オーガニックって何?宗教?いいえむしろ最高に合理的な考えです

世に言うオーガニックライフ的な暮らしをしている管理人のJADEです。こんにちは。

今日はオーガニックライフを実践しているとよく聞かれる『オーガニックってなんや?』という疑問をテーマに取り上げました。

皆さんの周りにはオーガニックライフとか、自然派とか呼ばれる生活や思考をしているお知り合いはおられますか?

ちなみにそういう方を皆さんはどんな目で見ていますか?

わたしはよく『なんかの宗教?』とか、『やばい思考に走ってる』みたいな目で見られたりします。

『農薬が…』とか『化学調味料が…』とか、『自然栽培で…』とかそういう話を聞いていると、オーガニックに興味が無い方は

ちょっとこの人やばいんじゃない?オーガニックって宗教か何か?

と思われるのかもしれません。

実は今でこそオーガニックライフをしているわたしですけど、数年前はオーガニックを猟奇的な目で見ていた側に立っていました。

ですので、わたしをそういう目で見る人々の気持ちは十分すぎるほどわかります。

結論から言いますと、オーガニックは宗教じゃありません。(きっぱり)

じゃあ、オーガニックって何なのよ?と気になる方もおられるかもしれませんので、今日はオーガニックや自然派と呼ばれるナチュラル思考についてわたしの意見を書いていこうと思います。

良ければ最後までお付き合いください。

オーガニックっちゃ何ですか?

オーガニックという言葉を辞書で調べると以下の様に記載されています。

オーガニック(Organic)=有機栽培によるもの

だそうですよ奥さん。

じゃあ有機栽培ってなんやねん?ってのがわかりにくいですよね。

有機栽培とは…『化学肥料や化学農薬を使わないで育てる』ということと認識していただければ大体意味はわかるのではないかな?と。

人体や地球環境に有害性のある化学農薬や生態系等に影響のある化学肥料を使わないで、より自然界の生態系に寄った考え方で作物を育てる栽培方法です。

さらに遺伝子組み換え作物を含まない、環境ホルモンによる害をうけてない農作物であることも有機栽培との条件になっています。

これらをめちゃくちゃ簡単にまとめると

『新しい科学技術を使わずに、昔ながらの方法で育てられた作物』という表現が一番当てはまるんじゃないかな?と。

これが厳密に言う有機栽培やオーガニックの言葉の意味です。

でも、実際にオーガニック派とか自然派とかナチュラル思考なんて呼ばれる方が使う『オーガニック』という言葉はもっと広い意味を持っています。

野菜や果物、穀物の様な作物だけでなく、健康的で安全に育てられた動植物すべてに対してオーガニックと言う人もいます。

人体や環境に優しいもの、不自然な科学技術によって製造されれいないもの全般…というのが一般的な人が使う『オーガニック』という言葉の意味なんじゃないかな?とわたしは感じています。

オーガニックを何故選ぶのか?

オーガニックの作物や食品って一般食品に比べると高いし、種類も少ないし…簡単に手に入れられないし…

なのに、なぜかこだわる人はオーガニックのものしか買わない。

興味のない方からすると『何でわざわざそこまでしてオーガニックにこだわるの?』と思われるかもしれません。

これが『オーガニックって宗教か何か?』という疑問につながるんだと思います。

はたから見ているとちょっと猟奇的に見えると思います。

わたしも昔はさっぱりオーガニックなんて興味が無かったので、オーガニックライフしている人を見ると『気取ってる人』『お金に余裕がある人』『神経質な人』などとネガティブな見方をしていました。(ごめんなさい)

でも、実際自分がオーガニック派と呼ばれる世界に片足を突っ込んでみると、オーガニックライフというのは全くはたから見ていた印象とは違っていました。

先ほど書かせていただいた通り、オーガニックと言う言葉の意味は厳密に言うと『有機栽培』と言う意味です。

有機栽培=化学農薬・化学肥料・遺伝子組み換え技術・環境ホルモン技術を使わないで栽培する ってやつでしたね。

結局、なんでこの有機栽培のものにこだわるか?というところがオーガニックを選ぶ人を理解するうえで一番重要になってくるわけですけども。

簡単に言うと、『化学農薬・化学肥料・遺伝子組み換え技術・環境ホルモン技術』は健康や環境にめちゃくちゃ悪いから、オーガニック派と呼ばれている人は倦厭しているんです。

生物兵器に使われている成分を含む殺虫剤

『農薬や化学肥料なんていっぱい使われているじゃないか?でもみんなぴんぴんして生きてるし、そこまでして気にすることなくない?』

多分こういう風に思われている方いっぱいいると思います。

でも、沢山使われているから安全か?と言うと、実はそうではありません。

例えば農薬。

作物を作るのに農薬は必須です。

虫や虫食い跡がついている作物は売れませんから、つやつやピカピカの野菜を作るために作物の栽培過程で何度か化学農薬を振りかけます。

農薬をかければ虫はいなくなり、スーパーに並ぶようなつややかで見栄えのよい作物が出来上がります。

この辺までは知っている方も多いのでは?と思います。

ですが、この先はあまり知らない方の方が多いのでは?

この化学農薬の中には生物化学兵器に使われている成分と同じものから出来ている薬剤もあります。

生物化学兵器とは史上最悪の兵器とも呼ばれるあれです。

人体に有害な毒を振りまいて、その地域にいる人々を毒で犯してしまうという恐ろしい兵器です。

そんな恐ろしい兵器に使われる毒性のある化学物質を、農薬として作物に振りまいているわけです。

『残留農薬』という言葉もあるくらいですから、農薬は作物に大なり小なり残留します。

それを毎日わたしたちは口にするわけです。

勿論、食べた農薬は身体の中に入り体内に蓄積します。

実際、わたしは昔(オーガニックライフなんてしてなかったころ)自分の体内にどのくらいの有害物質が溜まっているか?ということを調べるアメリカの最新の検査を受けたことがあります。

わたしの体内から一番検出されたのが有害な化学農薬でした。

日本は世界有数の農薬使用国として有名ですが、そのおかげあって?とにかく高濃度の高毒性化学農薬が検出されて心底びっくりしました。あれは人生で五本指に入るくらいの衝撃的な出来事でした。

『農薬は身体に溜まるらしいよ』と聞くのと、実際に数値で見るのでは全然違います。

その辺については『現代人の身体には化学物質が確実に溜まっている 私がオーガニックおばさんになった理由』という記事で詳しく書いているので、良ければ併せてごらんになってみてください。
現代人の身体には化学物質が確実に溜まっている 私がオーガニックおばさんになった理由

こういった有害化学農薬の曝露や体内への蓄積は、アレルギーや不妊症、自閉症、うつ病、原因不明の下痢などをはじめとした様々な疾患の原因になっているということがわかっています。

恐らくみなさんご自身や家族、恋人、友達に大なり小なり何らかの不調を抱えていらっしゃる方がいるんじゃないかな?と思いますが、もしかすると…自分の大事な人が苦しんでいる理由が普段食べている農薬である可能性もあるのです。

家族の健康を大事にしたいだけ…それがオーガニックライフをする人々の考え

ここでご紹介した農薬の他にも、化学肥料や遺伝子組み換え、環境ホルモン、化学調味料など、オーガニックを選ぶ人が倦厭するものが沢山あります。

何故彼らはわざわざ神経とお金を使って、人から『あの人なんかやばいよね?』みたいな白い目で見られてまで他の人々とは違う暮らしをするのか?

答えは簡単。

自分と家族の健康が大事だから

それだけです。

わたしたちが嫌だと思って避けるものはそのどれもが摂取することで健康を損ねることがわかっているものばかりなんですね。

決して気取った考えでとか、神経質だから…とかいうわけではなくて、単純に健康で長生きしたいからしているだけなんです。

もっと突っ込んだ話をすると、、、

身の回りに有害なものが沢山あるということを知ってしまった以上無視できないからしているだけ

自分や大事な家族に何かあったら耐えられないからしているだけです。

わたしの場合は現代の医学では治すことのできない『難病』になって、しんどくて辛いからできることをやりたいと思ってオーガニックを選ぶ暮らしを始めました。

人が病気になる理由は必ずどこかにあるわけですが、わたしの場合は理由が解明されていない病気だったんです。

『理由わかってないから、じゃあしょうがないね。一生苦しんでいこう』なんて思えるわけもなく。

少しでも元気になりたいと願う気持ちから、『もしかすると自分が病気になった理由がここにあるかも?』と思ったのです。

知れば知るほど、わたしたちがなんとも思わないで口にしたり触れたりしているものの有害性に驚きました。

ふと周りを見ると、息子はアレルギー体質、夫は成人アトピーの経験あり、母はリウマチ。

もしかすると、彼らの体調不良もこれらの有害性の認められた技術のせいなのかも?と思ったんです。

わたしは自分がオーガニックライフに足を突っ込んで初めて、オーガニック派と呼ばれる人々の思考は宗教や猟奇的な考えではないということがわかりました。

彼ら(私を含む)は科学技術の発展に伴って生まれてきた新しい健康被害のデータを検証し、有害なものを避けてるだけなんですね…

むしろものすごく科学的で合理的な考え方に基づいていることです。

根底にあるのは自分たちへの愛情と慈しみ。これは万人に共通することです。

オーガニックに対する無知が偏見を生む

過去の自分がオーガニック派とかナチュラル派とか、自然派みたいな人を見ると偏見の目をもって彼らを判断していたことは先にも書きました。

『自分に酔ってんな~』じゃないけど、健康志向な自分が大好きでやってんじゃないの?なんてひどい考えを持って見ていたこともあります。

本当無知のくせにわかった顔で偏見していた自分が恥ずかしい…。ごめんなさい。

何も知らないで、相手の価値観の裏側を学びもしないで…見た目や印象、大多数と違う少数派という理由だけで相手をジャッジしていました。

少数派を白い目で見るというのはそもそも人間が持っている偏見の本質だと思います。

大衆でないものを変わり者とし、知りもしないのにおかしいとか怪しいとか言う…

それこそがオーガニック含むあらゆることへの偏見の根本です。

例えばヨガ。昔はヨガなんて言うと怪しい宗教と思われていましたが、ハリウッドで流行し全世界でヨガの健康効果が注目されると、たちまち老若男女問わずヨガに夢中になりました。わたしがヨガインストラクターなんですというと、皆キラキラした目で私をみます。

結局、『怪しい宗教なんじゃないの?』という先入意識は無知ゆえに生まれる考えなんですね。

オーガニックに限らずどんなことでも、怪しいと判断してしまう前にさらっとでもいいので学ぶべきです。

知ってもなお『やばい、怪しい』と思うのであればそれは致し方のないことですが(実際怪しいものは世の中に一杯あるから)、知りもしないうちから勝手に『怪しいもの』へのひとくくりにしてしまうのは勿体ないなと思います。

もしかすると、怪しいと思っていたそれこそが、自分や大事な人を健康で長生きさせる可能性に満ちたものであるかもしれないのですから。

まとめ

簡単ではありますが『オーガニックとは何ぞや?』について、実際にオーガニックライフを実践しているものが紹介させていただきました。

実は本当はもーーーっとオーガニックは奥が深くて、語り始めたら何時間あっても足りないんですけど…

多分、わたしの異様な熱量に皆さんはついてこられなくなってしまい、それこそ『オーガニック怪しい~』と思われかねないのでw

あえて超絶ざっくりと説明させていただきました。

恐らく詳しくオーガニックとか自然派をご存知の方からすると『ずいぶん割愛してんな』とか『ちょっとそれ違くない?』と思われる部分もあるかと思いますが、その辺は暖かい目で見守っていただけたら幸いです。

同じことの繰り返しになりますけど、

オーガニックって宗教じゃないから!(笑)

この一言に尽きます。

え、だってさ~長生きしたいじゃん?

健康でいたいじゃん?

子供とか旦那とか病気になってほしくないじゃん?

ただそれだけです(笑)

オーガニックライフをして損することはないんじゃない?ってだけ。

身体に悪いってわかるものを避けるほうが、避けないで暮らすよりは多分安全でしょ?

だったら、安全の方がいいじゃん?って単純な考えです。

多分、同じアイスならいっぱい入っててお得な大容量買った方が得じゃん?って考え方と同じです。

大は小を兼ねる的な?

これを『怪しい宗教だ』ととらえるか、『きわめて合理的な考えだ』と捉えるかは人の価値観にもよるのかもしれませんが…。

もしこの記事を読む前に『オーガニックとかって怪しい~』と思っておられた方が、この記事を読んで『あー、まあそういう考え方もありかもね』と感じてくれたらこれよりうれしいことはありません。

最後までお読みいただきありがとうございました♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください