長期大型連休にすることがない?ならおススメしたい面白ミニチュアハウスキット

もう四月も後半。あとちょっとでやってきますね…史上最長?のゴールデンウィーク10連休が。

みなさんはどこかにお出かけですか?

え?そうですか、そうですか…それはいいですね♪

え?何?うちはって?

うちはね…どっこも行きませんし何の予定もありませんけどなにか?(笑

年々大型連休が増えるけれど、正直その度に困っちゃいますよ。

だってさ、休みばっかり長くてもやることないんだもの。

なんたってお金がないからね(爆)

わが家の2019年10連休ゴールデンウィークのテーマは『THE・倹約』

今のところスケジュールは空白でびっちり埋まっています(←空いているの間違い?)

でも、さすがに何にもしないで家族三人10日間も家にいるのは結構苦痛が伴う(笑)ので、今年はみんなでとある商品の制作・DIYに取り組んでみようと思っています。

それがこちら!!

『DIY ミニチュアハウス デザートショップ』キットォ~(ドラえもんが道具を出すとき風)

こちらを家族三人で協力して作り上げるつもりでございます~!

つくるんですシリーズミニチュアハウスキットとは?

我が家がゴールデンウィークに取り組もうと思っているこちらのミニチュアハウスは、『つくるんです』というハンドメイドキットのミニチュアハウスシリーズになります。

公式サイトはこちら↓

つくるんですSHOP楽天市場店

『つくるんです』はミニチュアハウスやウッドパズルなどハンドメイド商品をラインナップするシリーズ商品。
主に木工・粘土・針金加工・ペーパークラフトなどを組み合わせて一つの作品を作り上げます。

我が家が挑戦するのはこの商品↓

本体価格2600円(+税)のハンドメイドキットで、本格的なミニチュアデザートショップが作れるものです。

出来上がり品の完成予定サイズは210×135×150mmとお手頃サイズ。

対象年齢は14歳以上で、完成までの目安時間は15時間ほどになります。(公式の情報)

想像以上に難易度が高い本格的なキット

このキット…ひと月ほど前の3月後半に購入済みです。

実は、本当は子供と二人で春休みにやろうと思ってたんです。

ところがどっこい、難しくてとてもじゃないけど春休み中なんかに終わらなかった(爆)

そうなんです。

このDIYキット、まーじーで難易度高いです。

必要なものは殆ど同胞されているありがたい商品

ちなみに実際の内容物はこんな感じ。

木材、紙類、粘土、針金などの材料の他に、ピンセットやノリ、塗料に筆など必要なものは一通りそろっています

この商品の評価したいところはこの点ですね!初めてこういうクラフト系の商品に取り組む方でも、特別な道具類を揃える必要が無いようになっています

自分で用意する必要があるものは、カッターやハサミ、工作マットくらいかな?

うちは子供が中学生なので、学用品でどれもどれも持ち合わせていました。

というわけで、この商品を作るために改めて購入したものはありません。

カッターとはさみは恐らくどこのお宅にもあると思いますが、もしかすると工作マットがないお家もあるかもしれませんので、もしお持ちでない方は工作マットだけは別購入された方がいいかもしれませんね。

難易度高めの本格的な内容

こちらは同封されている手引書の写真ですが…

おっそろしくちまちましてますでしょ?(笑)

完成までを解説してくれるこちらのガイド…全長18mじゃなかった…全18ページあります。

詳細を接写するとこんな感じ!

膨大な作業量です~(笑)こんなのが何十作業?いや100作業以上あるんですYO!

そんでね、すごくポジティブな言い方をすると、なかなか不親切(爆)

『bをcにまげて、貼り付けて固定する』なーんて書いてあったりするんだけど、ぶっちゃけ何で貼り付けて固定するのかさっぱりわからん(笑)

随所にこういう突っ込みどころが満載で、なかなかスリリングですよ~♥

想像力を働かせながらなんとか作ったんですけど、↑のかごの出来上がりはこんな感じになりました。

なんていうか、へったくそ(爆)

ガイドでは簡単に説明されていますが、正直ムズイです!

これでも一応わたし美術系大学の学位もっております…なのに、この仕上がり(爆)

わたしが不器用なのか?はたまたこちらのキットの難易度が高いのか?はわかりかねますが…

よくある初心者向けの簡単なキットではないのは確かだと思います。

対象年齢14歳以上って書いてありますけど、多分14歳一人では難しいんじゃないかな…。

うちの息子は丁度14歳ですが『一人では絶対作れない』と開始5分でぼやいていたので、余程手先が器用でハンドメイドに精通している14歳でない限り一人で作るのは大変かと思います。

目安時間15時間と書かれていましたが、間違いなく14歳は15時間では作れないです。

わたしと子供の二人で5時間(計10時間)ほど作業しましたが、まだ1/3程度しか終わっておりません~とほほ。

ただ、全く素人が歯が立たないほどのむずかしさか?と言ったらそうではないです。

わたしも息子もこういうクラフト系は初挑戦なんですけど、時間はかかるものの『まるでできない』ということはないです。

なかなか不親切かつ難易度は高いけれど、考えながらじっくりやれば誰でも完成させることはできるであろうって感じ。

但し、根気が必要です。(注釈付き)

つくるんですのミニチュアハウスキットが長期大型連休におススメの訳

てなわけで…以上が”まだ完成はしてないんですけど、多少子供と挑戦してみたおかーちゃんのレビュー”でやんした。

まだ完成していないので、長期の大型連休を利用してまた続きをトライしようと思っています。

どうせ行くところもすることもないんだから、せっかく時間もあるんだしね~と。

でも、ゴールデンウィークにこのキットを完成させようと思った理由はそれだけではありません。

この商品息子と一緒に数日間トライしてみて『あぁ、家族でやるのに良いなあ』と思ったんですよ。

子供とコミュニケーションをとりながら一緒に楽しめるのがすごく良いと思ったから。

我が子は思春期真っ盛り、普段なかなかうまくコミュニケーションが取れなくなってきている部分があるんです。

個性もしっかりと出来上がってきた年齢なので、親とも興味の対象が違ってきたりして。

共通の話題を見つけて盛り上がれるチャンスなんて本当に少なくなってきてしまいました。

でもこのクラフトを一緒にやっていると、同じ課題に取り組む仲間みたいに和気あいあいと過ごせるんです。

難しい所は共にイライラしたり(笑)、難題をクリアして共に盛り上がったり。

ある種距離を縮めるきっかけ?的にすごく良い。

先述の通り、ぶっちゃけなかなか難しい商品ではありますが、これが難しいからこそグルーブ感が生まれるというか。

簡単だったら協力する必要もないし、一緒にギャーギャー騒ぐ必要もないじゃないですか。子供が一人でやって終わっちゃう。

逆に難しすぎて歯が立たなかったら、結局できずに終わって本末転倒です。

そのどちらでもない微妙な難しさがすごく良いな~と思います。

勿論DIYやクラフトを趣味にしている本格派さんが取り組むのもおススメですが、是非わたしとしてはご家族で長期休みを利用して取り組んでもらいたい!

きっとすごく盛り上がると思います~!

うちはめっちゃ盛り上がった!

『なんじゃこりゃ!こんなの出来るはずねーだろ!!!!』
『は?意味わかんない!』
『すごいね、アンタ手先めっちゃ器用だね』
『ママも上手いよ』
『できた!見て!』
『すげー、うまいじゃん!』
『アンタもうまいよ!技術者になれんじゃね?』

こんな会話を楽しく繰り広げながら、頭と指先を使って長時間楽しみながら過ごすことが出来てます~。

おススメのハンドメイドキットたち

ここからはおススメのハンドメイドキット達をピックアップしていきます。

つくるんですシリーズの中でもわりと簡単に?かつお手軽に取り組める商品です。

制作目安時間24時間と本格的な商品。

10日の休みをフルに活用するのに丁度いい難易度。

細部までこだわった本格的なミニチュアコーヒーショップが出来上がります。

性別問わず楽しめる温室ミニチュアハウス。

制作目安時間20時間という長すぎず短すぎずのボリュームが嬉しいです。

出来上がりが格好良くて、ミニチュアハウスの女子っぽさが嫌な男子とでも楽しく取り組めます。

本が詰まったファンタジックな世界が広がるミニチュアハウス。

制作目安時間は16時間とライトなタイプ。

大型のものがこなせるか心配…な方は、お手軽に取り組めるこちらの商品がおススメ!

まとめ

目前に迫ったゴールデンウィーク。

なにをしたらいいのかわからない~!と嘆く方々は沢山いらっしゃるのではないかな?と思います。

何かはしたいけれど予算がね…とか、混んでいるのはちょっと…と思われるわたしと同族のアナタ!

是非、今年の大型連休は私たちと一緒にミニチュアハウスづくりにトライしてみませんか?

わずか←?数千円の投資で長時間楽しめて、家族みんなでコミュニケーションが取れる、そんな充実した時間を過ごせるのではないかな?と思います。

あ、もちろんファミリーさんでなくてもおススメです♪

『どこかに行く』をしなくても、お家でじっくりと楽しむゴールデンウィークもなかなかオツかもしれませんよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください