安いのに高性能なおすすめヨガマット!インストラクター’s チョイス

ヨガマットを選ぶ上で『安さ』というのは重要なポイントですよね。

特に初めてヨガする人は値段の手に取りやすさを特に重要視したいんじゃないかな?と思います。

どれだけヨガを続けられるかわからないし、安いマットでいいかな~

この記事ではそんな初めてさん向けのお手軽なマットをインストラクター’sチョイスで六枚ほど紹介していきます。

これからヨガを初めるというビギナーさんは宜しければチェックしてみてください♪

安いヨガマットを買う場合でも必ず選び方の基本を抑えよう

これまでに書かせていただいてきたヨガマット紹介記事の中でも再三言い続けてきたことですが、

ヨガマットは安かろう悪かろうな商品があるから注意ですよ~

『安い』というテーマでヨガマットを探すと、無数にどこまでも安い商品が見つかると思います。

でも、安いヨガマットの中には『身体を触れて使うには安全ではない有害物質を含むもの』とか、『安いだけでマットとしての性能がかなり微妙なもの』、『とてもじゃないけれど工業製品の臭いがキツすぎてげんなりするもの』など、

言ってみれば『安いだけに質が悪い商品』も沢山あります。

わたしはインストラクターの端くれなので、こういう商品は人にはお勧めしたくありません。

このブログでヨガマットを紹介する時は一貫して

  • 有害物質を含まない(安全性)
  • 広いシーンで使えるオールマイティなサイズ・厚さ(ビギナー向けのサイズ)
  • 値段に見合った基本性能
  • 値段に見合った耐久性

という『マット選びで押さえるべき基本』を外さない商品だけを紹介しています。

(※ヨガマット選びで押さえるべき基本は『安いだけでは後悔する!ヨガマットの選び方と初心者向けおススメヨガマット7選』の記事で解説しています。そちらを一読してからこの記事を読むとより分かりやすいと思います。)
安いだけでは後悔する!ヨガマットの選び方と初心者向けおススメヨガマット7選

『安さ』というテーマは忘れずに、欲しい最低限の条件を兼ね備えている商品です。

是非皆さんもヨガマットを買う場合は『ヨガマットを選ぶ時に抑えるべきポイント』をうまく押さえながら、お金を払うのに見合うだけのクオリティがある商品を選ぶようにしてくださいね。

安くて手に取りやすいのに性能が良いヨガマット6選

いよいよここからは実際のマット紹介です♪

先にも述べました通り、ここで紹介するのは『お手頃価格で値段に見合った安全性と機能性を持つマット』ばかりです。

勿論一流のマットには性能・耐久性は劣りますが、ヨガをスタートするのにはぴったりです。

ご自身の予算に合わせてチョイスしてみてください。

1000円台で買える格安ヨガマット

PURE RISE オリジナル 6mm ヨガマット

PURE RISE オリジナル 6mm ヨガマット

素材 PVC(ポリ塩化ビニル)
値段 1590円
対応レベル 初心者
厚さ 6mm(広い範囲で使える厚さ)
軽さ 普通
マット性能 最低限

インターネットショップ『PURE RISE』オリジナルの、PVC(ポリ塩化ビニル)製のマット。

(マットの原料となる素材の特徴も『安いだけでは後悔する!ヨガマットの選び方と初心者向けおススメヨガマット7選』という記事の中で詳しく解説しています。)

有害物質・有機化合物・有害重金属を含まない高品質のPVCを使用しながら、1590円というお手頃価格を実現した1枚。

使用感はごく一般的の初心者向けマットで数ヶ月使うと物足りなさを感じるであろうという懸念はありますが、汎用マットとしては十分役目を果たしてくれると思います。

専用のメッシュケースも付属してくるので、新たに持ち運び用のケースを購入する必要もありません。

安全性はしっかり押さえつつも価格重視のお手軽マットが欲しい方は、こちらのマットがおすすめです。

2000円台で買えるお手頃ヨガマット

Real stone 6mm ヨガマット

Real Stone 6mm ヨガマット

素材 PVC(ポリ塩化ビニル)
値段 1800円台~2400円弱
対応レベル 初心者
厚さ 6mm(広い範囲で使える厚さ)
軽さ 普通
マット性能 普通

人気のヨガウェアブランド『Real stone』から発売されている、PVC(ポリ塩化ビニル)製の入門用マット。

お手頃価格でありながら有害物質への配慮がされているのは、さすがヨガブランドReal stone。

PVC特有の臭いやべたつきは多少ありますが、クッション性やグリップ力はまずまずで最初の1枚としては十分です。

マットの淵に入っているワンポイントアイコンがとてもオシャレ。

カラーバリエーションも豊富で男女共に選べるカラーが揃っているので、老若男女様々な人から愛用されています。

安全性・マット性能・値段のバランスが取れたおススメのお手頃ヨガマットです。

安いヨガマットが欲しいという知人には、基本わたしはこのマットをお勧めしています。

カラーバリエーション違いでダイダイカラーの商品もあります↓(生産終了品なので在庫販売のみ)

バイカラー 高級TPE バイカラー 6mm ヨガマット

バイカラー 高級TPE素材エクササイズマット

素材 TPE
値段 2680円
対応レベル 初心者
厚み 6mm(広い範囲で使える厚さ)
軽さ 軽い
マット性能 普通

エコでグリップ力の高いTPE素材のマットが驚きの2000円台で販売されている商品。

ヨガブランドのマットではありませんが、それでもマットとしての性能は十分押さえられています。

TPEの2重構造になっており、裏面・表面どちらでも気分に合わせてリバーシブルして使うことが出来ます。

「それほど予算は組めないけど、それでも人体と環境には配慮したい」という皆さんには特におすすめしたい一枚です。

商品にはマットを収める用のメッシュバッグも含まれているので、これからヨガを始める方はこれ一つ買えばOK!すぐにでもヨガを始められます。

ガイド付き TPE 6mm ヨガマット

ガイド付き TPE 6mm ヨガマット

素材 TPE
値段 2280円
対応レベル 初心者
厚み 6mm(広い範囲で使える厚さ)
軽さ 軽い
マット性能 普通

こちらも環境に優しいTPE素材を使用したヨガマット。

この商品の特記すべきオススメポイントは、マットの大きさと表面に施されたガイドライン。

一般的なマットは180cm×60cmなのに対し、このマットは横幅が少し広めの66cm。

さらに、マットの表面にはポジショニング(手足をどこに置くか)に便利なガイドラインがついています。これはかなり便利だと思います。

ヨガって意外に関節や筋肉に大きな負担をかけるポーズが多いので、正しいアライメント(姿勢)で行わないと怪我をすることにもなりかねないんです。(ヨガでの怪我は意外に多い)

このガイドラインを利用すれば正しい姿勢を取るのが楽になるはずなので、初めての方程ラインが入っているマットをお勧めしたいですね。

ヨガマットの性能も入門レベルであれば全く問題のない一枚。

早く上達したい、怪我無く正しいフォームでヨガがしたい…そんな皆さんはこちらの商品を使用されるといいと思います。

3000円台~買えてコストパフォーマンスが光るヨガマット

Yoga works 3.5mm PVCマット

ヨガワークス ヨガマット3.5mm 

素材 PVC(ポリ塩化ビニル)
値段 3000円前後〜
対応レベル 初心者
厚さ 3.5mm(気持ち薄め)
軽さ 普通
マット性能 普通

世界中で愛されるヨガグッズブランド『Yoga works』から発売されている厚さ3.5mmのPVCマット。

毒性物質・有害重金属・有害有機化合物の検査を行うのは勿論、商品の製造・輸送中に発生するCO2の発生を低減している、環境と人に優しいPVCマットです。

Yoga worksのこのヨガマットはビギナーのファーストマットとしては最もポピュラーで、多くの人が最初のヨガマットとして購入愛用しています。

厚さが3.5mm薄めな為、身体の細身な人や骨太な人には痛さや物足りなさを感じるかもしれませんが、一般的な初心者向けのクラスであれば問題なく対応できます。

厚さが薄い分持ち運びはコンパクトになるのは利点です。

発色の良いカラーバリエーションが特徴で、元気な色味がヨガのモチベーションをあげてくれます。

口コミ数・愛用者数がダントツに多い、広い人に支持された間違いのないPVCマットです。

eka pvc ヨガマット 8mm

eka pvcマット 8mm

素材 PVC(ポリ塩化ビニル)
値段 3584円
対応レベル 初心者
厚さ 8mm(厚め)
軽さ 普通
マット性能 普通

LA発のエコなヨガブランド『eka』から発売されているPVC(ポリ塩化ビニル)ヨガマット。

ekaのマットはどの商品も毒性物質に対して高い意識で配慮がなされているので、個人的にかなり好感を持っています。

このマットはここまでに紹介したマットに比べてこのマットは少し厚みがある一枚ですが、痩せている方や骨太の男性、ヨガ以外にも筋トレ等でマットを併用したい方にはこのくらいの厚みがおススメです。

ekaのマットはどの商品もデザインが洗練されているのが好きです♡(柄物マットは他には無い可愛さなんですよ!)

PVCのマットは本当に値段と質がピンキリあるんですが、このekaのPVCマットは価格に見合った性能と耐久性がありますので、少し長い目で見てコスパが高い商品を求める方はこちらをお勧めします。

安いヨガマットをうまく利用して気軽にヨガを始めよう!

安いヨガマットが沢山販売されるようになった昨今、ヨガが気軽に始められるようになりました。

大きな経済負担無しに誰でもヨガに挑戦できるようになったのは、インストラクターとしてはとても嬉しいです。

ただ、自分の大切な身体に触れるマットは最低限安全性を注視してつくられたものであってほしい。

更に、出来るならばマットとしての性能もお金を払うに見合うだけのものであってほしい。

そんなおせっかい心を添えながら?選んだ今回のマット6選。

中には安いという価格帯に入るのか微妙な値段のマットもありましたが(特に後半)

それだけマットの安全性と機能面を兼ね備えたマットというのは、実はあるようで全然無いんですね…。残念。

もっと、安くて安全かつ使えるマットが増えて欲しいものです。

是非皆さんもこれらのお手頃なマットを上手に利用して、ヨガの素晴らしきかな世界に触れてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください