Filmora VS PowerDirector!PowerDirector選んだ理由!Youtube収益化も可能!

Youtube動画がメディアの大きな柱になりつつある昨今、Youtube動画で動画を製作する人は多いかと思います。

わたしも最近動画制作をスタートしてちょびちょび作品公開を始めました。

動画制作ってとても楽しい!ブログとはまた違った楽しさがあります♥

わたしはWindowsユーザーなのですが、Windows対応の動画編集ソフトとして初心者に人気なのが

wondershareさんの『Filmora』

Cyber Linkさんの『PowerDirector』

この二本。

初心者に限らず人気のYoutuberさんの中にも、これらのソフトを使われている方がおられますね(^^♪

「これからYoutubeに挑戦したいという方の中には、Windows用の動画編集ソフトでこの二つを天秤にかけてどちらを購入するか悩んでおられる方も多くおられるのではないかと思います。

わたしも同じようにかなり悩み、最終的に『PowerDirector』の方を選びました

今回の記事では『何故わたしがFilmoraとPowerDirectorを天秤にかけた結果Power Directorを選んだのか?』という経験談を大筋にしながら、

  • Youtubeを始めるに当たってFilmoraとPowerDirectorのどちらにしようか悩んでいる
  • これからYouTubeを始めようと思っている人向けのおすすめ動画編集ソフトを探している
  • FilmoraとPowerDirectorを使った動画はYoutubeで広告収益化が可能かどうか?
こんな疑問を抱えている方に役立てる内容を書いていけたらと思います。

著者

これからYoutubeを始めたいと思う方は是非チェックしてみてください!

※この記事はあくまで超初心者向けのFilmoraとPowerDirectorの初歩的な比較記事になります。より詳しい機能や操作性についての情報を知りたい方には向きません(すみません)

編集のしやすさはどちらもドングリの背くらべ

よく色々な情報サイトを見ると『Filmoraの方がPower Directorよりも動画編集がしやすい』という内容のレビューを拝見します。

わたしも両方使ってみましたが、個人としての意見は『そこまで言うほどFilmoraの方に編集のしやすさの軍配が上がるわけではない』というのが正直な感想です。

FilmoraとPowerDirectorのどちらもが長所と短所を持っているので、それぞれ便利なところ・不便な所があります。

両方のソフトで動画編集をしてみましたが、どちらを選んだとしてもどこかしら物足りなさがありました。

初心者でも優れたデザイン性の動画が作れるのはFilmora

Filmoraの圧倒的な強みは『デザイン性の高い動画が簡単に作れる』という点です。

↑Filmoraの特殊効果やエフェクトの自在性がよくわかる動画をお借りしました。

とにかく豊富でお洒落な動画素材が多数標準装備されており、その数と質はPower Directorを圧倒的に上回ります。

PowerDirectorにもエフェクトやテンプレートはありますが、如何せんFilmoraに比べておしゃれではありません。

お洒落な雰囲気でかなりの人気を集めているYoutuberさんの動画内でもFilmoraの素材が使われているのを見たことがある(=Filmoraを使って動画編集をしている)ので、ソフト内蔵の素材でデザイン性を追求した本格的なYoutube動画を作りたい人にはお勧めです。

また、編集作業の中でデザインのクオリティを細部までこだわれるのもFilmoraだと感じました。

例えば、字幕につける影(シャドウ)。

Power Directorの字幕機能は至ってシンプルで影の有無と影の色しか選択できませんが、Filmoraは影の位置や角度などあらゆる設定が可能です。

仮にも学生時代デザイン畑にいたわたしにとっては、Filmoraのカスタマイズ性の自由度にはかなり惹かれました。

とにかく自在に動画編集ができ、もっと高額なAdobe等の動画編集ソフトに引けを劣らない美しい動画が仕上がります。

しかし、これは裏を返せば動画編集にそこまでの精度を求めない人にとってはかなりの宝の持ち腐れになり、複雑故に使い方が難しいと感じる可能性があるとも言えます。

動画のカットとテロップ(字幕)を入れ、音楽を添えるくらいの編集しかしない人にとっては、ここまでいろいろな機能がついていると混乱するかな~?と思いました。

現にわたしは結構混乱して「ここまでいろいろありすぎると何が何だかわからない…」と遠い目をしてしまいました…。笑

著者

センスあるデザイン性の高い動画を製作したい方はFilmoraの方が断然おすすめ!

シンプルさを追求するならPowerDirector

『Filmoraの方が使いやすい』という意見が多数飛び交う中、わたしの場合は全く逆でした。

正直使いやすさはPowerDirectorの方が上。

Filmoraはチュートリアルを必死に調べていましたが、PowerDirectorは何となくいじっているうちにすぐに簡単な動画が作れるようになりました。

というのは、先にも述べた通り『PowerDirectorの方が機能性がシンプル』だから。(多分)

ぶっちゃけそれを細かく比較できるほど動画編集能力も高くない初心者なので、純粋に基本的な機能のアクションについてだけの感想なんですが…。

30代も後半にさしかかった機械音痴のおばさんでも、それなりにストレスなく動画を編集しアップロードできたのはPower Directorです。

またまた字幕を例にあげますと、字幕をつける場合FilmoraよりもPowerDirectorはアクション数が少なく手順が煩雑ではない。

わたしの場合動画の中で顔&声出しをしないので字幕を多用しています。基本的に何かを説明する場合に字幕を使っているんですね。

FilmoraとPower Directorでは字幕挿入にアクション数の差が結構あるので、同じ動画を製作するのにかかる時間が全然違う。

圧倒的にPowerDirectorの方が早く仕上がりました。

Filmoraの様に細部までディテールにこだわれない…という弱点はあるものの、言い換えればシンプルで複雑すぎない。

こだわった本格動画を作りたい人には物足りないと思いますが(そもそもFilmoraでも物足りない)、ごくごく一般的なYoutube動画を作りたい場合はPower Directorでも十分対応できると思います。

著者

初心者の一歩としてはシンプルなPowerDirectorの方が扱いやすいかも

YouTubeへのアップロード機能の手軽さ・動画の画質はどちらも同じ

YouTube初心者にとっては動画のアップロードも未知の作業。できるだけ手続きが難しくないソフトを選びたいですよね?

FilmoraとPowerDirectorのどちらもが動画編集後にそのまま直接Youtubeへアップロードできる機能を有しています。

この機能の使いやすさはどちらも甲乙ありません。操作は殆ど一緒。

YouTubeにチャンネルさえ開設してしまえば、だれでもすぐにその日から動画のアップロードができます。(実際私もできました)

また、YouTubeへアップロードした動画の画質は素人目ではどちらも優劣はないです。

動画書き出し速度はPowerDirectorの方が早かった

動画の書き出し速度についてはPowerDirectorの方に軍配が上がりました。

全く同じ動画を両方で制作してみましたが、目に見えてPowerDirectorの方が早かったです。

ソフト自体の重さはFilmora>PowerDirector

わたしの持っているパソコンはお世辞にもスペックが良いとはいえませんが、そんな底辺Windowsユーザーにとって最も気になるのはソフト自体の重さ。

FilmoraとPowerDirector、それぞれ2019/11現在の最新版の対応動作環境は

Filmora9対応動作環境
  • 対応OS: Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10
  • CPU: Intel i3または マルチコアプロセッサ、2GHz またはそれ以上
  • メモリ: 最小限4GB(HD または 4K動画の場合は、8GB以上が必要)
  • ディスク:インストールのため、最低10GBのHDD空き容量が必要 (HD または 4K動画を編集する場合、SSD-ソリッド・ステート・ドライブ推奨)
  • 画面解像度: 1366*768 またはそれ以上
PowerDirector18
  • 対応OS:Microsoft Windows 10、8、8.1、7 SP (64 bit OS のみ対応)
  • CPU:Intel Core™ i-series、または AMD Phenom® II 以上
  • グラフィックス128MB 以上の VRAM
  • メモリ:4GB 以上 (8GB 以上推奨)
  • ディスク:10GB
  • 画像解像度:1024 x 768、16-bit カラー以上

上記の様に大きな差異はないです。

ちなみに私のつかっているノートパソコンは

  • Windows10Home(64bit)
  • メモリー4GB(ソフト利用当初は。現在は16GB)
  • CPU:intel corei5
  • 128MBVRAM
  • ディスク残量:100GSSD
  • 画像解像度1920×1080

というぎりぎりラインの最低パソコンです。

こんな環境ですからどちらのソフトも重いっちゃ重いんですが、PowerDirectorの方が体感としては軽かった

Filmora9ですと3分ほどの動画を作るのが限界。3分動画でもう重くて重くて常に動きがカクつくようになります。

Power Director18は15分程の動画を作ると同じ状態になります。

個人的にはよりストレスが無いのはPowerDirectorかな?って感じです。

どのみち最低限の環境で長編の動画を作るのはどちらもかなり厳しいものがありますので、もし本格的に動画編集をしていきたい方はPCのスペックアップを視野に入れた方が良いとは思いますが…。(わたしもメモリを増設しました)

著者

パソコンがあまり有能でないのならPowerDirectorのほうがいいかも

FilmoraとPowerDirectorを使った動画、それぞれYouTubeでの収益化規定

これからYoutubeで広告収入を得たいと考えておられる方が気になるのは、動画ソフトの商用利用規定だと思います。

実際わたしもここはかなりネックになり、購入前に調べに調べました。

結論から先に言うと、どちらのソフトも条件が付きでYoutubeでの収益化が可能です。

FilmoraのYoutube商用利用規定

まずはFilmora。こちらは公式サイトにもはっきりと以下の様に記載されています。

  • 個人の趣味など、個人用のフッテージを編集、制作した動画をYoutubeやFacebookなどのソーシャルメディアプラットフォームに投稿することは個人利用の範囲
  • 個人Youtubeチャンネルで、法人案件ビデオやプロモーションビデオなど、法人(商用)用とみなされる動画を公開しない場合、広告収益の有無に関わらず個人利用とする
  • 法人案件ビデオを公開したり、法人チャンネルのビデオを作る場合は商用

企業案件の動画や企業のビデオを公開しなければ個人利用とみなされ、個人利用のプランでの動画公開&広告収入を得られます。

逆に、企業案件の動画などを公開する場合は法人用のプランを契約すればOK。

いずれにせよYoutubeでの動画公開&収益化が可能な動画ソフトです。

Filmoraは個人利用のプランと商用利用の料金プランが用意されており、自分の用途に合わせたプランが契約できます。(詳しくは後で後述)

ちなみにFilmoraは後から差額を払って個人利用→商用利用に変更も可能とのこと。とてもフレキシブルですね。

PowerDirectorのYoutube収益化に関する規定

一方、Power DirectorのYouTubeでの収益化についても調べてみました。

こちらはサイトに明確な表記が無いので、インターネットでもかなり混乱の声が挙がっているようにお見受けします。

実際わたしが調べても全く具体的な表現が見つからず、Twitterで二~三ツイートくらい個人が問い合わせした内容を公開しているものを見つけた程度でした。

というわけで、わたくし自身で個人的に発売元であるCyber Linkさんに問い合わせをし、詳しく利権関係について確認してみました。

カスタマーサポートからの回答は以下の通り

  • 広告収入を得ない場合はYouTubeに動画公開しても個人利用の範囲で制限はない
  • YouTubeで広告収入を得る場合は商用利用になる(PowerDirectorは商用利用は基本NG)。
  • しかし、著作権の発生しない素材を使ってPowerDirectorで制作した動画は広告収入をのある公開をする場合でも利用可能
  • ソフト内に標準装備されているエフェクト、タイトル、PiPエフェクトは使用して動画公開&広告収入を得てもOK
  • ソフト、有料コンテンツ内に装備されているBGM・サウンドエフェクトには著作権に抵触するものがあるので注意が必要
  • Power Director用のプレミアムエフェクト(こちら)は現在公開されているものは収益が発生する動画で利用してもOK

このような回答が返ってきました。

す~~~~ごく簡略に説明すると『一部のBGMやサウンドエフェクト等素材を使って収益化するのはNGだけれど、その他は使ってもOK』という内容です。

Power Directorにはソフトにプリインストールされているエフェクトやタイトル以外に、プレミアムコンテンツとして有料で販売されているエフェクト・タイトル・BGMが用意されていますが、こちらもBGMを除いて利用可能。

かなり柔軟な対応をされていますね♪

ただし、Power Directorのサポートさんから頂いたメールの印象としては、若干商用利用については消極的という印象を受けましたね…。

公式サイトで大々的に『個人的な利用に限り、収益の有無に限らず個人利用でOKです!』と明言しているFilmoraに比べ、『ある一定の条件に限り例外的措置として許可します』という感じの控えめな感じのお返事でした。公式な発表としてサイトにも明記されていませんし。

ただ、内容としてはかなり緩いもので、許可の範囲についてはFilmoraとあまり変わらないです。

いずれにしてもこちらも制限は多少あるものの広告収入を得ながら動画公開することは可能です。

ただし公式発表が無いので、購入を検討しておられる方は購入前にご自身で問い合わせをしてからの購入をした方が間違いないと思います。

わたしもかなり何度もやり取りをし、突っ込んだ内容を聞くまではなかなか上記の情報までたどり着けなかったので。気になることはすべて聞いてから利用しましょう。

BGMやサウンドエフェクトなども利用可能なもの、NGなものについて詳しく教えて頂けます。

著者

FilmoraとPower DirectorのどちらもYouTube収益化は可能!ただし、それぞれに条件や制限があり!自分の利用方法に合わせて選ぼう!Power Directorは購入前に前もって問い合わせをすると間違いないよ!

FilmoraとPowerDirector価格の比較

機能的にはそこまで大きな優越はつけがたい、どちらもYouTubeでの収益化は可能。

となると、決定の決め手は初期投資にかかる費用の差にも依存してくると思います。

というわけでここからはお金の話$

Filmoraを利用するにあたってかかる費用

Filmoraはライセンスの契約という形でソフトの販売を行っています。

個人の場合は一年、永年と二種類のライセンスが販売されており、価格は以下の通り。

個人利用契約料金プラン(学生・教員を除く場合)

商用(法人用の動画を作ったり、企業案件の動画を公開する場合)プランは3か月ライセンスと一年ライセンスの二種類が用意されています。

ビジネス利用契約料金プラン

共通する永久ライセンスで比較すると個人は7980円、ビジネス(商用)ライセンスは14900円ということでかなり手が届きやすいお値段ですね。

先にも述べた通りFilmoraは最初に個人プランで契約し、後々差額を払って商用ライセンスにアップグレードすることも可能です。

ということは、YouTubeを初めて軌道に乗り、企業からの案件などを貰えるようになった時にアップグレードすることもできるというわけです。

この柔軟性はかなり魅力だと思います。

PowerDirectorを利用するのに必要な費用

PowerDirectorの場合はどうか?を比較してみましょう。

PowerDirectorはソフトの機能に応じてお値段が変わってきますが、ここで紹介するのは一番ポピュラーでベーシックな『PowerDirector18 Ultra』という商品。

こちらは公式サイトからダウンロード版で永久ライセンスを購入すると12980円かかります。

Filmoraに比べるとお高く感じますね。

ただ、PowerDirectorはアップグレード版という商品が販売されており、こちらを利用するとすごくお得に購入することが可能です。

この乗り換え・アップグレード版を購入できる人は以下の様に定義されています

すでにサイバーリンク製品のいずれか、もしくは他社製動画再生ソフトウェアをお持ちであれば、どなたでも購入できる乗換え&アップグレードパッケージです。全てのサイバーリンクパッケージ製品、もしくは OEM 製品付属のサイバーリンクソフトウエア、またはソースネクスト PowerDVD Expert、および他社製の動画再生ソフトウェア(コーレル WinDVD、ソースネクスト Enjoy DVD、Enjoy Blu-ray など)をお持ちの方が対象となります。

わたしは最初この意味がよくわからなかったんですが、色々調べているうちに『パソコンにプリインストールされているDVD再生ソフトとかがあれば誰でもこの”乗り換え・アップグレード版”を購入できる』ということがわかってきました。

大抵のOSプリインストールPCを買うと、何かしらの動画再生ソフトが入っていたりしますよね?(こういうのをOEM製品というらしい)

わたしの場合DELLを購入したのであらかじめ古いバージョンのPowerDirectorや動画再生ソフトがインストールされていました。

こういう人は誰でも乗り換え・アップグレード版が購入できます。(通常版と内容に差は無い。また、他のソフトを使っているかどうか?の事前確認等も無いそうです)

ちなみにAmazonで購入すると本日(2019/11/1)調べで7814円から購入が可能です。

Filmoraと殆ど変わりありませんね。

著者

FilmoraとPower Director値段にはそんなに差がないのが実際!

わたしがPowerDirector365を選択した理由

結局、わたしが購入前に事前調査した結果

FilmoraとPowerDirectorを選ぶ上で決定的な決め手になるような大きな差はない

という結論に達しました。

故に、

著者

どちらを選んでも何かしら不便さや満足があり、選択に大きな間違いを犯すことは考えにくいです。

もう本当に好き好きといいますか。わずかな違い(デザイン性やソフト自体の重さなど)のどこを重要視するか?だと思います。

わたしは結局散々悩んだ結果『PowerDirector365』という一年契約型の定期ライセンスプランを契約しました。

PowerDirector365はサブスクリプション型と呼ばれる一年契約タイプのプランで、最新版のPowerDirectorを契約期間内は使用することが出来、さらにプレミアムコンテンツ(エフェクトやテンプレート、BGMなど)が無制限でダウンロード可能という特典がついています。

一年契約の料金は6980円。(クーポン利用で15%オフで契約しましたが)

最新版PowerDirector18の乗り換え・アップグレード版(永久ライセンス)が7812円(Amazonにて)なのに比べると、たった一年で6980円は割高と言えます。

何故わたしがPowerDirectorを選んだのか?また、なぜ一年契約型のサブスクリプション版を選んだのか?という理由は以下の通り

  • Filmoraに比べてPowerDirectorの方がソフトが軽い。弱小PCなので多少でもソフト重いのが嫌だった
  • 字幕を多用するので、字幕入力の作業が煩雑なFilmoraがどうしても好きになれなかった
  • YouTubeが永久に続くかわからないから一年契約でもいいか~と思った
  • PowerDirectorは最新版の方が過去バージョンよりもソフトが軽いという不思議な現象を体験したことがある
  • PowerDirectorのサポート期間は大体二年。永久ライセンスを買って二年後にサポートが切れるより、最新版を使って常にサポートを受けたかった(PCに入っていたPowerDirector15を使ってサポート切れした瞬間に使えなくなった経験あり)
  • FilmoraだろうがPowerDirectorだろうが、本当にYouTubeが軌道に乗ったら物足りなくなってより本格的なものに乗り換えるであろうと思ったから
  • 最新版のエフェクトやテンプレートが無制限に使用可能という特典に惹かれたから

こんな感じです。

結局すごく端的なことを言えば

FilmoraもPowerDirectorもどちらも初心者向けのベーシックなソフトでしかないので、YouTubeが長続きするのであればより高度な技術や機能性を求めて他の編集ソフトに移行するであろうと思ったんですね。

それならば、いずれバージョンが古くなりOSのアップデートに非対応になる永久ライセンスを購入するよりも、PowerDirector365で最新バージョン(モチベーションにつながる)を使い続けたい、そう思いました。

一年という期間は想像以上に長いと思います。これだけの期間YouTubeを続けていれば、多少なりとも芽が出る出ないの判断もできるであろうし、何ならそのころには続いていないかもしれないですしね。

この決断は相当悩みましたが、結果すごく満足しています(^^♪

結論:FilmoraもPowerDirectorもどちらも優良な初心者向け動画編集ソフト

繰り返しになりますが、FilmoraもPowerDirectorもどちらも選んで損はないソフトです。

初心者がこれからYouTubeを始めるのには十分すぎる内容です。

結局比較したところでどちらにも長所短所があるため、簡単に決断できないのが正直なところです。

というわけで、もう後はフィーリングですね。

新しいもの好きな方はPower Director365がおススメかな?という感じです。

いずれにしてもどちらを選んだとて大きなミスは無いと思いますので、無料版等で試してみてご自身が使いやすいと思う方をチョイスされてみたらいいかと思います(^^)

PowerDirector無料体験版
Filmora無料体験版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください