インストラクターおすすめの最強マット・マンドゥカ PRO liteレビュー

ブロガー時々ヨガインストラクターのJADEです。おこんにちは(^^)

今回はわたしが本気でおススメしたい高性能・耐久性抜群のヨガマットをご紹介します。

今回ご紹介するのは『マンドゥカ(manduka)』というブランドから発売されている『プロライト(PROlite)』というヨガマットです。

マンドゥカ Manduka ヨガマット 5mm プロライト 軽量 PROlite Mat
created by Rinker

以前『安いだけでは後悔する!ヨガマットの選び方と初心者向けおススメヨガマット6選』という記事で初心者向けのヨガマットのおススメについて書かせていただいたんですが、今回おススメする商品ははっきり言って前回の記事とは段違いでおススメする本格派のヨガマットです。

グリップ・耐久性・品質等どこをとっても桁違いにすんばらしい。

それゆえお値段も少々張ります。

が、しかし!ぶっちゃけ一生使っていけるような高品質マットなので、ロングスパンで考えればとてもお得だと言えるマットです。

マンドゥカ(manduka)プロライト(prolite)ヨガマット5mmとは?

ヨガを志すものなら一度は聞いたことがあるマンドゥカ(manduka)社

アメリカの大手ヨガマットブランドで、世界中のプロインストラクターがマンドゥカ社のマットを相棒にしてヨガ指導をしています。

マンドドゥカのマットの中でも最高品質の『ブラックマット』は有名ヨギーや世界規模で活躍する人気インストラクターにも愛用されており、インストラクターの憧れの存在ともいえる一枚です。

今回はこのブラックマットを”より使いやすく”した、初心者から上級者・プロまでが使うことのできる本格高品質マット『プロライト(PROlite)』をご紹介します。

マンドゥカ Manduka ヨガマット 5mm プロライト 軽量 PROlite Mat
created by Rinker

『性能は抜群だけど重くて持ち運びしづらい』というブラックマットの弱点を改良して、軽量化された商品です。

マットとしての性能はブラックマットに引けを取らないのに、軽くて持ち運びしやすく、さらに少しお値段も安くなってます

こちら↑はわたしが使っていたプロライトの写真。(過去形なのは失くしてしまったから涙)

購入したのは4年ほど前でしたが、初心者の頃は勿論、インストラクター養成~インストラクターとしてクラス開催する頃までずーっと愛用していました。

性能・安全性・耐久性どれをとっても文句なしのヨガマットプロライト(PROlite)

わたし自身それなりに色々なヨガマットを経験してきましたが、正直言ってこのプロライト(PROlite)は他からは群を抜いて高性能でした。

ポージングをするうえで重要なグリップ力は勿論、人体や環境への安全性、マットとしての耐久性どれをとっても文句なしのトップクラスです。

柔らかすぎないのにグリップする

プロライトは柔らかさとしてはやや硬めという印象があります。

超高密度のゴムを何層にも重ねてつくられているため、ふんわりと柔らかい触り心地(乗り心地)ではありません。

テクスチャが固いマットというのは滑りやすいものも多いのですが、このプロライト(PROlite)はしっかりとグリップします。

個人的には過去のマットの中で断トツ一位のグリップ力だと感じています。

汗をかくようなハードなヨガやホットヨガだと滑る可能性はありますが、通常の常温ヨガでしたらどんなポーズもぶれずにキープできると思います。

わたしはプロライトを購入する前にナイキかなんか?の5000円くらいのマットを使っていましたので、初めてプロライトでヨガをした時はグリップ力の高さにビビりました。こんなにも違うのか?と。

その後、二年半ほどプロライト一本でヨガをしていましたが出先で失くし(がーん)、興味本位で別のマットを渡り歩いているものの、未だに何のマットを使っても『マンドゥカには劣る…』と呟いています。

過去最高の一枚だったことは間違いありません。

同じ5mmマットでも密度が違う

先ほど『プロライトは超高密度ゴムが何層にもなって出来ている』とご紹介させていただきました。

そうなんです。このヨガマットは超高密度のゴムを何層にも重ねて作られているため、巷でよく目にする5mmマットよりもすごーーーーく密度が高いんです。

だから、マット自体のしっかり感が他の5mmマットとはぜんっぜん違います。はっきり言って。

固い床でのごつごつ感なども吸収してくれるので、どんな場所でもいつでも同じ感覚でマットに乗ることが出来ます。

ただ、ゴムの密度が高い分重いのは正直なところで、一般的な5mmマットに比べるとかなり重さはあると思います。

軽量化を目指して作られた商品とのことですがそれはあくまでブラックマットに比べてということで、恐らくマンドドゥカのマットを初めて使われる方は『ずいぶん重たいマットだな~』と思われると思います。

PVC(ポリ塩化ビニル)ではあるが最高品質の安全性を誇る

このプロライトヨガマットはPVC(ポリ塩化ビニル)製のマットです。

環境問題や健康に興味がある方の中にはPVC(ポリ塩化ビニル)と聞くと嫌悪してしまう人もおられるかもしれません。

実は私もその一人。

質の悪いポリ塩化ビニルはダイオキシンを発生させ、更には素材中に含まれる有害物質由来の健康被害が懸念されているからです。

でも、ご安心ください。

マンドドゥカのプロライトで使用しているPVC(ポリ塩化ビニル)は有害物質に配慮された高品質のPVCで、厳しい基準に合格した製品なんです。

その為、PVCマット特有のぺかつきや臭いはほとんどないです

わたしが初めて使ったときは正直びっくりしました。

それまで使っていたPVCマット特有の不快感がゼロなんですもの。

今お使いのヨガマットのベトベト感・脂っぽい感じが気になる方は、マンドドゥカのマットは本当におススメです。

さすが一流メーカーと言いたくなる抜群の耐久性

マンドドゥカのプロライトマットはとにかく抜群に性能が高いマットですが、わたしが特に特にとーーーくーーーにーーーー熱弁したいのはその『耐久性』

段違いです。本当に。

見にくくて、更にぼんやりとした写真ですみませんが、上の二枚の写真の間には2年間と言う月日が流れています。

一枚目の写真は買ったばかりの頃に撮った写真。

下の写真は二年後の写真。

ぼんやりとしているし、こんな遠くから撮った写真じゃなーんにもわかりませんけど…まあ何が言いたいかと言うと、全然変化が無いってことです。

全く摩耗している様子が無い。

接写写真見てみましょう。

ほら、もう、表面も傷一つありません。

この間毎日ヨガをし続けていたというのに、マットは二年たっても買った当初と全く変わりが無いお姿でした。

ちなみに、マットの摩耗とはどんなものか?がわからない方もおられると思うので、わたしのべつのヨガマットの写真をお見せしましょう。

これも二年の使用での変化が見て取れる写真です。

どーですか?みなさん。

ボロッボロでしょう?

こちらは週に二三回、2年間パワーヨガをした結果です。

遠目で見てもわかるくらい、なんか…いろいろ消えてますよね。柄なんて皆無に近くなっている…。

近くで見るともっとひどいのこれ。ポロポロはがれて、穴がボコボコ開いてたりするんです。

接写写真どん!

ひどい有様ですよね。こうなると、ヨガしてるだけでボロボロ剥がれてきて、手も足も床もマットのクズだらけになります。

『同じ5mmマットなのに、同じ高品質PVCマットなのにこんなに違うかマンドゥカ!!!』と叫びたくなっちゃうくらいの差ですね。

このボロボロマットはマンドゥカを無くした後に買ったものなんですけど、値段も殆ど変わらなかったのに、耐久性はマンドゥカの足元にも及ばず。

こんなことならまた同じPROliteを買えばよかった…と心底後悔しています。

写真をお見せした二枚のマット以外にも結構様々なマットを使用していますが、マンドゥカのプロライトは間違いなく段違いで丈夫です。

『一生もののマット』と言われる理由がわかりますね。

お値段はそこそこするヨガマットではありますがこのように長く愛用できるので、トータルコスト考えたら下手なちょっと安いヨガマット買うよりは絶対お得だと思いますよ。

初心者から上級者まで長期間使える一生もの

弱点が殆ど見つからないこのマンドゥカ(manduka)のプロライト(PROlite)。

どのくらいのレベルの方が使っているのかな?というのも気になるところですよね?

このマットだったらどんなレベルでも対応できるというのがわたしの感想。

知り合いに尋ねられた時も『とりあえずこれを買っておけば、先々上達して色々なヨガをやりたくなっても大丈夫』と伝えています。

初心者から上級者、プロまで使えると思います。実際にわたしにヨガを指導してくれた指導歴10年以上の先生もこのマットを愛用しています。

汗をかくようなホットヨガとかは別として、それ以外だったらどんな強度のヨガにもこれ一枚で対応できます♪

ヨガのステップアップと共に安いヨガマットを何枚も買っていくぐらいなら、最初から多少お値段が張ってもプロライト位のマットを購入しておいてもいいと思います。

『初心者なのにマットだけ上等だったら恥ずかしい~』という意見もちらほら見聞きしますけど、そんなことはノープロブレム!!

むしろ、筋肉や体の使い方がわからない初心者だからこそ、マットは良いもの・ちゃんとしたものを使うべきです。

変に滑るようなマットでヨガを始めてしまうと思わぬ怪我につながったりもしますので。

逆に、これ以上のクラスのマットは一般の人には要らないですね。

マンドゥカには他にももっと本格的なマットもあるんですよ。

でも、余程の修行者やアドバンス(上級)クラスの指導者にでもならない限りPROliteで十分です。

ヨガマットに於いて『安かろう悪かろう』という言葉は本当だと思いますが、『一番高かろうよかろう』でもないんです。

指導者クラスの人でも大概はこのPROliteで問題ないと思います(^^♪ (何ならもっとひっどいマット使ってる人も沢山いる)

まとめ

というわけで、おススメヨガマット『manduka(マンドゥカ) PROlite(プロライト)』でした~。

まあ、散々色々なことを書いてきましたが、早い話このプロライト買っておけば間違いはないよってことです。

先述の初心者向けヨガマット記事『安いだけでは後悔する!ヨガマットの選び方と初心者向けおススメヨガマット6選』の中でも触れている通り、マットと言うのはものすごい膨大な量の商品があって選ぶのがそりゃもう大変じゃないですか?

値段の幅もマットの厚さも、素材もそりゃもうピンキリあるんですよ。

だから『最良の一枚はどれなんだろうか?』と悩み始めると、いつまで経っても選べない!涙

ネット社会の現代ならではの『商品を見ないで買うスタイル』となると更に大変ですよね。

マットは見て、乗って、触って選ぶのが基本なのに…と。

結果わたしはそれで何枚もマットを買い失敗してきました(トホホ)

そんな失敗談からようやく見つけたのがPROlite(プロライト)。

繰り返しになりますが性能・安全性・耐久性は抜群です。お世辞抜きで。

今のところ、自分や他のインストラクター仲間が使っているヨガマットの中で、PROliteを超えるマットは見つけられておりません。

そのくらいバランスのいいマットなので、マットにお悩みの方は是非チェックしてみてください♪

マンドゥカ Manduka ヨガマット 5mm プロライト 軽量 PROlite Mat
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください