安全性の高いステンレス製のおススメお弁当箱を紹介するよ

これまで、食器や生活用品から浸出する有害物質について、また安全に使える商品についていくつかの記事を書いてきました。

例えば水筒。

プラスチック製のパーツの安全性に疑問が多く残る中、↓の記事で紹介させていただいた”クリーンカンティーン社”の水筒は安全性に配慮した作りになっています。
安全なBPAフリー水筒 クリーンカンティーンボトル のレビューをするよvol.1

こういった過去の記事の中でも何度か触れてきましたが、わが家はなるべく安全性の高い(有害物質を含まない)食器や生活用品を使用するように心がけています。

こだわりをもって?選んできたアイテムのうち、今回はお弁当箱についての紹介記事を書かせていただこうかな~と思います。

プラスチック製のお弁当箱は使いたくないと思った理由

お弁当箱は日常でよく使う必須アイテム。

家族のメンバーが毎日お弁当箱を持参しているというご家庭も多いのでは?

今皆さんがお家で使われているお弁当箱は、何で作られていますか?

恐らく世の中で販売・使用されているほとんどのお弁当箱はプラスチック製なんじゃないかな?と思います。

我が家でもずっとプラスチック製の商品を使っていました。

特に子供が小さい頃は、お気に入りのキャラクターが描かれた商品は必須アイテム。

幼稚園・小学校が少しでも楽しくなるように!と張り切ってキャラクター弁当箱を購入したものです。

こんなのね↓

夫も現場仕事の人間なので基本お昼はお弁当。

暖かいごはんが食べたいというので、↓の商品の様な保温性の高いお弁当箱を使っていました。

ところが!!!

これらのプラスチック製のお弁当類をある時から使わなくなりました。

きっかけは自分の体の中から沢山の有害なプラスチック由来の化学毒が検出されたことからです。

その辺の内容は↓の記事で詳細に紹介しているので気になる方は併せてお読みいただければと思います。
現代人の身体には化学物質が確実に溜まっている 私がオーガニックおばさんになった理由

近年『BPA』というプラスチックに含まれる化学物質が、不妊や発達障害、高血圧、内分泌系疾患などの様々な病気と深く関りがあることが問題視されてきています。

(BPAについては↓の記事の中で詳しく解説していますので、詳しく知りたい方は是非こちらも参照してみてください。)
安全なBPAフリー水筒 クリーンカンティーンボトル のレビューをするよvol.1

日本でわりと知られてきているのはこの『BPA』の有害性ですが、ほかにも様々な有害物質がプラスチック製品に含まれていることが海外では近年懸念されています。

ちなみに、BPAフリー(製品中にBPAを使わない商品)を謳った商品なんかも販売されていますけど、こういった商品の中には”BPAではないがそれと同等または、それ以上の有害な代替物質”を使用したものも多々あります。

それほどプラスチック製品の安全性の確保と言うのは難しい問題なのかな?と思います。

恐らく、今現在は有害性が確認されていない物質でも、今後技術が進歩して初めて有害性が確認されるのもあるのではないかな?と。

散々使った後に『実はすごく体にわるいんです』なんて言われても困っちゃいますよね?

じゃあどうしたらいいんだろう?

そう考えたときに、わたしは『プラスチック製品なるべく使いたくない』と思う様になりました。

大は小を兼ねるじゃないけど、多少でも不安が残るのならばやめておこうという単純な考えからです。

もちろん、生活の中からすべてを排除することはできません。

今この記事を書いているパソコン、スマホカバー、電化製品のパーツなどなど…プラスチックを使うものは家の中にも多々あります。

ただ、お弁当箱や食器など食品が直接触れるものについてはできればプラスチック製品は使いたくないなと思うのが正直なところです。

というわけで、家にあったお弁当箱を全部処分して、安全性を追求したステンレスのお弁当箱を使うようになりました。

たどり着いたのはSeagullのステンレス製弁当箱

プラ製品がだめなら、一体何をつかったらいいんだろう?

食器は陶器やガラスがありますが、お弁当箱は陶器やガラスじゃ割れちゃいます。

そこで出てきたのがステンレス製のお弁当箱

曲げわっぱという選択もあったのですが、なかなか毎日の使用となると洗ったり乾かしたりが大変だし、こちらはこちらで接着剤の問題や素材となる木の薬剤問題などがあります。(木製品の安全性については後日別の記事を書こうと思っているので、今日はサクッと割愛しますね)

ステンレス製のお弁当箱はお手頃で使い勝手がよく、頑丈かつ安全。わりかしオールマイティだったので、予算の関係もあってステンレス製のお弁当箱にすることにしました。

うちで購入したのは↓こちらの商品『Seagull フードキャリア 2段式 12cm』

二段式のステンレス弁当箱です。

買う前は色々悩みましたが、結果買って正解だったと思います。

まあ、正直なところプラスチック製のお弁当箱に比べたら多少使い勝手が悪いところはあるんですけどね。

でも、安全性や丈夫さ、値段を考えたらかなりおススメです。

というわけで、以下はこのSeagull フードキャリア 2段式お弁当箱の商品について詳しく紹介していきます。

Seagull フードキャリア 2段式 12cmの商品レビュー

改めて紹介しますと、購入したのはこの↓商品。

二段式のステンレス製弁当箱です。円形のステンレス製の器が二段になっていて、専用の金具でまとめて持ち運びするタイプになっています。

 

これは横から見た所。こんな感じで金具でガシャンとまとめます。

 

分解?するとこんな感じ。結構パーツは多くかさばりますが、作りがシンプルなので手入れはすごく楽ちんです。

ステンレスということで食洗器も大丈夫w 何ならこの弁当直火にもかけられるそうです。(キャンプに便利)

サイズ感がわかる写真も載せていきましょう。

二段併せての深さはおよそ12センチくらい。(蓋や持ち手は含まない、純粋な容量だけの深さ)

一段当たりの深さは6センチ弱です。

お弁当箱の直径は12センチ。

実際使用してみた容量感としては、結構たっぷり入る感じです。

深さがあるのでご飯は200g位入ると思います。

おかずは一般的な成人向けのお弁当箱くらいかな~?

卵焼き三つ、唐揚げ三つ、ミニトマト二個、ほうれんそうのお浸し、カボチャ一切れくらい入るかな~くらいです。(料理の腕に自信がないもんで写真が無くてごめんなさい)

成長期まっさかりのお子さんとか、外で働く体力仕事の職人さんとかでもなければ、よっぽどの大食いでない限り足りるんじゃないかな?

うちは12センチタイプのものを買いましたが、同商品で10センチタイプのものもあります。

女性やお子さんは10センチの方がおススメです。12センチは結構容量多いかも。

実際、うちの子供(14歳中学生男子)は12センチサイズでは食べきれずに残してきますね。

一方、外仕事で食道楽な大食い夫はパンパンにおかずとご飯を詰め込んで行っても、全部ペロッと平らげてきます。

Seagull フードキャリア 2段式 12cmの良い所

Seagullのフードキャリアを使ってみてよいと感じたところとイマイチなところをご紹介していきます。

まずは長所。

Seagullのフードキャリアの良い所は

  • 作りがシンプルで清潔を保ちやすい
  • 他とは違ったオシャレさ
  • 劣化しない
  • お弁当箱への臭い移りが無い
  • 頑丈で扱いやすい
  • 何より安全

こんな感じです。

とにかく作りがシンプル。蓋にパッキンすらないので、めちゃくちゃ洗いやすいです。

入り組んで洗いにくいところも無いので、清潔を保つのが楽々

そんでもって、見た目がお洒落ですよね。

プラスチックお弁当とは一味違った、アウトドア的なオシャレ。

うちの子は学校でみんなから『スゲー、キャンプみたい!』とうらやましがられたらしい。

デザインもシンプルなので年齢問わず愛用できます。

ステンレス製なので殆ど劣化も無し。もちろん錆びたりしませんし、プラスチックの様に年月の経過とともに剛性が弱くなったりしません。

あと、『臭いが残らない』のはかなりポイントかもしれません。

プラスチックのお弁当箱やタッパーって、前の食品の匂いが残ったりすることありますよね?

ステンレスなのでそういうことも全く無しです。

頑丈で成長期の子供がずさんに扱っても割れたりしないし、勿論有害物質の心配も少ない

お値段2千5百円ちょっとくらいで買った記憶があるんですが、費用対効果は高いです。

Seagull フードキャリア 二段式の今一歩な点

散々褒めちぎったSeagullのフードキャリアですが、勿論『今一歩…』と感じる様な問題点?もあります。

物足りなさを感じるのはこんな点かな…。

  • パッキンが無いので汁物は漏れる
  • 大きくてごつい
  • 勿論保温性は無いので保冷バッグ必須

正直あんまり不満はないんですが、やっぱりパッキンが無いのは大きいです。

おかずを入れた時は、ラップをかけてから蓋をしないと液漏れします

よっぽど汁がでるおかずを入れるとか、横に倒したりするとかしなければ大丈夫っちゃ大丈夫なんですが。

おかずの段はラップ一枚はさんでの蓋をしなくてはなりません。

まあ、言い換えればラップさえ挟めば大丈夫なんですけど…

海外製品と言うこともあり、ゴムパッキンが挟まったプラスチック製のお弁当箱を使われてきた方からすると結構うーんと思うかもしれません。

間違いなく、小さなお子様には向きませんね。

うちの子は5年生くらいからこの商品使っていますが、小学生くらいでも高学年になれば問題は無いと思います。

ただ、幼稚園生や小学校中学年くらいまでのお子様にはお勧めできません。

中高生や大人なら問題なく使えると思います。

あとは、おおきくてごつめなのは気になる点かな~?

持ち手の部分があるので、一般的なお弁当箱に比べるとかなり大きい印象があります。

荷物をできるだけコンパクトにしたい方には向かないです。

大きさが気になる方は↓の様な平型のお弁当箱の方がおススメ。

うちの場合、大食い夫がいて平型では容量が足りないということで二段式にしましたが、わたしや息子は平型でもよかったな~と思っています。(購入検討中)

あと、勿論のことですが保温性はありません

保冷バッグは必須です。

うちはディズニリゾートで購入したこちらの保冷バッグに入れて(夏は保冷剤と共に)使っています。

この辺は一般的なプラスチック製のお弁当箱と一緒ですね。

まとめと総評

というわけで、おススメステンレス製お弁当箱『Seagull フードキャリア 2段式 12cm』の紹介をさせていただきました。

多少使い勝手が悪い所もありながらも、それでもやっぱり安全性には代えられないとのことで使っているこちらの商品ですが、総評はこんな感じ↓。

安全性
(4.5)
容量・大きさ
(4.0)
弁当箱としての機能性
(3.5)
価格と商品の質のバランス
(4.0)
総合評価
(4.0)

正直、日本で開発されたパッキン入りのプラスチック製弁当箱に比べたら…劣るところはあります。

シンプルで古典的な作り故に不便だな~とも思います。

でも、シンプルで古典的だからこそ優れている点もあります。

結局どこを重視するか?の問題です。

使い勝手だけを考えれば間違いなく一般的なプラスチック弁当箱に軍配があがるでしょう。

でも、複雑に作りこまれたプラスチック製の弁当箱が実現できない安全性・無駄の無さがあるのも事実です。

できることなら、『使いやすく安全で安くておしゃれ』というのが一番理想的なんだと思います。

が、すべてを兼ね備えるのが難しいという場合は?

優先順位をつけなければいけないわけで…。

わたしの場合、利便性よりも安全性の方が重要だったわけですね。

みなさんはどのポイントを選びますか?

以上、わが家で使っている安全なステンレス製のおススメお弁当箱『Seagull フードキャリア 2段式 12cm』のお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください