一日五分コーヒー一杯で始める簡単コーヒータイム瞑想 

瞑想やると良いらしいね

有名実業家やハリウッドセレブ達が瞑想をしていることが知られるようになった近年、瞑想に興味をもつ人が増えてきました。

わたしの友達も瞑想に興味を持って、「ちょっとやってみたいんだけど…」なんて相談されるようにもなりました。

でも、瞑想って難しそう…

やりたいと思っていても『瞑想=難しい』というイメージが先行して、イマイチ躊躇してしまう人もちらほら。

Jade

そんなことないですよ~。簡単にできる瞑想はいっぱいあるんです

敷居が高くて難しそうな瞑想ですが、実はそんなに難しくはないんです。

今日は誰でも簡単に出来るプチ瞑想『コーヒータイム瞑想』のやり方をご紹介します。

本当大したことしないでも手軽に始められる瞑想なので、難しいことは苦手な方は是非トライしてみてください。

瞑想=座禅を組んで精神統一するものだけではない

皆さんは瞑想というとどんな行法を想像しますか?

まあ、多分大体の人がこんなのを想像すると思います↓

まあ、これはこれで正解なんですけど…

瞑想=座禅を組んで目を閉じること

という意味ではないんです。

瞑想というのは元々はヒンドゥ教ルーツのヨガの修行法で、

べらべらと年中おしゃべりしている心の声を止めるためにする集中法

というのが本当の意味。

あくまであぐらで目を閉じているのは瞑想を行う上での一つの体勢でしかなく

実際に大事なのは心の声(考え事)が止まるか止まらないか?

極端な話、考え事が治まって心が穏やかな状態なら、別に座禅なんか組んでなくてもいいんです。

座禅を組んで瞑想しようと思うと宗教臭が強くて敷居が高くなる

勿論、長い歴史の中で「座禅(あぐら)を組んで瞑想しましょう」とされてきたのは、瞑想においてこのスタイルが最も集中しやすいと型として重んじられてきたからでしょう。

でも、実際長時間足を組んで座禅を組むのは足がしびれてしんどいし、人によっては「いかにも宗教っぽくて嫌だ~」と思われる方もいるかもしれません。

現代人は強い信仰の精神を持たないフリーな人が多いので、かしこまったいかにもTHE・瞑想のスタイルには躊躇してしまうのも頷けます。

形にこだわらずフリースタイルな瞑想で瞑想の恩恵だけを受け取ろう

こんなことを言うと、他のヨガの先生に怒られてしまいそうですが…

わたしは別に畏まって長時間瞑想しなくてもいいと思っています。

だらだらした体勢でも、ほんの一瞬でも、日常生活の中で本当にごくわずかの時間に手軽に瞑想したらいいじゃん?と思っている。

「適当に取り入れて、瞑想の素晴らしい恩恵だけうまいこと享受したら、効率よくていいじゃん?」みたいなチャラいヨガインストラクターです。(本当にごめんなさい)

だって、畏まって堅苦しくして人々から嫌厭されてしまうには勿体ないくらい、瞑想には素晴らしい効果・恩恵があるんですもの。

やらないのは損!瞑想の恐るべき効果

瞑想は脳のスペックを上げる

海外の研究で『瞑想は脳のスペックを向上させる』という結果が得られました。
参考 8週間の瞑想で脳が“生まれ変わる”ことが判明! 海馬の劇的変化で記憶や自己認識も向上、ハーバードとマックス・プランクが断言!TOCANA

この研究からは、『8週間の瞑想を体験した被験者の脳は海馬の部分の灰白質密度が高まった。(スペックの向上)』という結果が得られたそうです。

海馬とは記憶・自己意識・共感・考察などの活動に関係しているといわれている部分です。

瞑想はメンタル調整効果がすごい

お金やしんどい努力不要で脳にいい影響があるのなら、やって損は無い瞑想。

海馬の密度を上げる他にも多くのメンタル調整効果が期待できます。

  • 幸福感の増加
  • 集中力の強化
  • リラックス効果
  • ポジティブ思考が生まれてくる
  • ストレス耐性の向上
  • 疼痛コントロール効果
  • 直感力が上がる
  • 睡眠の質の向上

簡単に挙げただけでも、過去の研究でこれだけの効果があることが実証されています。

一日五分!コーヒー飲みながら出来る『コーヒータイム瞑想』

タダでできて効果抜群の瞑想。

皆さんもやってみたくなりませんか?ワクワク

ここではコーヒーを飲みながら簡単に出来る『コーヒータイム瞑想』のやり方をご紹介します。

座禅不要!

特別な道具不要!

めんどくさいこと不要!で

簡単に誰もが出来るお手軽瞑想法です。

早速今すぐトライしてみましょう。

コーヒータイム瞑想の仕方

★用意するもの★

  • 美味しいコーヒー(コーヒーが苦手ならハーブティーや紅茶など、好きなドリンクで構いません)
  • 静かな環境

必要なものは以上でございます。

ではレッツスタート♪

手順1
目を閉じて深い呼吸
コーヒーを飲む前に、目を閉じて静かに深い呼吸をします。

力まず、でも短すぎないゆったりとした呼吸続けます。

吸って・吐いて五セットほど繰り返しましょう。(回数は神経質にならずに心地よいと思う回数続ければOKです)

その時、鼻からコーヒーの香気をしっかりと味わいます

繰り返される呼吸とコーヒーの香りに集中して。

嗅覚をくすぐる香ばしい香りにしばし心を添わせていきましょう。

手順2
コーヒーを飲む
思いっきりコーヒーの素敵な香りを楽しんだら…

目をゆっくりと開け、いよいよ目の前のコーヒーを味わいます。

カップから伝わる温もり、鼻を通るコーヒーの香り、舌に感じる深い味わい…今目の前にあるコーヒーと五感が感じていることに集中します。

何か考え事が浮かんで来たら、目の前のコーヒーの中にその考え事が溶けて消えてしまうイメージを描きます。

考え事が消えたら、また五感に集中して…。

心がおしゃべり(考え事)をするたびに、溶けては消えてのイメージを気楽に続けていきましょう。

唇に触れるコーヒー、喉を通る時の音、僅かな振動で揺れるコーヒーの表面など、目の前で起こっている『コーヒーを飲む』という行為に心を寄せていってください。

手順3
締めの呼吸
ゆっくりと丁寧にコーヒーを味わったら…

最後はもう一度目を閉じてゆったりした呼吸を繰り返していきます。

静かな心の中を味わっていきます。

そして、ゆっくりと呼吸に集中して思う存分この瞬間を味わったあと…

ゆっくりと目を開けていきます。

おわりに:今日から始めよう簡単『コーヒータイム瞑想』

え?それだけ?

コーヒー味わって飲んでいるだけじゃん!

とびっくりされるかもしれませんが、そうなんです。

「丁寧に、五感を集中して、一つのことをする。」

これが瞑想法なんです。

肩ひじ張らずにリラックスできるような身近なことに集中し、丁寧にそれを味わうことで、心のおしゃべりが消えていきます。

コーヒー一杯飲む間なら、気楽に簡単に瞑想に挑戦できると思います。

慣れないうちは色んな雑念が湧いてくると思いますが、繰り返していくと徐々に考え事が湧かない「静かな心」の状態がわかるようになってくるはずです。

一度間隔を掴むと心が済んだ静かな状態になるまでの時間も短くなってきます。

うまくいかなくても、あきらめずに気軽に根気よく続けてみてください。

毎日続けることで、瞑想の素晴らしい恩恵を自分のものにできます。

コーヒー一杯から始める『コーヒータイム瞑想』

今すぐ皆さんもコーヒータイムしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください