ、慎重になっていいと思うの俺』『なんか恋愛って』いつもの天真爛漫な様子とは違った、真剣な眼差しでじゅんきは話を続けています。

一方のでっぱりんは、時折じゅんきの発言に『うんうん』と相槌を打つものの、どこか表情は暗く考え込んでいる様子。

その時の彼女は”恋多き女”である自分について考えていました。

シーズン1では裕ちゃん&あきら、シーズン2ではDr.モリモリ、英クン、AIそしてじゅんきと数多くの男性に胸を焦がしてきたでっぱりん。

果たしてそんな浮ついた自分のことを、慎重派のじゅんきは受け入れてくれるのだろうか?と不安だったのです。

そんな不安を払拭しよう?と、彼女は少し核心に迫った質問をじゅんきに投げかけます。

『いきなりさ…この人(好き)だったのにこの人(好き)になった人ってどう思う?』

そんなでっぱりんの問いかけにじゅんきは少し考えた後、彼女が最も恐れていた言葉を返しました。

『どう思うかな…なんか簡単に言っちゃえばさ、え?軽くね?みたいになりそうだけど』

想像通りの答えをきいたでっぱりんは、小さく『うん』とだけ答えると、厳しい顔つきで地面を見つめ黙ってしまいました。

同じ日の夜、でっぱりんはスタッフに向かってこんな心の内を明かします。

『ショックだったわ~ まぁたぶんわたしが英クンのことを好きだったということも知ってて、察したんかなー?って思って』

自分をじゅんきは好きになってくれるのか?そんな不安を抱えたまま、でっぱりんの夜は更けていきました。

助っ人シャイ&かすががいよいよ登場

じゅんきの発言にでっぱりんが撃沈しているころ、キルギスに到着したシャイボーイとかすがは、恋に落ち込むでっぱりんの元に向かっていました。

道中記念撮影や観光を楽しむ二人は、いつも片時も離れずに寄り添い、肌と肌を触れ合わせています。

すっかりラブラブで楽しむ彼らにスタッフさんも『二人何しに来たの?』と思わず突っ込み(笑)

人目もはばからずイチャイチャするお二人は今なおとても幸せそうです。

シャイとかすがの登場にでっぱりんは…

ラブラブカップルが自分たちを猛追しているとはつゆも知らないラブワゴンメンバー達は、いつも通り穏やかな旅を続けています。

この日到着したのは手つかずの自然が残るイスククル湖。南国の海にも似た美しい色を見せる湖に一同は皆歓声をあげます。

ラブワゴンに少し遅れて、シャイとかすがもイスククル湖に到着。

二人は懐かしのラブワゴンを見つけると、喜びの声を漏らします。まじまじと眺めたり、中に乗り込んだり、一年前の旅を思い出しながら嬉しそうにはしゃいでいました。

ワゴンとの再会を果たした二人が、今度はいよいよでっぱりんの元に。

湖を眺めながら暗い表情で一人考え事をするでっぱりんの背後にそろりそろりと近づき、二人そろって大きな声で声をかけます。

『でっぱりん!』

突然声をかけられたでっぱりんが振り向くと、想像もしなかったシャイ&かすがの姿が。

『ええええええええええええええええ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~????』と叫び、逃げ惑うでっぱりん。

『え?え?え?え?うそでしょ?』と完全にパニックに陥り目を丸くするでっぱりんに、シャイとかすがは駆け寄り抱きつきます。

二人の登場に驚いたでっぱりんでしたが、次第に顔は緩み、笑顔と泣き顔が混ざったような顔になりました。

『え?意味わからん!』と驚きを言葉にするでっぱりんをよそに、『痩せたなあ』『雰囲気かわったねなんか』『かわいくなって、なんか』『なんかかわいらしくね』とマイペースに話しかけるシャイ&かすが。

テンポよく語りかけてくれる二人の顔を交互に見ながら、でっぱりんはなお『意味わからん』『ちょっと待って』と感嘆の声を上げ続けています。

シャイの励ましで元気をもらうでっぱりん

シャイが旅に合流した目的は”英クンとでっぱりんの恋を応援するため”でした。

日本を出発する頃、シャイはスタッフさんから『でっぱりんは英クンに恋をしている』と聞かされていましたが、その後でっぱりんがじゅんきに心代わりしたという話は聞かされていません。

でっぱりんに再会したシャイはいよいよこの旅の目的を果たそうと、でっぱりんと二人で浜辺(湖だから浜辺とは言わない?)に座り、でっぱりんに語り掛け始めました。

シャイ『恋愛は今どんな感じですか?』
『恋愛?マジでさ、ホントに…』

一年前の旅と変わらない口調で話し始めるでっぱりんに、シャイはうふふと懐かしさを漏らしながら彼女の話を聞いています。

『わたしネパールからずっと一緒の英クンがいいなって思ってさ。』『いっぱい助けてもらった、本当に。』『病んでたり、もうしんどい時とかも』
『へー優しい子なんだ?じゃあ』
『そう、助けてくれて…』『で、俺は絶対でっぱりんの味方って、ずっと』
『ふーん』
『何があってもでっぱりんの味方だから、英がいると思ってっていわれて』
『うん』
『本当に嬉しくてさ』
『うん、うれしいね』

シャイは変わらない笑顔ででっぱりんを見つめ、見覚えのある丁寧な態度で彼女を見つめています。

『あーもう英クンに早く告白したいってずっと思ってた』
『あーそう』
『そうそうそう』『で、AIって人に宣戦布告されてさ。でっぱりんは俺に気持ちないと思うから頑張るって宣戦布告しに来ましたっていうのを伝えられて』
『ふーん』
『そっからの行動がさすごくて、楽しいと思って』『わたしさ、一つの表情見るよりも、いろんな表情が見たくて』
『うん』
『最後らへんに(AIの)それを見た。泣いてる表情とか』
『あーそうなんだ』

AIを思い出しながら必死に語るでっぱりん。穏やかな笑顔で話を聞くシャイ。まるで一年前の旅を思い起こさせる素敵な時間が続いています。

『なんか…その(AIにアプローチされた)3日4日が大きすぎて…、濃くて…、わたし英クンのこと好きだったけど…今AIの方が好きかもしれんってなってさ』
『んーー』
『でもやっぱり、英クンとの思い出や気持ちをゼロにすることはできんって思って…わたしは振ったんだよね(AI)を』
『うん』
『そっからはさ、英クンに(一直線で行けるかな?)と思ったと』
『振ってすぐキルギス?』
『そうそう、キルギス。』
『普通行けるけどね』

いささか込み入った事情になってきているでっぱりんの恋愛談義に、シャイの顔は少しずつこわばりはじめ、険しい顔つきになり始めます。

『でしょ?振ったら。』『そしたらさ、またじゅんきって新しい入ったね男の子がおるんだけど、その人といるときっていうのはわたしは全くAIを思い出さなくなって、なんか、普通になんか好き(って思った)。今そっちに気持ちが向いとって…』

出発当初聞いていた話と全く違う急展開の相談に、シャイの顔からは笑顔が消え、彼は眉毛を寄せて真剣に考え込んでしまいました。

何度も瞬きをし、黙ってコクコクと頷き続けるシャイボーイ。恋多きでっぱりんの想定外の発言に、うまく言葉をかけることもできません。

しばらくシャイボーイは押し黙って考え続けていましたが、ふと何かを思い出したように目を見開くと、持ってきたギターケースに手をかけて『歌いますか?』と応援ソングを歌い始めます。

シャイはラブワゴンと同じピンク色のギターを弾きながら、心を込めてでっぱりんの歌を歌います。

でっぱりんは何度も『無理』と呟きながら彼の歌を聞き、駆けつけてくれた友の友情に涙涙。

歌い終えるとシャイは『ねえ、頑張ってね。はい、あげる』とギターをでっぱりんに手渡しました。

思わぬプレゼントに笑うでっぱりん。二人は声を重ねて笑いあい、互いの友情を確認できた素晴らしい時間を終えました。

シャイ&かすがの励ましにトムが動き出す

でっぱりんを励ましたシャイとかすがは、以前の旅仲間トムと元にも向かいます。

男子部屋に突然現れた二人にトムはただただ呆然とし、まるでお化けでも見たかのような顔で凍り付いて立ち尽くす始末(笑)

そんなトムを笑いながら連れ出すかすがとシャイ。

どこまでも事態が呑み込めないトムは、二人に連れられながらきょろきょろと昔の仲間の姿を眺めています。

三人は天蓋付きのオシャレなテント?の下に腰を下ろすと、トムの恋愛について話し始めました。

『今好きな子はいるんですか?』かすがと二人でぴったりと寄り添い座るシャイが、トムに質問します。

少し照れながら『うん』と答えるトム。

『何ちゃんって子なの?』と続けるシャイの側で、かすがはかわいらしく微笑んでいます。

『ははは、桜子』

『桜子ちゃん~かわいい名前やね~』とニコニコわらって話すかすがに『かわいいね~かすがもかわいいけどね』とラブラブ発言を投げかけるシャイ。

目の前でイチャイチャする二人に『なにこれ!あははは』とトムは突っ込みカップルにタジタジ。

『そっか、桜子ちゃんって子か…。』『桜子ちゃんと今恋愛はどんな感じですか?』とシャイは続けます。

桜子との恋愛について尋ねられたトムは、それまでの笑顔を急に曇らせ、うつむいて『恋愛、えっとねー…』と不安な心を打ち明け始めました。

『自分は桜子のことが大好きで、告白したい気持ちでいっぱいだけど…』
『恋愛に対して桜子がどう思っているかもわからんし』
『恋愛から(自分が)離れていたのもあるし』
『自分にやっぱ自信が無くて…』

暗い表情を浮かべながらぼそぼそと背中を丸めて話すトムを見ていたシャイ。彼は真剣な強い目つきでトムを見つめ数度頷くと、再びいつもの優しい笑顔を見せてトムへのアドバイスを始めました。

『わたしがあいのり、一年前に行ってね。一緒に旅をさせてもらって、で、いまだに恋愛がどういうものかってわかったかっていうと…わからないことだらけなんですけれども…』
『唯一言えるのは、やっぱ女性は自信を持った男性が好きですね』
『トムが自信をもって自分のことを好きだって伝えてくれるのであれば…』
俺と一緒に日本帰ってくださいじゃなくて、俺と一緒に日本に帰ったら絶対に幸せにするよって気持ちの方が、自分にとっても桜子ちゃんにとっても素敵なことだと思うんですね。』

真剣に相談に乗ってくれるシャイをじっと見つめ、トムはいつものかわいい笑顔で真摯に話を聞いています。

『うちも、日本に帰ったとの二人の生活とかいろいろ考えすぎてて、自分の気持ちが整理つかない時期があったんやけども…』二人の話を聞いていたかすがも、女性の立場での経験をトムに助言を始めます。

『告白を受けたときに、まっすぐ目を見て、一つ一つの言葉を届ける様な感じで…一つ一つが届いたのね。シャイの気持ちが。』

穏やかな声で優しく語るかすがをじっと見つめながら、小さくうんうんと頷き続けるトム。

『その気持ちを受け取ったうえで、日本に帰ってもきっと何があってもこの人だったら乗り越えられるなって』
『この人だったら何があっても話せるなって思ったから、今こうやって告白を受けて幸せなので!』

そう言いながらシャイを見つめるかすがからは、幸せの笑みがこぼれます。

そんなかすがを見てつられて笑うトム。

かすがと見つめあい幸せそうな表情を浮かべたシャイは、再びトムに的確なアドバイスを始めます。

『その人に自分の得意なことで伝えるとか…』
『自分の一番の強みをもって、あなただけ見ていますっていう』
『わたしはそれがトムにとっていいんじゃないかな?っていうのは…あくまでわたしの想いですが。うん、思いますね。』

丁寧に慎重に、そして押しつけがましくない意見を述べるシャイ。トムはそんな旧友を片時も目を離すことなく見つめ、穏やかな笑顔で彼の言葉をかみしめていました。

トムは二人の訪問を心から感謝し、頑張ることを誓い、カップルと別れて旅へと戻りました。

桜子にケーキを焼くトム

シャイとかすがからの応援を受け取ったトムは、シャイが残した『自信を持てることをしろ』という言葉を真剣に考えていました。

そして考えぬいた彼はホテルのキッチンへ。

パティシエ見習いのトムにとって、唯一自信を持てるところはケーキ作り。

『自分にとって自信をもてるのは、やっぱりケーキ作りなんで…。花束の代わりにケーキの花を桜子に渡したいと思います』

そう胸に想いを秘めたトムはマジパンでいくつもバラの花を作り、真っ赤な花が沢山のせられた白いケーキを作りました。

そして、出来上がったケーキと共にラブワゴンに向かい、日本行きのチケットを受け取ります。

そう、トムは桜子に想いをぶつける覚悟を決めたのです。

不器用な年下男トム→桜子への告白

キルギスの空に輝く月の下、木陰のベンチに座り桜子を待つトム

これから告白の時を迎える彼はしゃんと背筋を伸ばし、真剣な面持ちで桜子の登場を待っています。

清楚なワンピースに身を包み、桜子が笑顔でトムの元にやってきました。

トムは『夜遅くにごめん』『寒くない?』と桜子を何度も気遣いながら、緊張を隠せない様子で心の内を話し始めます。

『一か月半くらいたつのか?』桜子が旅に参加した頃のことを思い返して切り出すトムに、『うん、合流して』と桜子はうなずきながら答えます。

『うん、へへへ。最初やばかったよね、合流した時桜子全然車に隠れて見えなくて、わー走ってったら桜子いて。』
『うん』
『どんな子よりもすごい笑顔がかわいいなって思って』
『うふふふ。』
『あははは。』

トムのかわいい発言に照れた表情を浮かべる桜子。隣で穏やかな笑顔を浮かべるトム。

桜子は自分の笑顔をほめてくれたトムに『ありがとう』と恥ずかしそうにお礼を伝えます。

『この前日本舞踊見せてくれた時も、本当になんか別人のように格好良くて…っていう、はははは』
『ありがとう』
『かっこいいって言われてうれしいかわからないけど』
『いや、でもうれしい。』

言葉に気遣いを見せながらぎこちなく話すトムの方を見て、うんうんと頷く桜子。

『前さ、なんか桜子がさケーキ食べたいって言ってたじゃん?』
『うん』
『だからさ、俺ちょっとケーキ作ったからさ』

思わぬサプライズに驚きを隠せない桜子は『え~!本当に!?すご~い!』と嬉しそうな笑顔をトムに向けます。

『もらってもらっていい?』とのトムの申し出に『ほしい!うれしい!』と大はしゃぎの桜子。

桜子は、トムがケーキを箱から取り出す間も『え~すごい!手作りケーキってことでしょ?』とわくわくした表情を見せ、箱を覗き込むしぐさをみせます。

大切そうにトムが取り出したのは、真っ赤なバラの花が沢山散りばめられたまるで花束かのような可憐なケーキ。

桜子は『すごーーーーーい!!!なにこれーー!』と歓声をあげると、上から横から顔を近づけてその美しさに見とれています。

『一枚一枚これつくってるんだもんね?』と丁寧に作られた薔薇の花びらに見入る桜子。

トムは少し誇らしげに『そうそう』と言いながらそんな桜子を見つめていましたが、桜子に味見もさせないでそそくさとケーキを箱に戻してしまいました。(←早い)

箱にしまったケーキを桜子に手渡すと、いつものもじもじとしたかわいい仕草で『ちょっと最後に一言だけ…言ってもいいですか?』と話すトム。

そんな彼に桜子はうなずき『はい』とこたえます。

ベンチから立ちあがり一歩前に出たトムはきゅっと向きを桜子の方に向き変えると、緊張した面持ちで大きな声でこう叫びました。

『俺と一緒に日本に帰ってください』

シャイ先生のアドバイスを完全に無視した告白を発したトムは、桜子にチケットを手渡すと、いつもの柔らかな笑顔を浮かべながらホテルへと戻っていきました。

自信は?『ハーフ&ハーフです』

告白を終えホテルの部屋でスタッフと話すトム。

『自分の気持ちをしっかりと伝えられた』と強い眼差しで言う彼の顔は、以前でっぱりんと喧嘩してさなぎになっていた少年とは全く違ったものでした。

『自信は?』と尋ねられたトムは、改めて力のある目つきで『ハーフ&ハーフです』と答えました。

ナレーションがそんな彼に『それを言うならフィフティ・フィフティ』という突っ込みを入れたところで、今週のあいのりは終了します。爆

第20話の感想

今週のあいのりはなんともウケた回でした~。あははっは。

この面白さは文章でどこまで伝わるんだろうか?

是非まだ見ていない地上波組の皆さんは、実際の放送を楽しみにされてください。

トムいじりがすごいです(笑)

まず、シャイとかすがの登場について語りますね。

いや~、うっとおしいくらいラブラブで楽しかった~♥

あいのりやテラスハウスみたいなリアリティーショーで成立したカップルって、結構の割合で破局してたりしますよね?

しかし、シャイとかすがは本当にラブラブ!前回のあいのりから一年も経過したとは思えないです。

焦がれる目でお互いを見つめて、互いを最良の相手だと心から思っている。

本当に純粋で素晴らしい愛だと思いました!

この二人結婚しそう!とか思ってしまったくらい、本当に幸せなカップルでした。

そして、二人が登場した時のでっぱりんとトムの差(爆)性格でますね~♪

でっぱりんの動きもやばかったですが、トムが最高!

まじで、幽霊でも見たかのような表情で凍り付いていました。人間って面白いな~☆

じゅんきとの恋に悩むでっぱりん。大好きな親友シャイの歌は心に響いたんじゃないでしょうか?

わたしはわりとでっぱりんみたいに恋多き時期があったので、すごく気持ちがわかりました。

丁寧慎重に物事を考える男性の前では、くるくると心変わりする自分が愚かに見えるのでは?と不安になる気持ち。

あったよ、そんな青春時代が俺にも。

番組の中では気心の多いでっぱりんを面白おかしく伝えていましたが、恋愛体質なのはある意味長所だと最近になって思います。おばちゃん。

それだけ多くのことに情熱を向けたり、人の良い所を見ることができるからなんじゃないかな?あと、脳が若くて活発な証拠じゃない?

最近は草食系の若者が多く、恋愛ができない人が沢山いるらしいですよ。

『結婚しないで一生を独身で過ごす若者が増えること』が今後の社会問題になるだろうと危惧されているんだとか。

じゃあ、いいじゃないか。気心多いでっぱりん。社会貢献になるぜ(爆)

逆にじゅんきの慎重な性格もそれはそれで長所ですよね。

そういう人は大概一図というか、裏切らないですよね。

長く続く暖かな関係を築ける相手は、大概が慎重派の石橋を叩く人です。(おばさんなりの経験談)

この二人、どんな方向に進んでいくのでしょうか?

そして今週全く登場しなかったけど、英クンの恋愛はどうなってるのかしら?

この辺の恋模様は来週に期待です。

さてさてさてさてトム!

いやー、もう最後までトムでした。かわいいね♥

もう、あの生きてるだけでコント感がトムの魅力ですね。

不器用すぎるのか、天然なのか…謎ですが、本当に面白い。

結構ああいう男の子に母性本能が働く女の人って多いんじゃないかな?

『育ててあげたい♥』みたいな?

桜子は年上男性が好きだと話していたけれど、トムが見せている真摯な姿勢がどこまで桜子の心をつかむのか?

年上年下関わらす、自分のことを喜ばせたいと思ってしてくれる男性は強みがあると思います。

来週の返答がどうなるのか?気になりますね~ドキドキ!

FODで地上波よりも先取りあいのりしよう!

FOD(フジテレビオンデマンド)では地上波より先のエピソードが配信されています。

FOD(フジテレビオンデマンド)はインターネットの動画配信サービスです。

あいのりテラスハウスなど人気の作品が地上波放送よりも早く公開されます

FODでは1話200ポイントの課金制であいのりAsianJourneyシーズン2が配信されています。

ポイントがゲットできる料金プランがいくつかありますが、おすすめなのはFODプレミアムに加入すること!

FODプレミアムという見放題プラン(月額888円)に加入するとあいのりに視聴使えるポイントが毎月最大で1300ポイント分貰えます

1300ポイントの内訳は…
月会員になると毎月100ポイント+8の付く日に400ポイント(×3回)=1300ポイント

このポイントを利用すれば毎月最大で6話分のあいのりを見ることができますね。(月に四話更新なので余裕~w)

プレミアムにはポイントで視聴する作品とは別に、一定料金で制限なく見られる見放題作品が数多くラインナップされています。

残念ながらあいのりAsianJourneyは見放題ではありませんが、昔のあいのりは見放題ラインナップに含まれています

一ヶ月間無料でお試し体験することもできるキャンペーンがあるそうなので、気になる方は↓のキャンペーンページをチェックされてみてください。

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

まずは無料でお試し!
【FODプレミアム】

まとめ

心温まるシャイ&かすがの登場に大きく恋が動いた第20話でした。

シーズン1から出演し続けてきたトムに幸せは訪れるのか?

でっぱりんの波乱の恋はどんな結末を迎えるのか?

シーズン2終盤に差し掛かっていますが、最後の最後まで全く展開が読めない状態が続いています。

次週のあいのりも目が離せませんね。

当ブログでは毎週金曜日に感想&ネタバレ記事を欠かさず更新していきます。

よろしければ次週もお付き合いください。

今週もお読みいただきありがとうございました。

この続きの21話のネタバレ&感想記事はこちら↓
【ネタバレ&感想】あいのりAsianJourneyシーズン2第21話『約束』(2019/3/21)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください